ジュニアNISA口座開設キャンペーン【まとめ】 | インデックス投資で資産運用

ジュニアNISA口座開設キャンペーン【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

ジュニアNISA口座開設キャンペーン【まとめ】

ジュニアNISA口座開設キャンペーン【まとめ】



NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュニア(こども)NISAの開始で、家族一世帯あたりの非課税枠が大幅にUPします。

本記事では、各証券会社のお得な「ジュニアNISA口座開設キャンペーン」をまとめます。ジュニアNISAの特徴も解説しますので、制度の特徴を踏まえつつ、口座開設キャンペーンでお得にジュニアNISAを始めましょう。

ジュニアNISAとは?通常NISAと違い

まず、はじめにジュニアNISAについて、簡単に解説していきます。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

ジュニアNISAと通常のNISAの違いを比較しながら、ジュニアNISAの制度の特徴を解説していきます。まずは、下表をご覧ください。ジュニアNISAと通常NISAの制度の比較表です。

項目ジュニアNISA通常(大人)NISA
利用可能な人0歳から19歳までの未成年者20歳以上(成人)
運用の管理者保護者(15歳以上なら本人も可)本人
年間投資額(上限)80万円120万円
非課税期間投資した年から5年間
対象商品上場株式、投資信託、ETFなど
売却時期いつでも可
払い出し(出金)18歳までは不可
※引き出す場合は課税
自由に出金可能
金融機関の変更不可1年単位で可能

非課税期間などを除くと、以下の点が通常NISAと大きく異なります。

利用可能な人・運用管理者

通常NISAとの決定的な違いは、利用対象者が0歳から19歳までの未成年者である点です。ただし、こどもに投資や運用は厳しいので、親権者が子(口座名義人)に代行して管理を行います。また、未成年であっても15歳以上なら子供が運用することも可能です。

年間投資額(上限)

年間の投資枠の上限は、80万円です。通常NISAの120万円よりもちょっと抑え目の金額となっています。5年間で400万円(=80万円 × 5年)の非課税枠を利用することができます。

払い出し(出金)

払い出し(出金)は、原則として子供が18歳になるまで、できません。これは通常NISAとの大きな違い(注意点)です。子供の教育費などがジュニアNISAの目的となっているため、このような制度となっています。

以上をふまえて、ジュニアNISAの特徴、メリット・デメリットをまとめると下表のようになります。

ジュニアNISAの特徴・まとめ
  • 利用可能な人:0歳から19歳までの未成年者
  • 運用管理者:保護者(15歳以上なら本人も可)
  • 年間投資額(上限):80万円
  • 非課税期間:投資した年から5年間
  • 対象商品:上場株式、投資信託、ETFなど
メリットデメリット
  • 投資益が非課税となる
  • 相続税の節税(副次的)
  • 18歳になるまでは引き出しできない
  • 制度の継続性:2023年12月末まで

子供の将来の学費の為の運用としては保険会社による「学資保険(こども保険)」などが代表的な運用手段でしたが、ジュニアNISAが始まったことで、運用の多様性が生まれました。

出金の自由度が低いなど制度的な問題はあるものの、非課税枠は効率的な運用には欠かせません。今後の制度改革などにも期待しつつ、私もジュニアNISAを利用しています。

参考 ジュニアNISAの特徴や具体的な運用方法などは、以下をご参照ください。

ジュニアNISAとは?メリット・デメリット、大人NISAとの違い、キャンペーン等の徹底解説!
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年4月からは、こどものためのNI...

ジュニアNISAのおトクな口座キャンペーン一覧

現在、SBI証券・SMBC日興証券・マネックス証券がジュニアNISAおよびNISAの口座開設キャンペーンをおこなっています。以下、それぞれのキャンペーンについて見て行き、最後にまとめとして比較していきます。

SBI証券ジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!

SBI証券では、キャンペーン期間中のジュニアNISAの口座開設者を対象に、抽選で3,000円が当たるキャンペーンをおこなっています。キャンペーンの概要は、下表のようになります。

項目内容
対象期間2016/9/1(木)~2016/10/31(月)
対象者インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースの個人(法人や対面コースの方は、対象外)
条件対象期間に、未成年者がジュニアNISA口座を開設すること(親権者のNISA口座開設で当選確率2倍に)
プレゼント内容現金3,000円を100名様にプレゼント!
入金予定日2016年11月末、未成年者の証券総合口座へ入金予定

ジュニア口座へ登録した際の親権者が、キャンペーン期間中にNISA口座を開設することで、応募口数が2倍となり、当選確率が2倍になります。

通常のNISA(大人NISA)は、1年毎に金融機関の変更ができるので、この機会にSBI証券に変更することでキャンペーンの当選確率を高めることもできます。

参考 本キャンペーンの詳しい内容は、以下をご参照ください。

SBI証券のジュニアNISA開始記念キャンペーンで総額30万円が当たる!【8/31まで】
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュ...

SBI証券は、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、IPOやおトクな投信マイレージなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴【早見表】
  • 2016年1位【オリコン:ネット証券部門】!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!(解説へ
  • 海外ETF・株式が最安手数料!(解説へ
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!(解説へ
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!(解説へ
  • 今なら口座開設キャンペーンで最大10万円!(解説へ

2017/05/10現在

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設(公式ページへ)

また、本ブログでのSBI証券の詳細、評価・解説は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

SMBC日興証券ジュニアNISA口座キャンペーンで2,000円相当のカタログギフト!

SMBC日興証券では、キャンペーン期間中のジュニアNISAの口座開設者を対象に、”もれなく” 2,000円相当のカタログギフトが当たるキャンペーンをおこなっています。概要は、以下のとおりです。

項目内容
条件対象期間に、ジュニアNISA口座開設申込書を提出し、2017年3月までに口座開設の手続きが完了した方
対象期間2016/7/1(金)~2017/3/31(金)
プレゼント内容2,000円相当のカタログギフトを、「もれなく」プレゼント!
プレゼント発送日口座開設の翌月下旬に発送

キャンペーン期間中に、ジュニアNISA口座開設申込書を提出し、2017年3月までに口座開設の手続きが完了することが条件となります。条件を満たした方は、自動的にキャンペーン対象となるため、別途キャンペーンの申込みをする必要はありません。

他の証券会社が抽選によりプレゼント額が決まるのに対し、本キャンペーンは確実にプレゼントがもらえるので、ジュニアNISAの中では、オススメのキャンペーンです。

参考 本キャンペーンの詳しい内容は、以下をご参照ください。

SMBC日興証券のジュニアNISA口座キャンペーンで2,000円相当のカタログギフトがもらなくもらえる!
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュ...

SMBC日興証券は、金額指定で株式売買ができるキンカブ(NISAに最適)の他、信用取引手数料が0円(無料)であったり、IPOの取り扱いが多い点、個人向け国債購入時のキャッシュバック還元率が高いなど、たくさんのメリットが証券会社です。この機会に口座開設を行ってみるのも良いでしょう。

参考 SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら大人NISA口座開設でも2,000円がもらえます。
SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設

また、SMBC日興証券の解説・評価は、以下をご参照ください。

SMBC日興証券の特徴、メリット・デメリット。信用取引の手数料無料などお得な使い方を紹介!
SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、年金・保険など数多...

マネックス証券NISA/ジュニアNISA口座開設キャンペーンで最大3,000円

マネックス証券では、ジュニアNISAの口座開設者を対象に、抽選で100名様に3,000円がプレゼントされるキャンペーンをおこなっています。概要は、以下のとおりです。

項目内容
条件・内容キャンペーンエントリーの上、キャンペーン期間中にNISA口座またはジュニアNISA口座を開設された方に、毎月抽選で100名様に3,000円をプレゼント

マネックス証券の公式ページ
対象期間2016年7月5日(火)~2016年9月30日(金)
プレゼント内容抽選で100名様に3,000円
プレゼント時期NISA口座またはジュニアNISA口座の開設月の翌月末までに、証券総合取引口座(株式らくらく口座の方は株式らくらく口座)に入金予定。

対象期間中に、キャンペーンにエントリーの上、NISA口座またはジュニアNISA口座を開設された方に、毎月(7月・8月・9月)抽選で、100名様に3,000円がプレゼントされます。

参考 本キャンペーンの詳しい内容は、以下をご参照ください。

マネックス証券のNISA/ジュニアNISA口座開設キャンペーンで最大3,000円がもらえる!
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュ...

マネックス証券は、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、IPOなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

参考 マネックス証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大71,000円がもらえます(9月30日まで)

マネックス証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでのマネックス証券の詳細、評価・解説は、以下をご参照ください。

マネックス証券のメリット・デメリット
マネックス証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの方に使われている証券会社です。特に海外ETF・株式に強い証券会社で、海...

まとめ

現在、行われているジュニアNISA関連のキャンペーンをまとめると、下表のようになります。

証券会社内容口座開設申込み期間
SBI証券口座開設者の中から抽選で100名様に3,000円プレゼント。
親権者もNISA口座開設すれば、当選確率2倍!
2016/8/31(水)まで
SMBC日興証券口座開設者に”もれなく”2,000円相当のカタログギフトプレゼント。2017/3/31(金)まで
マネックス証券口座開設者の中から抽選で100名様に3,000円プレゼント。2016/8/31(水)まで

SBI証券、およびマネックス証券のキャンペーンは口座開設を行っても抽選で外れてしまえば、プレゼントはもらえません。一方、SMBC日興証券は、口座開設者がもれなくプレゼントをもらえるキャンペーンを行っています。

そのため、個人的にはSMBC日興証券のキャンペーンが一番おトクだと感じます。SMBC日興証券は、金額指定でETFや株式が購入できるため、上限金額が決まっているNISAをうまく活用することもできます。

SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設を希望の方は、コチラから行えます。

このように、本記事で紹介したキャンペーンを利用することで、NISA/ジュニアNISAをお得に利用することができます。NISA/ジュニアNISAの利用を考えている方は、ぜひご活用ください。

参考 本記事で紹介した証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンでSBI証券で最大10万円がもらえます(9月30日まで)

 

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク