GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど) | インデックス投資で資産運用

GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)

GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)



現在、人気急上昇中の証券会社がGMOクリック証券です。株式の売買手数料の安さ、ツールの使いやすさ、株主優待との併用で売買手数料無料、NISA口座での取引手数料無料など、たくさんの魅力があります。

本記事では、GMOクリック証券 の特徴・メリット、またデメリットなどの解説を行います。

スポンサーリンク
レクタングル大

GMOクリック証券について

GMOクリック証券は、最近急成長している証券会社です。株式(現物・信用)やFX、債券、CFD最近流行りのバイナリーオプションなどの金融商品を取り扱っています。

GMOクリック証券の特徴・メリットには、以下の5点があります。

  • 最安水準の株式売買手数料
  • GMO系列の株主優待で、実質売買手数料が無料
  • NISA口座の売買手数料が恒久的に無料
  • iシェアーズ国内ETFの分配金への課税が軽減される
  • 取引ツール「はっちゅう君」を利用して、WEBログインなしで株式売買可能

中でも、GMO系列の株主優待により、実質の手数料を無料にすることができる点が、最大の特徴です。以下、それぞれの特徴・メリットに関して解説していきます。

メリット1. 格安の売買手数料

以下の現物・信用取引の売買手数料の比較表からわかるように、株式の売買手数料が業界最安クラスです。ライブスター証券が最も安く、GMOクリック証券は、それに次ぐ手数料の安さとなっています。

しかし、以下紹介する、GMO系列の株主優待NISA口座を用いることで、売買手数料を無料にすることが可能です。

現物取引手数料比較

証券会社名 \ 約定代金10万円20万円30万円50万円100万円200万円300万円500万円1000万円
GMOクリック証券
優待で実質無料
8898241241436834834834834
ライブスター証券8097180180340600600800800
松井証券0300300500100020003000500010000
マネックス証券100180250450150030004500750015000
SBI証券139185272487921921921921921
SMBC日興証券1251802504008001500200030004500
楽天証券1391853413416091152115211521152
カブドットコム証券901802502509901890279036903690
フィデリティ証券463(評価残高1,000万円未満)
1,389(評価残高1,000万円以上)
証券会社毎の現物売買手数料(税抜)比較:200万円以上では、フィデリティ証券が最安

信用取引手数料比較

証券会社名 \ 約定代金10万円20万円30万円50万円100万円300万円
GMOクリック証券939393939393
ライブスター証券808080808080
松井証券030030050010003000
マネックス証券10018025045015003000
SBI証券143143191191360360
楽天証券250250250450450450
カブドットコム証券991792494497601100
証券会社毎の信用取引手数料比較(税抜)

参考 詳しい証券会社毎の手数料や利便性の比較は、以下の記事をご参照ください。

おすすめ証券会社【国内株式編】

メリット2. GMO系列の株主優待で、実質売買手数料が無料

私が最もGMOクリック証券をおすすめするポイントです!

GMO系列の会社の株(GMOインターネット(9449)GMOクリックホールディングス(7177)など)の株式を保有していると、GMOクリック証券での売買手数料がキャッシュバックされる優待を受けることができます。例えば、GMOインターネットでは、以下のような優待が受けれます。

GMOインターネット(9449)の優待内容:

  • GMOクリック証券でのGMOインターネット株式の買付手数料相当額のキャッシュバック
  • GMOクリック証券における売買手数料上限5,000円をキャッシュバック

参考 GMOインターネットやGMOクリックホールディングスの詳細は、以下をご参照ください。

GMOインターネット(9449)の株主優待。GMOクリック証券の売買手数料が実質無料に!
GMOインターネット(9449)は、全ての投資家やブロガーにお得な株主優待銘柄です。本株式を保有するだけで、GMOインターネット...
GMOクリックホールディングス(7177)の株主優待。GMOクリック証券の売買手数料が実質無料に!
GMOクリックホールディングス(7177) は、投資家にお得な株主優待銘柄です。本株式を保有するだけで、GMOクリック証券で...

優待内容を見てもわかるように、GMOクリック証券での売買手数料が、5,000円分、実質無料となります。本優待は、年に2回行われますので、1年間で1万円分の売買手数料が無料となることになります。1万円分の売買手数料は、現物であれば、1年間に1億円分の株式売買をしても売買手数料が無料になることを意味します。

参考 GMOクリック証券で売買手数料を実質0円(無料)にする詳細は以下をご覧ください。

GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で無料にする方法、申込手順のまとめ
GMOクリック証券は、GMOインターネットやGMOクリックホールディングスの株主優待により、ETFや株式の売買手数料をキャッ...

メリット3. NISA口座の売買手数料が恒久的に無料

GMOクリック証券のNISA口座内での株式の売買手数料が恒久的に無料になります。このサービスにより、GMOクリック証券なら、株式の売買手数料・および売買益への課税などのコストが完全無料となります。

メリット4:iシェアーズETFの分配金への課税が軽減される

GMOクリック証券では、iシェアーズETFの東証(国内)上場シリーズの分配金への米国課税分税率30%を10%へ軽減するサービスを行っています。このサービスを利用することで、以下の銘柄の分配金への税金コストを大幅に削減することができます。

コード銘柄名信託報酬
(年率)
ベンチマーク
1581iシェアーズ先進国株ETF0.25%MSCIコクサイ
1582iシェアーズエマージング株ETF0.18%MSCI エマージングIMI
1583iシェアーズフロンティア株ETF0.79%MSCIフロンティア100
1587iシェアーズ米国超大型株ETF0.2%S&P100
1588iシェアーズ米国小型株ETF0.2%ラッセル2000
1589iシェアーズ米国高配当株ETF0.12%モーニングスター配当フォーカス
1590iシェアーズ米国リート・不動産株ETF0.45%ダウ・ジョーンズ米国不動産

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなるため、iシェアーズの国内ETFを保有する場合、GMOクリック証券がオススメです。

参考 GMOクリック証券の軽減税率適用サービスの詳細・利用方法は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券、iシェアーズETF東証上場シリーズ分配金の軽減税率適用!
本ブログでもお伝えたように、iシェアーズETF東証上場シリーズの分配金に対して、米国課税分が軽減税率が適用されることがSBI...

メリット5. 取引ツール「はっちゅう君」を利用して、WEBログインなしで株式売買可能

ブラウザに常にいえるタイプのトレーディングツール「はっちゅう君」が無料で利用可能です。いちいち証券会社のログイン画面から入る必要がなく、非常に楽に売買の注文が可能です。

GMOクリック証券は、以下の公式ページから、最短5分で無料口座開設が可能です。
ご興味のある方はごらんください。
GMOクリック証券

参考 各証券会社の最新の口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

【証券会社別】口座開設キャンペーン

デメリット

GMOクリック証券のデメリットは、以下の2点があります。

  • インデックスファンドなどの投資信託が購入できない。
  • 地方(札幌・名古屋・福岡)証券取引所上場の株式が購入できない。

GMOクリック証券では、投資信託の取り扱いは行っておりません。そのため、インデックスファンドなどの投資信託は、他ネット証券会社での購入を行ってください。

参考 インデックスファンドや投資信託のおすすめ購入先は、以下をご参照ください。

インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...

また、札幌・名古屋・福岡証券取引所に上場している株式は購入できません。東証1部、2部、ジャスダック、マザーズの銘柄のみの取り扱いとなっています。地方上場銘柄の購入できる証券会社でオススメは、SBI証券です。NISA口座での国内株式売買手数料が恒久的に無料です。(カブドットコム証券マネックス証券松井証券も地方株式が売買できます。)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)
SBI証券

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

GMOクリック証券のまとめ・無料口座開設

このように、投資信託が購入できないなどのデメリットはありますが、国内株式・ETFの売買では、株主優待やNISA口座で売買手数料無料と、メリットが多い証券会社です。

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、国内株式・ETFを購入する際は、GMOクリック証券で売買手数料を抑えた投資を行いましょう。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。インターネットから5分程度で口座開設可能です。
GMOクリック証券

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料登録・無料口座開設が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひごらんください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク