MAXISトピックス上場投信(1348)ETFの分配金・配当金(2015年7月期) | インデックス投資で資産運用

MAXISトピックス上場投信(1348)ETFの分配金・配当金(2015年7月期)

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

MAXISトピックス上場投信(1348)ETFの分配金・配当金(2015年7月期)

MAXISトピックス上場投信(1348)ETFの分配金・配当金(2015年7月期)



2015年8月24日にMAXISトピックス上場投信(1348)の分配金(配当金)を受け取りました。MAXISトピックス上場投信(1348)は、カブドットコム証券フリーETFとして売買できる日本株式クラス最安の人気ETFです。

本記事では、MAXISトピックス上場投信(1348)の2015年7月期の分配金、およびこれまでの配当利回り(分配金利回り)の推移などを解説します。

参考 MAXISトピックス上場投信(1348)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-topic-free-etf-1348/

スポンサーリンク
レクタングル大

MAXISトピックス上場投信(1348)と配当金・分配金

はじめにMAXISトピックス上場投信(1348)がどんなETFかを確認します。その後、今回の配当金および配当利回り、またこれまでの配当利回りの推移を紹介します。

日本株式クラスで最安コストのETF、MAXISトピックス上場投信(1348)とは?

MAXISトピックス上場投信(1348)は、東証株価指数(TOPIX)をベンチーマークとするETFです。TOPIXとは、東証1部に上場する全銘柄からなる浮動株基準株価指数です。

参考 TOPIXの詳細は、以下の記事をご参照ください。

TOPIX(東証株価指数)とは?指数の特徴、連動ETF・ファンド(投資信託:投信)を徹底解説!
TOPIX(東証株価指数)は、日経平均株価と日本株式市場を代表する株価指数(インデックス)です。日本だけでなく海外の投資家に...

本ETF最大の魅力は超低コストでETFを売買・保有できる点です。以下の表をご覧ください。下表は、TOPIXをベンチマークとするETFですが、本ETFが信託報酬が最安であることがわかります。また、本ETFはカブドットコム証券で、なんと売買手数料無料(フリーETFで取引できます。

コード銘柄信託報酬(年率)売買単位最低購入金額
(2015年7月7日時点)
出来高
1348MAXIS トピックス上場投信(1348)0.078 %10株16,790 円121,460
1305大和 上場TOPIX0.11 %10株17,130円205,480
1306野村 TOPIX連動型上場投信0.11 %10株16,900円3,798,520
1308日興 上場TOPIX0.088 %100株164,800 円128,000

このように、MAXISトピックス上場投信(1348)は日本株式クラスへの投資を行うETFで最低コストのため大変人気がある銘柄です。皆様も日本株式クラスへ投資を行う際は、本ETFのご購入の検討をすることをオススメします。

参考 MAXISトピックス上場投信(1348)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-topic-free-etf-1348/

配当金・配当利回りとその税金

配当金、配当利回りとその税金

配当金、配当利回りとその税金



MAXISトピックス上場投信(1348)は、年二回の決算(配当金の支払い)です。今回、2015年7月決算日に、100口あたり1,130円の配当金(分配金)を出しました。決算日(2015年7月16日)の株価水準から焼き直すと、配当利回りは、約1.34%となります。

配当金への課税

配当金のうち20.315%(所得税:15.315%、地方税:5%)が、税金として徴収されます。つまり、本ETFを100口保有している方は、配当金を1,130円受け取れるわけではなく、税金として229円(1,130円 × 0.20315)引かれた、901円を受け取ることになります。

参考 配当金・分配金にかかる税金に関しては、以下をご参照ください。

よくわかる!投資にかかる税金(株式・投資信託・ETF)
税金 は、投資を行う上で重要な知識です。金融商品の譲渡益(売却益)や分配金・配当金などには税金がかかります。また、それらの税...

配当金の再投資

ETFの配当金は、複利効果を最大限活かすため必ず再投資しましょう。ETFの配当金は、金額を区切りよく投資できるインデックスファンドに投資したり、ある程度まとまった金額になってからETFに投資しましょう。

参考 配当金の再投資に関しては、以下の記事もご参照ください。

ETFの配当金(分配金)を再投資する方法
長期投資において、インデックスファンドやETFの分配金・配当金を再投資することは、複利効果を最大限活かするためにに重要です。...

配当利回り(分配金利回り)の推移

以下、MAXISトピックス上場投信(1348)の配当利回り(分配金利回り)の推移です。1~2%の配当利回り水準で安定しています。近年増加傾向でしたが、直近の配当利回りは若干減少したようです。

MAXISトピックス上場投信(1348)の配当利回り

MAXISトピックス上場投信(1348)の配当利回り


MAXISトピックス上場投信(1348)2015年7月期の配当金のまとめ

参考 本記事で紹介したカブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
カブドットコム証券

また、本ブログのカブドットコム証券の評価・解説は、以下の記事をご参照ください。

カブドットコム証券のメリット・デメリット
皆さんは、どのような基準で証券会社を選んでいるでしょうか?私が証券会社を選ぶ際、最重要視するポイントは、コスト(売買手数料など)...

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク