ニッセイインデックスファンドシリーズが大幅値下げ!業界最安へ! | インデックス投資で資産運用

ニッセイインデックスファンドシリーズが大幅値下げ!業界最安へ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

ニッセイインデックスファンドシリーズが大幅値下げ!業界最安へ!

ニッセイインデックスファンドシリーズが大幅値下げ!業界最安へ!



ニッセイアセットマネジメントからのビックニュースです。低コストのニッセイインデックスファンドシリーズが信託報酬のさらなる大幅値下げを発表しました。

三井住友・旧DCインデックスファンドシリーズの一般販売の開始で、国内債券・外国債券で最安コストの座を奪われていたニッセイですが、今回の値下げにより業界最安を奪還しました。また、先進国株式クラスのファンドもさらに大幅値下げを行いました。

本記事では、この度のニッセイインデックスシリーズのコスト変更の内容を解説します。また、今後のさらなる値下げやコスト競争についても解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

ニッセイインデックスシリーズの3ファンド大幅値下げ!

冒頭でもお伝えしたように、ニッセイインデックスファンドシリーズの3ファンドの信託報酬が大幅に安くなります。値下げが行われたファンドの変更前、変更後のコストは、下表のようになります。

ファンド名変更前変更後これまでの最安ファンドとその信託報酬
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.39%0.25%EXE-i先進国株式ファンド
(0.35%)
ニッセイ国内債券インデックスファンド0.31%0.15%三井住友・日本債券インデックスファンド
(0.15%)
ニッセイ外国債券インデックスファンド0.38%0.20%三井住友・DC外国債券インデックスファンド
(0.21%)

*表中の信託報酬は、年率(税抜)の数字です。

今回の値下げは、2015年9月に一般販売が開始された三井住友・旧DCインデックスシリーズを明らかに意識したものです。三井住友・旧DCインデックスシリーズの登場で海外株式・国内債券・外国債券の最安の座を、今回の引き下げで奪い返す形となりました。

参考 三井住友・旧DCインデックスシリーズの詳細は、以下をご参照ください。

三井住友・DCインデックスファンドシリーズの特徴・解説とファンド一覧
三井住友・DCインデックスファンドシリーズは、2015年から確定拠出年金(DC)だけでなく、一般に買付が可能になったファンド...

先進国株式クラスは、もともとニッセイ外国株式インデックスファンドが最安でしたが、三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(新興国も含む)の信託報酬0.26%を意識した値下げとなりました。

今後は、一般販売が噂されている三井住友・DCシリーズの国内株式・先進国株式とのコスト競争がさらに激化することに注目があつまります。コスト競争となれば、両投資クラスでコストが0.1%台のインデックスファンドが生まれることになります。

参考 国内株式・先進国株式クラスの三井住友・DCシリーズの詳細は、以下をご参照ください。

三井住友旧DCシリーズから最安コストの日本株式・先進国株式クラスのインデックスファンド登場か!?
現在、楽天証券で業界最安のインデックスファンドを提供する三井住友旧DCインデックスファンドシリーズが、新たに日本株式・先進国...

ニッセイインデックスシリーズの全ファンド紹介・一覧

以下、ニッセイインデックスファンドシリーズの商品を紹介します。9つのインデックスファンドの提供で、日本株式・先進国株式・債券・リート(REIT)など、さまざまな投資先(アセットクラス)に低コストでインデックス投資できます。

投資先ファンド名信託報酬実質コストベンチマーク
日本株式ニッセイ日経225インデックスファンド0.25%0.26%日経平均株価(配当込み)
日本株式ニッセイTOPIXインデックスファンド0.29%初回決算待ち
(2月20日)
TOPIX(配当込み)
日本株式ニッセイJPX日経400インデックスファンド0.31%初回決算待ち
(11月20日)
JPX日経インデックス400(配当込み)
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド0.25%0.49%MSCIコクサイ(配当込み、円換算)
日本債券ニッセイ国内債券インデックスファンド0.15%初回決算待ち
(11月20日)
NOMURA-BPI指数
先進国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド0.20%0.47%シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算)
日本リートニッセイJリートインデックスファンド0.335%0.35%東証REIT指数(配当込み)
外国リートニッセイグローバルリートインデックスファンド0.45%初回決算待ち
(11月20日)
S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み、円換算)
バランス型ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.34%0.76%TOPIX(配当込み)、NOMURA-BPI総合、MSCIコクサイ・インデックス(配当込)、シティ世界国債インデックス(除く日本)を25%ずつからの合成指数

今回の信託報酬的用語、全ての投資クラスでコスト最安となります。上表から皆様のお好きな投資クラス商品をお選びください。商品リンクをクリックすると各商品の詳細解説がご覧いただけます。

今回の3ファンドの値下げで、それらのファンドの集合体であるニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)のコスト引き下げも期待されますね。

参考 ニッセイインデックスシリーズの詳細は、以下をご参照ください。

ニッセイインデックスファンドシリーズ一覧
ニッセイインデックスファンドシリーズ は、低コストで国内外の株式・債券・不動産市場に投資できるインデックスファンドを多数提供...

楽天証券で、さらにお得にニッセイファンドを保有できる!

今回値下げした超低コストインデックスファンドは、以下の大手ネット証券会社から購入可能です。しかし、投資信託保有時のポイント還元が受けられるのは楽天証券のみです。SBI証券・カブドットコム証券・マネックス証券でポイント付与対象外です。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
楽天証券

また、本ブログでの楽天証券の解説・評価は、以下の記事をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット
楽天証券 は、1大経済圏を形成する楽天グループの証券会社です。サービス開始から多くの投資家に愛用されており、SBI証券と並ぶ2大...

 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大10万円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

参考 証券会社のポイント還元の比較・詳細は、以下をご参照ください。

投資信託(投信)保有時にポイントが貯まるネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)比較
証券会社のサービスに、クレジットカードのポイントのようなサービスがあることをご存知でしょうか?実は大手ネット証券では、投資信...

私の場合、ファンド保有用にSBI証券・楽天証券、フリーETF用にカブドットコム証券、また海外ETF用としてマネックス証券を使用中です。他GMOクリック証券を株主優待銘柄用に口座開設しています。

証券会社でお迷いの方は、以下の記事をご覧ください。証券会社選びの基準、また用途別にどの証券会社が低コストか?などを紹介しております。

投資を始める第一歩「証券口座の開設」〜インデックス投資家のための証券会社〜
インデックス投資家育成塾シリーズ、今回は投資を始める最初のステップ「証券口座の開設」に関して説明していきます。 インデック...
インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク