外貨入出金のサービス・コストで選ぶおすすめ証券会社

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

外貨入出金のサービス・コストで選ぶおすすめ証券会社

外貨入出金のサービス・コストで選ぶおすすめ証券会社



海外株式やETF、外国債券、外貨建てMMFなど外貨建て金融商品を購入する場合、気になるのが、商品購入先(証券会社)の為替・外貨入出金コストやサービスの利便性です。投資コストを抑え、なるべく自由に外貨の出し入れができる証券会社が望まれます。

本記事では、外貨の入出金ができる証券会社の外貨入出金コスト・サービスを比較、解説します。皆様にあった証券会社をみつけ、投資コストの削減、また利便性を向上させましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

外貨入出金のコスト・サービスで選ぶオススメ証券会社

はじめに、外貨入出金のできる証券会社のコスト・サービスを比較します。

外貨入出金のコスト・サービス比較

下表は、入出金手数料や取引の方法、また入出金可能な通貨を比較した表です。外貨の入出金には、どの証券会社も手数料がかかりますが、SBI証券は、提携銀行の住信SBIネット銀行を利用することで、いずれの手数料も無料になります。

証券会社SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券
入金手数料無料有料一部無料無料
出金手数料無料有料有料有料
手続き方法インターネット可窓口・コールセンター窓口・コールセンター窓口・コールセンター
取り扱い通貨7通貨5通貨2通貨
(FX証拠金のみ)
6通貨

コスト・サービスの両面でSBI証券がオススメ!

上の比較表を見てもわかるように、コスト・利便性、取り扱い通貨の多さ、全ての面で、SBI証券の外貨入出金サービスが、他証券会社よりも良いものとなっています。

参考 SBI証券の外貨入出金サービスの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の外貨入出金サービスの特徴・解説
海外ETF・株式などの外貨建て資産を購入する際、初期費用を抑えるためポイントになるのが、外貨の入出金コストです。外貨入出金サ...

また、SBI証券の場合、外貨入出金手数料だけでなく、円から外貨(ドル、香港ドル)などに両替する際の為替手数料を0円(無料)にすることも可能です。外貨特BUY日というサービスを使って、住信SBIネット銀行で円から外貨へ両替し、その外貨をSBI証券に移すことで、他証券でかかるコストを無料にするこができます。

参考 外貨特BUY日の詳細は、以下をご参照ください。

外貨特BUY日サービスとは?為替手数料を無料(0円)にする裏技の解説
為替手数料を安くする(できれば無料)にすることは、投資パフォーマンスを向上させる上で重要なポイントです。投資コストは、投資家...

コストは投資家の確実なマイナスリターンとなるため、外貨の入出金を手数料無料で行えるSBI証券の入出金サービスは魅力的です。インターネットでの取引ができるなど利便性も高いため、外貨建て資産の購入や将来の出金(資産の取り崩し)を考えたとき、SBI証券を利用するのが、最善策と言えます。

私自身も、手数料や将来のことを考え、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)などの米国ETFの売買を、SBI証券で行っています。ちなみに、NISA口座なら海外ETF・株式の買付手数料が無料になります。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)
SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでのSBI証券の解説・評価は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

参考 本記事で紹介した証券・銀行口座等は、以下から無料口座開設が行えます。お得な口座開設キャンペーンもありますので、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

SBI証券と住信SBIネット銀行を同時に口座開設する方法は、以下をご参照ください。

SBI証券・住信SBIネット銀行の同時口座開設!
住信SBIネット銀行は楽天銀行と並び使い勝手がよくお得なサービスが充実しているネット銀行です。SBI証券(証券口座)と合わせ...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク