キンカブとは?NISAに最適な金額指定で株式・ETFが購入できるSMBC日興証券のサービス

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

キンカブとは?金額指定で株式・ETFが購入できるSMBC日興証券のサービス

キンカブとは?金額指定で株式・ETFが購入できるSMBC日興証券のサービス



株式やETFのデメリットに金額指定で銘柄を購入できない点があります。投資信託は、金額を指定して商品を購入することができますが、株式やETFは株数指定でしか銘柄を購入できません。NISAの上限が120万円と金額による制限になっていることもあり、なかなか不便です。

そこで、便利なのが、SMBC日興証券が取り扱っている「キンカブ」です。株数に関係なく、金額指定で株式・ETFを購入することができます。本記事では、キンカブの特徴、メリット・デメリットなどを解説します。金額指定で効率的な資金運用にお役立てください。

参考 SMBC日興証券の詳細確認は、以下の公式ページから行えます。
SMBC日興証券

キンカブとは?

キンカブ(金額・株数指定取引)は、東京証券取引所に上場している銘柄のうち、SMBC日興証券が定める銘柄を対象に、金額」もしくは「株数」を指定して、1万円から株式投資ができるサービスです。SMBC日興証券で行える独自のサービスです。

通常、株式やETFは単位元が決められています。単位元100株の場合、株価が2,500円であれば、最低250,000円という中途半端かつ大きな金額で売買を行わなくてはいけません。NISAの上限枠など投資資金に制限がある場合、かなり不便です。

しかし、キンカブなら、金額指定(または株数指定)で株式・ETFが購入できます。投資資金に応じて、お好みの金額・株数が購入できます。

メリット

キンカブのメリットは、もちろん、金額指定で株式・ETFを購入できる点です。通常、我々は金額ベースで物事を考えますし、月々(または年間)の投資資金も金額ベースで決定するでしょう。また、NISAの上限も金額ベースできまっています。

そのため、金額ベースで、株式・ETFの取引が行えることで、効率的な投資・運用を行うことができます。株数指定の場合、資金の端数分、浮いている資金がでてきてしまい、運用効率が下がります。

キンカブのメリット:

  • 金額・株数指定で売買できる
  • 1万円と小資金から1,000円刻みで売買できる

また、キンカブは1万円と小資金から投資が行えます。1万円以上なら1,000円刻みで金額の指定ができます。これまで、最低単位元のハードルが高く、手が届かなかった株式・ETFも購入できるようになります。

キンカブ対象銘柄

キンカブの対象銘柄は、残念ながらSMBC日興証券の口座開設を行った方のみが、閲覧可能です。ただし、私が見てみた限り、少なくとも私が注目している(またはアンテナを張っている)銘柄やETFは、ほとんど対象となっています(東証1部、東証2部の約2,200銘柄)。

参考 SMBC日興証券の口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今ならNISA口座開設などで2,000円がもらえます。
SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設

注意点・株主優待の受取

キンカブの注意点として、株主優待の受取があります。株主優待は、最低単元数が決まっているため(100株など)、最低単元数に届いていない銘柄では、優待がもらえせん。

優待が欲しい場合は、金額指定でも、単位元を意識して取引をすると良いでしょう。一方、配当金は、株式数に比例した配当金がもらえます。

参考 詳細はこちら ⇒ SMBC日興証券

デメリット

キンカブ取引のためには、下表のような手数料(スプレッド)がかかります。200万円以下の金額指定で株式・ETFを購入した場合、購入金額の2%程度が手数料としてかかります。

概算注文金額スプレッド
200万円以下2%
200万円以上
500万円未満
1.5%
500万円以上1.0%

この手数料は、通常取引と比べると割高です。SMBC日興証券の通常の売買手数料は、10万円の株式で135円(税込)です。これは、購入金額の0.135%です。

この手数料の高さが、キンカブのデメリットと言えます。便利な分コストも高いというわけです。ただし、以下紹介するように、キンカブの購入手数料を無料にする方法があります

NISAなら購入時のスプレッド(手数料)が無料!

スプレッド(手数料)が高い点をデメリットとして挙げましたが、NISA口座でキンカブの購入を行う場合、スプレッドは0円(無料)となります。そのため、NISA口座を利用すれば、金額指定でNISAの上限額を意識した取引が行えます。

NISAを利用して、株式やETFを購入しようと考えている人に、とてもオススメです!

参考 NISAの詳細は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

SMBC日興証券は、本記事で紹介したキンカブの他、信用取引手数料が0円(無料)であったり、IPOの取り扱いが多い点、個人向け国債購入時のキャッシュバック還元率が高いなど、たくさんのメリットが証券会社です。この機会に口座開設を行ってみるのも良いでしょう。

SMBC日興証券の特徴【早見表】
  • 個人向け国債の購入がお得!(解説へ
  • 信用取引の手数料が0円・無料!(解説へ
  • 金額指定で株式購入ができる(解説へ
  • 全国に100以上の実店舗(解説へ
  • IPO完全平等抽選&主幹事実績(解説へ

参考 SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今ならNISA口座開設などで2,000円がもらえます。
SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設

また、SMBC日興証券の解説・評価、口座開設方法などは、以下をご参照ください。

SMBC日興証券の特徴、メリット・デメリット。信用取引の手数料無料などお得な使い方を紹介!
SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、年金・保険など数多...
SMBC日興証券の口座開設方法・申込み手順の解説【画像付き】
SMBC日興証券は、国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、キンカブなど多くの金融商品を取り扱っている総合証券です。国債購入...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク