SBI証券のジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!【8/31まで】 | インデックス投資で資産運用

SBI証券のジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!【8/31まで】

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SBI証券のジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!【8/31まで】

SBI証券のジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!【8/31まで】



NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュニア(こども)NISAの開始で、家族一世帯あたりの非課税枠が大幅にUPします。

参考 NISA口座の詳細や2016年の変更点は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

2016年のジュニアNISAの開始を受け、SBI証券では、ジュニアNISA口座を開設する方に、抽選で現金(総額30万円)をプレゼントするキャンペーンを始めました。親権者の方(1年毎にNISA口座の金融機関の変更可能)もNISA口座開設すれば当選確率2倍になります。

本記事では、NISA口座の概要や2016年の変更点・拡充点を振り返ります。また、SBI証券の特徴・魅力を紹介し、最後に本キャンペーンの概要等を解説します。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラ(公式ページへ)

2016年NISAの特徴

キャンペーンの紹介をする前に、本キャンペーンで重要となるNISAについて、その特徴と2016年の変更点を簡単に解説します。すでに、ご存知の方は読み飛ばして下さい。

NISAとは?

NISAとは、NISA口座での金融商品(上場株式・投資信託・ETF・REIT:上場不動産投資信託)等の取引による運用益・配当金に税金がかからなくなる制度です。一般に、運用益・配当金には、20.315%程度の課税がされますが、NISA口座内では非課税となります。

参考 投資にかかる税金は、以下からご確認ください。

よくわかる!投資にかかる税金(株式・投資信託・ETF)
税金 は、投資を行う上で重要な知識です。金融商品の譲渡益(売却益)や分配金・配当金などには税金がかかります。また、それらの税...

以下は、NISA口座の制度概要・重要事項をまとめた表です。

項目内容
非課税対象株式・投資信託などの値上がり益や配当金(分配金)
非課税投資枠毎年120万円まで(翌年への繰り越し不可)
期間5年間(売却しても非課税枠の再利用はできない)
投資総額最大500万円まで(下図参照)
制度継続期間2014年から2023年までの10年間
NISA口座資格者20歳以上の日本在住者

上表のように、NISA口座は、毎年100万円の非課税投資枠が設定され、枠内の株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が、5年間非課税となります。非課税枠を翌年に繰り越すことはできませんので、毎年100万円の枠を使い切った方がおトクです

5年経過後は、売却か、翌年の非課税枠内で同じ資産を100万円分(2016年以降は120万円)ロールオーバーすることができます。また、非課税期間は最大5年間となりますが、途中金融商品を売ってしまった場合、その金額分の非課税枠を再利用することはできません

下図は、NISA制度の概観図です。NISAの非課税枠や期間を確認しましょう。現在のところ、2023年までの制度継続が決まっています。

NISA制度の概観図

NISA制度の概観図
参照:NISAとは?|SBI証券

NISAのメリットは、言うまでもなく、売却益や配当金・分配金が非課税になる点です。

通常の20.315%の課税だと、投資で10万円の利益をあげても、実際に受け取れる金額は8万円弱となってしまい、利益が大幅に減ってしまいますが、NISA口座内の利益なら、10万円を丸ごと受け取ることができます。これはかなり大きいメリットです。

NISA口座のデメリットには、以下の3点があげられます。NISA口座と特定口座の損益通算はできません。そのため、NISA口座で-10万円、特定口座+10万円の損益がある場合、約2万円を税金で取られてしまいます。

  1. NISA口座の損失は、他の口座と損益通算できない。
  2. 確定申告で可能となる売買損失の最大3年間の繰越ができない。
  3. 資産が値下がりした状態でNISA期間を終えると、取得価格は終了時の価格となる。

デメリットもありますが、短期売買でなく中長期投資を行うことで、NISAのメリットを最大限活かすことができます。2016年の変更点を確認し、本記事で紹介sるキャンペーンを利用し、さらに特に取引を行いましょう。

参考 NISA口座の詳しい解説は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

2016年の変更点・ジュニアNISA

2016年以降は、以下の2点の変更されます。

  • こども(ジュニア)NISA
  • 上限枠(100万円 → 120万円)

上限120万円は、中途半端な数字に見えますが、1ヶ月あたり10万円の投信積立を行っている方には、キリの良い数字となります。また、2016年以降の変更点の目玉に、ジュニアNISAがあります。親などの近親者が、19歳以下の子供や孫名義のNISA口座(年80万円の非課税枠)を作ることができます。18歳になるまでは引き出せない点に注意が必要です。

これらの変更点により、例えば、家族4人(両親、子供2人)の場合、家族全体で年間400万円の非課税枠が利用できることになります。

参考 ジュニアNISAの解説、大人NISAとの比較などは、以下をご参照ください。

ジュニアNISAとは?メリット・デメリット、大人NISAとの違い、キャンペーン等の徹底解説!
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年4月からは、こどものためのNI...

SBI証券のジュニアNISA現金プレゼントキャンペーン

ここまで、紹介してきたように、NISAは中長期投資を行う上で必ず利用するべき制度です。また、2016年から導入されるジュニアNISAを活用することで、一世帯あたりの非課税枠が大幅にUPし、教育資金などの運用にも役立ちます。

SBI証券では、2016年に始まるジュニアNISA、また大人NISAの非課税枠UPをさらにおトクに活用するためのキャンペーンを行っています。以下、SBI証券の特徴やSBI証券NISA口座のメリットを解説し、本キャンペーンの概要を解説します。

SBI証券の特徴・NISAメリット

SBI証券は、投資信託保有時のポイント還元率の高さや売買手数料の安さなどで、オリコンの顧客満足度口座総合ランキングで、2015年度で1位(9度目)を獲得しています。

インデックスファンド・国内外のETFなど、個人投資家に必要な投資商品が全て購入可能な数少ないネット証券会社(SBI証券・楽天証券マネックス証券のみ)です。海外株式・ETFを特定口座で取り扱える点も大きなメリットです。また、SBI証券のNISA口座であれば、以下のように投資コストを最大限、抑えることができます。

  • 国内株式・ETFの売買手数料が無料
  • 海外株式・ETFの買付手数料が無料

このように、大変充実したサービス内容となっているため、私もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

参考 SBI証券や他証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

キャンペーン概要・内容

次に、本キャンペーンの内容を解説します。本キャンペーンを利用し、NISA口座をさらにお得に利用しましょう。

キャンペーン概要

本キャンペーンの概要は、下表のようになります。

項目内容
対象期間2016/9/1(木)~2016/10/31(月)
対象者インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースの個人(法人や対面コースの方は、対象外)
条件対象期間に、未成年者がジュニアNISA口座を開設すること(親権者のNISA口座開設で当選確率2倍に)
プレゼント内容現金3,000円を100名様にプレゼント!
入金予定日2016年11月末、未成年者の証券総合口座へ入金予定

キャンペーン特典

本キャンペーンに応募された方の中で、抽選で30名の方に現金3,000円がプレゼントされます。プレゼントは、2016年9月末に未成年のお客さまの証券総合口座へ入金されます。

キャンペーン対象者・条件

本キャンペーンは、インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースの個人の方限定のキャンペーンです。キャンペーン対象者の方が、キャンペーン期間中にジュニアNISA口座を開設することで、キャンペーンに自動エントリーされます。

また、ジュニア口座へ登録した際の親権者が、キャンペーン期間中にNISA口座を開設することで、応募口数が2 倍となり、当選確率が2倍になります。

通常のNISA(大人NISA)は、1年毎に金融機関の変更ができるので、この機会にSBI証券に変更することでキャンペーンの当選確率を高めることができます。

キャンペーン期間

キャンペーン(エントリー)期間は、2016/7/1(金)~2016/8/31(水)です。期間中に、ジュニアNISA口座(および親権者のNISA口座)を開設することで、キャンペーンに自動エントリーされます。

注意点

以下、本キャンペーンの注意点をまとめます。

  • 本キャンペーンは自動エントリーのため、別途お申し込みは必要ありません。
  • 法人口座および対面コースのお客さまは本キャンペーン対象外となります。
  • 入金時に証券総合口座を閉鎖されている場合はプレゼント対象外となります。

本キャンペーンは、SBI証券のインターネットコース、ダイレクトコースなどの方が対象となります。まだ、SBI証券のネット口座を開設されていない方は、以下から口座開設(無料)を行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円の現金がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、SBI証券では、以下のキャンペーンも行っていますので、ぜひ活用してみてください。

SBI証券のキャンペーン・まとめ【2016年8月】

SBI証券は、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、IPOやおトクな投信マイレージなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴【早見表】
  • 2016年1位【オリコン:ネット証券部門】!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!(解説へ
  • 海外ETF・株式が最安手数料!(解説へ
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!(解説へ
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!(解説へ
  • 今なら口座開設キャンペーンで最大10万円!(解説へ

2017/05/10現在

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設(公式ページへ)

また、本ブログでのSBI証券の詳細、評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク