DIAMアセットマネジメントから、ニッセイ・三井住友並みの超低コストインデックスファンド登場か!? | インデックス投資で資産運用

DIAMアセットマネジメントから、ニッセイ・三井住友並みの超低コストインデックスファンド登場か!?

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

DIAMアセットマネジメントから、ニッセイ・三井住友並みの超低コストインデックスファンド登場か!?

DIAMアセットマネジメントから、ニッセイ・三井住友並みの超低コストインデックスファンド登場か!?



日経新聞によれば、DIAMアセットマネジメントから2015年内に三井住友インデックスシリーズニッセイインデックスシリーズに匹敵する水準の超格安シリーズのインデックスファンドが出る可能性があるそうです。

本記事では、DIAMアセットマネジメントの今回のニュースを解説するとともに、資産・投資クラス別の最安インデックスファンドを振り返ります。

スポンサーリンク
レクタングル大

DIAMアセットマネジメントが低コストインデックスファンド競争に参戦!

これまで、低コストインデックスファンドと言えば、ニッセイインデックスファンドシリーズという印象でしたが、9月に一般販売が開始した三井住友旧DCインデックスファンドシリーズを皮切りにインデックスファンドの低コスト競争が激化しています。

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを低下させるため、金融商品コストが安いことは、我々個人投資家にとって大変良いものです。

参考 ニッセイ・三井住友の低コストファンドの一覧・解説は、以下をご参照ください。

ニッセイインデックスファンドシリーズ一覧
ニッセイインデックスファンドシリーズ は、低コストで国内外の株式・債券・不動産市場に投資できるインデックスファンドを多数提供...
三井住友・DCインデックスファンドシリーズの特徴・解説とファンド一覧
三井住友・DCインデックスファンドシリーズは、2015年から確定拠出年金(DC)だけでなく、一般に買付が可能になったファンド...

そして、この低コスト競争に、今回DIAMアセットマネジメントが参戦する模様です。まだ正式発表されていませんが、日経新聞の報道なので信憑性あると思います。ニッセイと三井住友の2社だけでなく、3社によるコスト競争が始まることで、さらに安い低コストインデックスファンドの登場が期待されます。

参考 投信のコスト革命本格化 若い世代取り込み狙う | 日経新聞

資産・投資クラス別最安インデックスファンド

ここで、これまでに販売が開始されている、各資産・投資クラス別のインデックスファンドをおさらいします。

資産・投資・
クラス
ファンド名信託報酬
(税抜き)
ファンド一覧
日本株式(日経225ニッセイ日経225インデックスファンド0.25%日経平均株価クラスのファンド
日本株式(TOPIXニッセイTOPIXインデックスファンド0.29%日本株式クラスのファンド
日本債券ニッセイ国内債券インデックスファンド0.15%日本債券クラスのファンド
三井住友・日本債券インデックスファンド0.16%
全世界株式三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%全世界株式クラスファンド
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド0.25%先進国株式クラスファンド
新興国株式EXE-i 新興国株式ファンド0.39%新興国株式クラスファンド
先進国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド0.20%先進国債券クラスファンド
三井住友・DC外国債券インデックスファンド0.21%
新興国債券野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型 など0.60%新興国債券クラスファンド
国内リートニッセイJリートインデックスファンド0.34%国内REITクラスファンド
海外リートEXE-iグローバルREITファンド0.40%外国REITクラスファンド

上表のように、ほとんどの投資クラスでニッセイ、または三井住友のインデックスファンドシリーズが最安コストです。ニッセイは、11月に入って国内債券、外国債券、外国株式クラスのファンドの引き下げをし、ほとんどの投資クラスで業界最安となっています。

参考 ニッセイシリーズのコスト引き下げの詳細は、以下をご参照ください。

ニッセイインデックスファンドシリーズが大幅値下げ!業界最安へ!
ニッセイアセットマネジメントからのビックニュースです。低コストのニッセイインデックスファンドシリーズが信託報酬のさらなる大幅...

今後、三井住友も日本株式・先進国株式の低コストインデックスファンドを販売開始予定で、DIAMシリーズの販売とともにさらなる低コスト化へ競争が激化しそうです。

参考 三井住友の新規販売が予想されるインデックスファンドは、以下をご参照ください。

三井住友旧DCシリーズから最安コストの日本株式・先進国株式クラスのインデックスファンド登場か!?
現在、楽天証券で業界最安のインデックスファンドを提供する三井住友旧DCインデックスファンドシリーズが、新たに日本株式・先進国...

お得なおすすめ購入先

インデックスファンドは、以下の大手ネット証券会社から購入可能ですが、利便性が良く、投資信託保有時のポイント還元率が最も高いSBI証券での保有が最もオススメです。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(9月30日まで)
SBI証券

また、本記事でのSBI証券の開設・評価は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大10万円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

参照 SBI証券やその他証券会社のポイント還元の詳細は、以下の記事をご参照ください。

投資信託(投信)保有時にポイントが貯まるネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)比較
証券会社のサービスに、クレジットカードのポイントのようなサービスがあることをご存知でしょうか?実は大手ネット証券では、投資信...

ただし、三井住友インデックスシリーズEXE-iインデックスファンドシリーズやニッセイの以下3ファンドは、楽天証券がおすすめです。

三井住友インデックスシリーズは、2015年10月現在、楽天証券のみの取り扱いとなります。また、EXE-iインデックスファンドシリーズやニッセイの上記3ファンドは、ポイント還元を受けることができるのは楽天証券のみとなっています(他証券会社ではポイント付与対象外)。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます。(9月30日まで)
楽天証券の詳細確認・無料口座開設

また、楽天証券についての評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット
楽天証券 は、1大経済圏を形成する楽天グループの証券会社です。サービス開始から多くの投資家に愛用されており、SBI証券と並ぶ2大...

参考 インデックスファンドのおすすめ購入先の詳細は、以下もご参照ください。

インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。