全世界株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など | インデックス投資で資産運用

全世界株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

全世界株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など

全世界株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など



全世界株式クラスのインデックスファンドETFは、その1商品を購入・保有するだけで、全世界の先進国・新興国に分散投資ができる優れたファンドです。

本記事では、全世界株式クラスのインデックスファンド・ETFとそのオススメを紹介します。近年次々と低コスト商品が出ています。本記事を参考に低コストかつ皆様の投資方針にあったファンドをお選びください。

インデックスファンドとETFの復習・違い

全世界株式クラスのインデックスファンド・ETFの紹介の前に、インデックスファンドとETFの特徴や違いについて、簡単に解説いたします。すでにご理解されている方は、読み飛ばしてください。

インデックスファンド

インデックスファンドとは、市場平均(ベンチマーク)と同等の投資成果を目指すファンドです。日経平均株価TOPIXなどの株価指数の値動きに連動した金融商品がインデックスファンドです。インデックスファンドの特徴は、コストの安さ利便性です。

インデックスファンドの特徴・メリット:

  • 購入手数料無料(ノーロード)の商品がほとんど。
  • 小額から売買できる。(1万円から購入可能。SBI証券カブドットコム証券なら500円から自動積立可能。)
  • 金額指定で売買できる。(株式は株数指定の購入)
  • 分配金の再投資が自動でできる。
  • 自動積立サービスで、小額で積立投資できる。

参考 インデックスファンドの詳細は、以下をご参照ください。

インデックスファンド解説!特徴・おすすめファンド・比較・一覧など
インデックスファンドとは、市場平均と同じ投資パフォーマンスを目指す金融商品です。我々投資家は、日経平均株価・TOPIX・S&...

ETF(上場投資信託)

ETFとは、証券取引所に上場しているインデックスファンドです。インデックスファンド同様、株価指数に連動する金融商品です。別名「上場投資信託」とも呼ばれています。

ETFの特徴・メリット:

  • 株式同様、証券取引所が開いている時間にいつでも売買できる。
  • 保有時にかかるコスト(信託報酬)が、インデックスファンドより割安

参考 ETFの詳細は、以下をご参照ください。

ETFとは?特徴・おすすめ銘柄などを徹底解説!
長期の資産形成をする上で重要な点は、「分散投資で安定した運用を行う」「投資にコストをかけない」ことの2点です。この両面を併せ...

インデックスファンドとETFの違い

インデックスファンドとETFの違いは、コストと購入・保有時の利便性の2点です。以下、コスト・利便性2つの側面から両者の違いを解説します。

コスト面の比較

下表は、インデックスファンドとETFのコスト面の違いをまとめたものです。一般的に、購入コストはインデックスファンドが、保有コストはETFが割安となっています

 インデックスファンドETF
初期コスト
(売買手数料)
  • ネット証券であればほとんどの場合、購入手数料無料

  • 新興国株式など一部ファンドでは、売却時に信託財産留保額がかかる。
  • 株式同様の売買手数料がかかる。
継続コスト
(信託報酬)
  • 年率0.5%程度もしくは、それ以下の商品がほとんど。

  • ただし、ETFと比べると2倍かそれ以上に高い。
  • インデックスファンドの1/2からそれ以下の安さ。

  • 信託報酬の安さがETF最大の魅力。

利便性の比較

下表は、インデックスファンドとETFの利便性の違いをまとめたものです。自動積立や分配金自動再投資など、一般的に、インデックスファンドの利便性の方が優れています。

 インデックスファンドETF
買付
  • 金額ベースで買付可能。

  • 最低500円から自動積立が可能。

  • 金額ベースの購入はできない。
    ⇒株単位の購入。

  • 自動積立はできない。

  • 最低購入金額が高い場合がある。
分配金
  • 自動再投資ができる。
  • 自動再投資ができない。自分で再投資しなくてはいけない。

インデックスファンドとETFのまとめ

一般的に、投資の利便性を重視する場合はインデックスファンド、投資コストを重視する場合はETFがおすすめです。以下、全世界株式クラスについて、インデックスファンド・ETFをそれぞれ紹介するので、皆様の投資方法や重視する点に合わせて商品をお選びください。

参考 インデックスファンドとETFの選び方、比較・詳細は、以下をご参照ください。

ETFとインデックスファンドの違い・比較
皆さんはどのような金融商品を利用して投資を行っているでしょうか? インデックス投資では、インデックスファンドまたはET...

全世界株式市場への投資を目的としたインデックスファンド

はじめに、全世界株式市場への投資を目的としたインデックスファンドを紹介します。主なファンド一覧、おすすめ商品、またコストを抑えたおトクな購入先を解説します。

全世界株式クラスのインデックスファンド

下表は、全世界株式クラスの指数(インデックス)「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円換算ベース、除く日本)」をベンチマークとするインデックスファンドの比較表です。日本で購入できる全世界株式インデックスファンドは、全て本インデックスに連動しています。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは、先進国23カ国、新興国23カ国、計46カ国から構成される株価指数です。先進国・新興国の比率は、おおむね先進国90%・新興国10%となっています。

参考 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスの詳細は、以下をご参照ください。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)とは?
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)は、全世界46カ国の株式市場への投資を目的とした株価指数(イン...

ファンド名信託報酬
(実質コスト)
配当取り扱いインデックスとの差異過去1年間のリターン
(2015/9/30時点)
純資産
[百万円]
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%
(0.36%)
配当込み-0.8%-0.5%519
eMAXIS全世界株式インデックス0.60%
(0.67%)
配当除く+1.6%-0.6%5,458

表からわかるように、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドの保有コストが圧倒的に安いです。過去1年のリターンも若干優位でています。ベンチマークとの差も-0.5%とかなり優秀です。

eMAXIS全世界株式インデックスは、ベンチマークとの差が+1.6%と良いように見えますが、これはベンチマークが配当を除くインデックスであるためです。実際のファンドは、原資となる株式の配当が出る分、プラス方向に乖離します。

また、いずれのファンドも、日本株式を含みませんので、ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬:0.29%)やMAXISトピックス上場投信(1348)ETF(信託報酬:0.078%、カブドットコム証券で売買手数料無料)などを使って、日本株式クラスの比率を補う必要があります。

参考 日本株式クラスのおすすめETF・インデックスファンドは、以下をご参照ください。

日本(国内)株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など
我々日本人が投資先(投資クラス)として抑えておくべき資産に、日本株式クラスがあります。本記事では、その日本株式クラスのインデ...

おすすめインデックスファンドは?

全株式クラスのおすすめインデックスファンドは、間違いなく「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」です。ベンチマークとの乖離が少なく、何よりコストが圧倒的に安いです。コストは投資家の確実なマイナスリターンとなるため、低コスト商品が圧倒的に有利です。

参考 三井住友・DC全海外株式インデックスファンドの詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/mitsui-sumitomo-all-world-indexfund/

本ファンドは一般公募から間もないので、純資産が小さく心配される方もいると思いますが、その低コストから人気を博し、すでにファンド積立ランキングで1位を取るなど、今後純資産が積み上がって行く可能性が高いです。

参考 本ファンドがランキング上位になった詳細は、以下をご参照ください。

三井住友旧DC専用インデックスシリーズが楽天証券積立ランキング上位を独占!
2015年9月から販売が始まった三井住友旧DC専用インデックスファンドシリーズが、楽天証券の投信積立ランキングで上位を独占し...

参考 三井住友・旧DCシリーズは、圧倒的な低コストで他投資クラスでも人気があります。その他投資クラスの三井住友・旧DCシリーズは、以下をご参照ください。

三井住友・DCインデックスファンドシリーズの特徴・解説とファンド一覧
三井住友・DCインデックスファンドシリーズは、2015年から確定拠出年金(DC)だけでなく、一般に買付が可能になったファンド...

コストを抑えたオススメ購入先

三井住友・DC全海外株式インデックスファンドは、楽天証券のみです。楽天証券で全てのファンドが販売手数料無料(ノーロード)です。また、楽天証券は信託報酬の保有額に応じてポイントキャッシュバックを行うサービスを行っています。10万円につき毎月4ポイントを獲得できます。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます。(9月30日まで)
楽天証券の詳細確認・無料口座開設

また、楽天証券についての評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット
楽天証券 は、1大経済圏を形成する楽天グループの証券会社です。サービス開始から多くの投資家に愛用されており、SBI証券と並ぶ2大...

また、eMAXIS世界株式インデックスは、以下の大手ネット証券会社から購入可能ですが、利便性が良く、投資信託保有時のポイント還元率が最も高いSBI証券での保有が最もオススメです。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(9月30日まで)
SBI証券

また、本記事でのSBI証券の開設・評価は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大10万円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

参照 SBI証券やその他証券会社のポイント還元の詳細は、以下の記事をご参照ください。

投資信託(投信)保有時にポイントが貯まるネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)比較
証券会社のサービスに、クレジットカードのポイントのようなサービスがあることをご存知でしょうか?実は大手ネット証券では、投資信...

世界株式市場への投資を目的としたETF

世界株式市場への投資を目的としたETFを紹介します。主なファンドの一覧、おすすめ商品、またコストを抑えたおトクな購入先を解説します。

世界株式クラスのETF

下表は、世界株式の株式市場への投資を目的としたETF(いずれも海外ETF)の比較表です。低コストETFとして日本人投資家にも人気のある「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」の信託報酬の安さが際立ちます。

銘柄信託報酬ベンチマーク種類
純資産
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)0.14 %FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス海外ETF4,697億円
上場インデックス世界株式(MSCI ACWI)0.30%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)国内ETF39億円
iシェアーズMSCI ACWI ETF(ACWI)0.34%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス海外ETF7,519億円

過去1年リターンが、世界株式クラスのインデックスと比べて悪いように見えますが、これは上表の海外ETFがドルベース換算になっていることと、配当が含まれていないパフォーマンスであるためです。

おすすめETF

全世界株式クラスでおすすめのETFは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。経費率(信託報酬)が0.14%と超低コストであり、またベンチマークに小型株式も含まれるので、小型株効果を取り込め、分散性も高まるなどのメリットがあります。

参考 小型株効果を取り込め、分散性にすぐれるFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの詳細は、以下をご参照ください。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスとは?
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、全世界(先進国・新興国)の株式市場への投資を目的とした株価指数(インデッ...

このように、ベンチマークの優位性低コストという理由から、全世界株式クラスでおすすめのETFは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。

参考 バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/vanguard-total-world-stock-etf-vt/

コストを抑えたオススメ購入先

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、海外ETFのためマネックス証券SBI証券楽天証券の3ネット証券の取り扱いとなります。以下、これらのネット証券の比較表です。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行0.15円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

米国株式・ETFを購入する場合、株式・ETF自体の売買手数料の他、為替手数料がかかります。米国の金融商品のため、米ドルで売買しなくてはいけないので、日本円を米ドルに替える必要があり、その際に発生する手数料が「為替手数料」です。

上の表からわかるように、株式・ETFの売買手数料は、SBI証券マネックス証券最安となっています。約定代金の0.45%が手数料としてとられますが、上限が20ドルとなっているため、一律25ドルかかる楽天証券より割安です。

為替手数料に関しては、SBI証券が最安です。提携先の住信SBIネット銀行で両替することで為替手数料を他社よりも節約できます。外貨入出金サービスも充実しており、コスト・利便性の両面から見て、米国ETF・株式の売買は、SBI証券がオススメです。

参考SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円もらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

NISA口座で購入なら買付手数料無料

本ETFなど海外ETFをNISA口座で購入予定の方は、SBI証券がオススメです。SBI証券では、NISA口座での海外ETFの買付手数料が無料です。また、上述のように、他証券会社と比べて為替手数料も割安になるので、買付時の手数料を限りなく安くできます。

SBI証券、NISA口座での国内株式売買手数料・海外ETF購入手数料無料を恒久化へ!

参考SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円もらえます(9月30日まで)
SBI証券の詳細確認・無料口座開設

SBI証券では、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、IPOファンド保有時のポイントなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴【早見表】
  • 9年連続1位【オリコン:ネット証券部門】!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!(解説へ
  • 海外ETF・株式が最安手数料!(解説へ
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!(解説へ
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!(解説へ
  • 今なら口座開設キャンペーンで最大10万円!(解説へ

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)
SBI証券の詳細確認・無料口座開設(公式ページへ)

また、本ブログでのSBI証券の詳細、評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

全世界株式クラスのまとめ

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。