SBI証券、米国株式・ETFの取引手数料を業界最安水準へ!最低5ドル! | インデックス投資で資産運用

SBI証券、米国株式・ETFの取引手数料を業界最安水準へ!最低5ドル!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SBI証券、米国株式・ETFの取引手数料を業界最安水準へ!最低5ドル!

SBI証券、米国株式・ETFの取引手数料を業界最安水準へ!最低5ドル!



SBI証券が、外国株式取引口座100万口座達成を記念して、米国株式・ETFの売買手数料を大幅に引き下げることを発表しました。これまでもSBI証券の米国株取引手数料は割安水準でしたが、今回の値下げにより、さらに手数料が安くなります。

本記事では、SBI証券で米国株式・ETFを取引する場合の特徴、今回の値下げに関する内容を解説します。また、米国株式・ETFをさらに安く購入する裏技も紹介します。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラ(公式ページへ)

SBI証券が米国株式・ETFの手数料を大幅引き下げ!

SBI証券の特徴、またこの度の手数料引き下げについて解説していきます。

SBI証券とは?

はじめに、SBI証券がどのような証券会社なのか?その特徴を簡単に解説します。すでに、ご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

SBI証券は、投資信託保有時のポイント還元率の高さや売買手数料の安さなどで、オリコンの顧客満足度口座総合ランキングで、2015年度で1位(9度目)を獲得しています。

インデックスファンド・国内外のETFなど、個人投資家に必要な投資商品が全て購入可能な数少ないネット証券会社(SBI証券・楽天証券マネックス証券のみ)です。海外株式・ETFを特定口座で取り扱える点も大きなメリットです。

このように、大変充実したサービス内容となっているため、私もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

参考 SBI証券や他証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

米国株式・ETFの売買手数料が業界最安水準へ!

今回、SBI証券では、下表のように米国株式・ETFの取引手数料を改定します。

変更前の手数料(税抜)変更後の手数料(税抜)
  • 1,000株まで、25米ドル
  • 1,000株以上の場合、1株毎に2セント追加
  • 約定代金の0.45%
    手数料の下限:5米ドル、
    手数料の上限:20米ドル

これまでは、必ず25米ドル以上かかっていた手数料が、最大でも20米ドルとなりました。また、取引金額に応じて手数料がかわる方式となったので、小額で取引される方は、さらに安い金額で売買できます。

この変更により、これまで最安の売買手数料を提供していたマネックス証券と並び業界最安水準となりました。次に解説する為替手数料(日本円→米ドルにするときにかかる手数料)を考慮すると、トータルでSBI証券がおトクになります。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行0.15円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

米国株式・ETFが購入可能なネット証券の手数料比較

トータルコストがダントツ最安へ!

上述のように、米国株式・ETFの売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が並び最安となっています。それでは、どちらの証券会社で購入するのがコストを抑えた投資ができるでしょうか?

この答えを知るには、米国株式を購入する際に支払う、もう一つの手数料「為替手数料」を考える必要がります。米国の金融商品の取引は、米ドルになります。そのため、日本円を米ドルに両替しなければいけません。為替手数料は、この時に発生する手数料です。

為替手数料に関しては、SBI証券が最安です。提携先の住信SBIネット銀行で両替することで為替手数料を他社よりも節約できます。また、外貨入出金サービスも充実しているため、将来の資産売却時も多様な選択肢が考えられます。

参考 SBI証券の外貨入出金サービスの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の外貨入出金サービスの特徴・解説
海外ETF・株式などの外貨建て資産を購入する際、初期費用を抑えるためポイントになるのが、外貨の入出金コストです。外貨入出金サ...

このように、売買手数料と為替手数料を合わせたトータルコストで、SBI証券は業界最安となりました。コストを抑えた米国株式・ETF運用に、SBI証券を利用することで、相対的に投資パフォーマンスを向上することができます。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設をご希望の方は、コチラから行えます

参考 これまで他証券会社で米国株式・ETFを運用していた方も、今ならおトクにSBI証券へ移管することができます。

SBI証券の米国株式の移管入庫で手数料キャッシュバックキャンペーン!
SBI証券では、2016年7月より、米国株式・ETFの売買手数料が大幅に引き下げられ、業界最安水準の手数料となりました。その...

NISA口座なら買付手数料無料

SBI証券では、NISA口座での海外ETFの買付手数料が無料になります。NISA枠を利用することで、さらにお得に米国ETFを購入することができます。

参考 NISA口座での売買手数料の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券、NISA口座での国内株式売買手数料・海外ETF購入手数料無料を恒久化へ!
NISAのスタート以降、SBI証券では、NISA口座内の国内株式売買手数料と海外ETF購入手数料が無料でしたが、この度、20...

このように、今回のSBI証券の取引手数料の引き下げにより、米国株式・ETFを購入する場合、SBI証券のトータルコスト(売買手数+為替手数料)が、全ての価格帯で最安となりました。米国株式・ETFを買うならSBI証券がオススメですね!

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、SBI証券では、以下のキャンペーンも行っていますので、ぜひ活用してみてください。

SBI証券のキャンペーン・まとめ【2016年7月】

SBI証券は、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、IPOやおトクな投信マイレージなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴【早見表】
  • 2016年1位【オリコン:ネット証券部門】!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!(解説へ
  • 海外ETF・株式が最安手数料!(解説へ
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!(解説へ
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!(解説へ

2017/05/10現在

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク