SMBC日興証券のジュニアNISA口座キャンペーンで2,000円相当のカタログギフトがもらなくもらえる!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SMBC日興証券のジュニアNISA口座キャンペーンで2,000円相当のカタログギフトがもらなくもらえる!

SMBC日興証券のジュニアNISA口座キャンペーンで2,000円相当のカタログギフトがもらなくもらえる!



NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年からは、上限額の引き上げやジュニア(こども)NISAの開始で、家族一世帯あたりの非課税枠が大幅にUPします。

SMBC日興証券では、ジュニアNISA口座を開設する方に、2,000円相当のカタログギフトを”もれなく”プレゼントするキャンペーンを始めました。本キャンペーンを利用することで、さらにお得にジュニアNISA口座を利用できます。

本記事では、NISA口座の概要や2016年の変更点・拡充点を振り返ります。また、SMBC日興証券の特徴・魅力を紹介し、最後に本キャンペーンの概要等を解説します。

SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラ

スポンサーリンク
レクタングル大

2016年NISAの特徴

キャンペーンの紹介をする前に、本キャンペーンで重要となるNISAについて、その特徴と2016年の変更点を簡単に解説します。すでに、ご存知の方は読み飛ばして下さい。

NISAとは?

NISAとは、NISA口座での金融商品(上場株式・投資信託・ETF・REIT:上場不動産投資信託)等の取引による運用益・配当金に税金がかからなくなる制度です。一般に、運用益・配当金には、20.315%程度の課税がされますが、NISA口座内では非課税となります。

参考 投資にかかる税金は、以下からご確認ください。

よくわかる!投資にかかる税金(株式・投資信託・ETF)
税金 は、投資を行う上で重要な知識です。金融商品の譲渡益(売却益)や分配金・配当金などには税金がかかります。また、それらの税...

以下は、NISA口座の制度概要・重要事項をまとめた表です。

項目内容
非課税対象株式・投資信託などの値上がり益や配当金(分配金)
非課税投資枠毎年120万円まで(翌年への繰り越し不可)
期間5年間(売却しても非課税枠の再利用はできない)
投資総額最大500万円まで(下図参照)
制度継続期間2014年から2023年までの10年間
NISA口座資格者20歳以上の日本在住者

上表のように、NISA口座は、毎年100万円の非課税投資枠が設定され、枠内の株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が、5年間非課税となります。非課税枠を翌年に繰り越すことはできませんので、毎年100万円の枠を使い切った方がおトクです

5年経過後は、売却か、翌年の非課税枠内で同じ資産を100万円分(2016年以降は120万円)ロールオーバーすることができます。また、非課税期間は最大5年間となりますが、途中金融商品を売ってしまった場合、その金額分の非課税枠を再利用することはできません

下図は、NISA制度の概観図です。NISAの非課税枠や期間を確認しましょう。現在のところ、2023年までの制度継続が決まっています。

NISA制度の概観図

NISA制度の概観図
参照:NISAとは?|SBI証券

NISAのメリットは、言うまでもなく、売却益や配当金・分配金が非課税になる点です。

通常の20.315%の課税だと、投資で10万円の利益をあげても、実際に受け取れる金額は8万円弱となってしまい、利益が大幅に減ってしまいますが、NISA口座内の利益なら、10万円を丸ごと受け取ることができます。これはかなり大きいメリットです。

NISA口座のデメリットには、以下の3点があげられます。NISA口座と特定口座の損益通算はできません。そのため、NISA口座で-10万円、特定口座+10万円の損益がある場合、約2万円を税金で取られてしまいます。

  1. NISA口座の損失は、他の口座と損益通算できない。
  2. 確定申告で可能となる売買損失の最大3年間の繰越ができない。
  3. 資産が値下がりした状態でNISA期間を終えると、取得価格は終了時の価格となる。

デメリットもありますが、短期売買でなく中長期投資を行うことで、NISAのメリットを最大限活かすことができます。2016年の変更点を確認し、本記事で紹介sるキャンペーンを利用し、さらに特に取引を行いましょう。

参考 NISA口座の詳しい解説は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

2016年の変更点・ジュニアNISA

2016年以降は、以下の2点の変更されます。

  • こども(ジュニア)NISA
  • 上限枠(100万円 → 120万円)

上限120万円は、中途半端な数字に見えますが、1ヶ月あたり10万円の投信積立を行っている方には、キリの良い数字となります。また、2016年以降の変更点の目玉に、ジュニアNISAがあります。親などの近親者が、19歳以下の子供や孫名義のNISA口座(年80万円の非課税枠)を作ることができます。18歳になるまでは引き出せない点に注意が必要です。

これらの変更点により、例えば、家族4人(両親、子供2人)の場合、家族全体で年間400万円の非課税枠が利用できることになります。

参考 ジュニアNISAの解説、大人NISAとの比較などは、以下をご参照ください。

ジュニアNISAとは?メリット・デメリット、大人NISAとの違い、キャンペーン等の徹底解説!
NISA(小額投資非課税制度)は、投資であげた利益が非課税になる大変お得な制度です。2016年4月からは、こどものためのNI...

SMBC日興証券とは?特徴・解説

まずはじめに、今回のキャンペーンを行っているSMBC日興証券についての解説を行います。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

SMBC日興証券は、国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、年金・保険など数多くの金融商品を取り扱っている総合証券です。そのため、SMBC日興証券の口座を開設していれば、基本的な取引は全て行うことができます。

他証券会社と比べた場合、SMBC日興証券の強み・メリットは、以下のような点があります。個人向け国債の購入、信用取引、IPO、また株主優待などを取引予定の方は、口座を開設しておくと良いでしょう。もちろん、口座開設費・維持費は無料です。

  • 個人向け国債がおトクに購入できる
  • 信用取引の手数料が0円(無料)
  • 金額指定で株式の売買ができる!(キンカブ
  • 株主優待をお得に取引できる
  • 手数料無料の投資信託を最低10,000円から積立可能
  • 全国に100以上の実店舗を持つ
  • IPO完全平等抽選&主幹事として数多くの実績

特に、キンカブはNISAと相性抜群の制度です。金額指定で株式が購入できるため、NISA枠内(通常NISAなら120万円、ジュニアNISAなら80万円)ピッタリの投資が行えます。

参考 SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。

SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでのSMBC日興証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

SMBC日興証券の特徴、メリット・デメリット。信用取引の手数料無料などお得な使い方を紹介!
SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、年金・保険など数多...

ジュニアNISA口座開設キャンペーン

いよいよ、本題のジュニアNISA口座開設キャンペーンの内容を解説していきます。

キャンペーン概要

まずは、本キャンペーンの概要です。下表をご覧ください。

項目内容
条件対象期間に、ジュニアNISA口座開設申込書を提出し、2017年3月までに口座開設の手続きが完了した方
対象期間2016/7/1(金)~2017/3/31(金)
プレゼント内容2,000円相当のカタログギフトを、「もれなく」プレゼント!
プレゼント発送日口座開設の翌月下旬に発送

キャンペーン期間・プレゼント内容

キャンペーン期間は、2016/7/1(金)~2017/3/31(金)です。今年度いっぱい行われるキャンペーンとなっています。ジュニアNISA口座の開設には、申込みから2~3週間かかるので、早めに口座開設を行うと良いでしょう。

キャンペーン期間中に、以下の条件を達成することで、2,000円相当のカタログギフトをゲットすることができます。

SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラ

キャンペーン条件

キャンペーン期間中に、ジュニアNISA口座開設申込書を提出し、2017年3月までに口座開設の手続きが完了することが条件となります。条件を満たした方は、自動的にキャンペーン対象となるため、別途キャンペーンの申込みをする必要はありません。

また、ジュニアNISA口座のお申込みにあたっては、あらかじめ(もしくは同時に)未成年者ご本人様名義の証券総合口座の開設(無料)が必要となります。

プレゼントの発送

カタログギフトは、ジュニアNISA口座開設後の翌月下旬に発送される予定です。

本キャンペーンを利用することで、さらにお得にジュニアNISAを利用することができます。他ネット証券もジュニアNISA口座キャンペーンを行っていますが、もれなくプレゼントがもらえるのは、SMBC日興証券だけです。

SMBC日興証券は、本記事で紹介したキンカブの他、信用取引手数料が0円(無料)であったり、IPOの取り扱いが多い点、個人向け国債購入時のキャッシュバック還元率が高いなど、たくさんのメリットが証券会社です。この機会に口座開設を行ってみるのも良いでしょう。

参考 SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら大人NISA口座開設でも2,000円がもらえます。
SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設

また、SMBC日興証券の解説・評価、口座開設方法などは、以下をご参照ください。

SMBC日興証券の特徴、メリット・デメリット。信用取引の手数料無料などお得な使い方を紹介!
SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、年金・保険など数多...
SMBC日興証券の口座開設方法・申込み手順の解説【画像付き】
SMBC日興証券は、国内・海外株式、投資信託、債券、IPO、キンカブなど多くの金融商品を取り扱っている総合証券です。国債購入...

 

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク