MSCI米国インデックス(指数)とは?特徴・構成比・ETFなど解説 | インデックス投資で資産運用

MSCI米国インデックス(指数)とは?特徴・構成比・ETFなど解説

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

MSCI米国インデックス(指数)とは?特徴・構成比・ETFなど解説

MSCI米国インデックス(指数)とは?特徴・構成比・ETFなど解説



MSCI米国インデックスとは、米国経済の動向を表す代表的な株価指数(インデックス)です。UBS ETF米国株(MSCI米国)などの低コストETFのベンチマークに採用されています。

本記事では、MSCI米国インデックスの特徴、構成比、本指数をベンチマークとするETFを紹介・解説します。また、それらETFのお得なオススメ購入先などを紹介・解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

MSCI米国インデックスの特徴・評価

MSCI米国インデックスとは、米国株式市場に上場する大中型株式、637銘柄から構成される時価総額加重平均型の株価指数です。米国株式時価総額の約85%をカバーしています。

以下、本指数の各種構成比、他指数との比較、また評価などを解説します。

業種別構成比

以下のグラフ・表は、MSCI米国インデックスの業種別構成比です。他先進国と比べると情報技術業の割合が高い点が特徴です。アメリカには、アップル・Microsoft・アルファベット(グーグル)などの世界を代表するテクノロジー企業が多いためです。

MSCI米国インデックスの業種別構成比

MSCI米国インデックスの業種別構成比

業種構成比
情報技術20.80%
金融16.21%
ヘルスケア14.65%
一般消費者・サービス13.91%
資本財9.62%
生活必需品9.48%
エネルギー7.09%
素材3.01%
公益事業2.82%
電気通信サービス2.40%

組入上位10銘柄の構成比(全637構成銘柄中)

下表は、MSCI米国インデックスの組入上位10銘柄の構成比です。上位10銘柄で全体の16.52%を占めています。世界を代表するテクノロジー企業や金融業が上位を占めています。

銘柄構成比業種
アップル3.56%情報技術
マイクロソフト2.09%情報技術
エクソンモービル1.79%エネルギー
GE(ゼネラル・エレクトリック)1.51%資本財・サービス
ジョンソン&ジョンソン1.45%ヘルスケア
ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー1.37%金融
アマゾン1.28%一般消費・サービス
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー1.23%金融
アルファベット1.13%情報技術
Facebook1.13%情報技術

評価・解説

米国株式市場の動向を表す指数(インデックス)では、NYダウS&P500が有名です。MSCI米国インデックスは、S&P500の構成比率やパフォーマンスによく似たインデックスです。

本指数は、NYダウ(構成銘柄数:30)やS&P500(構成銘柄数:500)と比べて構成銘柄数が多く、分散性における利点はあります。しかし、実際の投資商品のベンチマークにはS&P500が多く採用されています。

そして、実際の投資商品のコストも、SPDR S&P 500 ETF(1557)(信託報酬:0.0945%)などに代表されるように、S&P500をベンチマークとする商品が圧倒的に安いのが現状です。そのため、MSCI米国インデックスよりもS&P500の方が実際の投資向きです。

参考 S&P500の詳細は、以下をご参照ください。

S&P500とは?米国株式市場の代表的なインデックス解説
S&P500は、アメリカ(米国)株式市場の動向を表す代表的な株価指数(インデックス)です。i-mizuho米国株式インデック...

CRSP USトータル・マーケット・インデックスがオススメ!

米国株式市場への投資を目的とする場合、私が最もオススメするベンチマークがCRSP USトータル・マーケット・インデックスです。指数の構成銘柄数は約4,000銘柄で米国株式市場時価総額のほぼ100%をカバーしており、分散性にたけています。

参考 CRSP USトータル・マーケット・インデックスの詳細は、以下をご参照ください。

CRSP USトータルマーケット・インデックスとは?特徴・構成銘柄・ETFなど解説
CRSP USトータルマーケット・インデックスとは、米国経済の動向を表す代表的な株価指数(インデックス)です。バンガード・ト...

実際の投資商品としても、CRSP USトータル・マーケット・インデックスをベンチマークとする信託報酬0.05%のETF「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」があり、指数の分散性、投資コストの安さいずれも他の米国株価指数に勝っています。

参考 バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/etf-vanguard-total-stock-vti/

MSCI米国インデックスをベンチマークとするETF

MSCI米国インデックスをベンチマークとする低コスト金融商品には、UBS ETF米国株(MSCI米国)(1393)があります。信託報酬0.20%(年率)と低コストで、本指数と同等の投資成果が得られます。また、外国での配当課税にメリットがあります。

UBS ETF米国株(MSCI米国)の特徴:

  • ベンチマーク:MSCI米国インデックス(ネットリターン)
  • 売買手数料:証券会社毎(GMOクリック証券ならNISA口座で無料。優待で実質無料。)
  • 信託報酬(税抜):0.20%
  • 売買単位:1株毎
  • 最低購入金額:25,120円(2015年12月2日現在)
  • 決算:年2回(1月、7月)
  • 信託期間:無期限(設定日:2001年10月29日)
  • 純資産総額:約1.9兆円

参考 UBS ETF米国株(MSCI米国)(1393)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/ubs-etf-america-stock-1393/

ただし、先に紹介したバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(信託報酬:0.05%)やSPDR S&P 500 ETF(信託報酬:0.0945%)の方が、投資コストは圧倒的に安くなります。

参考 米国株式市場への投資を目的としたファンド・ETFの比較は、以下をご参照ください。

米国(アメリカ)株式市場を投資対象とするインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンドや比較など
米国(アメリカ)経済は、世界経済の牽引役として順調な成長を遂げています。その堅調な世界経済の牽引役の米国株式市場への投資には...

コストを抑えたオススメ購入先

売買コストは、確実なマイナスリターンとして投資パフォーマンスを悪化させます。売買コストの安い証券会社を選び、コストを抑えることは、我々投資家が確実にできるパフォーマンス向上方法です。売買手数料の安い証券会社を選ぶよう心がけましょう。

本記事で紹介した、UBS ETF米国株(MSCI米国)は、国内ETFのため、国内株式売買手数料が安い証券会社での売買が重要です。下表は、各証券会社の国内株式・ETFの売買手数料比較です。

証券会社名 \ 約定代金10万円20万円30万円50万円100万円200万円300万円500万円1000万円
GMOクリック証券8898241241436834834834834
カブドットコム証券901802502509901890279036903690
ライブスター証券8097180180340600600800800
松井証券0300300500100020003000500010000
マネックス証券100180250450150030004500750015000
楽天証券139185272487921921921921921
SBI証券1391853413416091152115211521152
*表上の「+」を押すと、各約定代金別の手数料(税抜)が表示できます。

表からわかるように、投資資金が10万円以下なら松井証券が、10万円以上ならライブスター証券が圧倒的にお得です。皆様の投資資金に合わせてお使い分けください。

参考 手数料最安の松井証券・ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
ライブスター証券
松井証券

また、本ブログでの松井証券・ライブスター証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

松井証券のメリット・デメリット。10万円以下の売買手数料は最安!
松井証券 は、大正7年に創業した歴史ある証券会社です。1日の約定代金の合計10万円以下は、売買手数料が無料など独自のお得なサ...
ライブスター証券のメリット・デメリット。手数料の安さNo.1証券会社の特徴とは?
ライブスター証券 は、株式、FX、投資信託、先物の取引が行えるネット証券です。最大の特徴は売買手数料の安さです。2014から...

GMOクリック証券なら全ての価格帯で売買手数料実質無料に!

上表でご覧いただいたように、GMOクリック証券は全ての価格帯でNo2.の安さです。しかし、GMOインターネット(9449)などの株主優待を使うことで、売買手数料が実質無料となります。私は本方法を使って、国内ETF・株式を売買しています。

GMOクリック証券で売買手数料を実質無料にする方法は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券で株式売買手数料を実質0円(無料)にする方法。
株式やETFの売買手数料は、コストとして投資家の確実なマイナスリターンとなります。売買手数料分を投資で取り返す分のリターンが...

また、GMOクリック証券ならNISA口座での株式売買手数料が恒久的に無料です!

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで3ヶ月間売買手数料無料になります。
GMOクリック証券

また、本ブログのGMOクリック証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)
現在、人気急上昇中の証券会社がGMOクリック証券です。株式の売買手数料の安さ、ツールの使いやすさ、株主優待との併用で売買手数料無...

コストは投資家の確実なマイナスリターンとなります。購入にかかる費用(売買手数料と為替手数料)が安い証券会社を選び、コストお抑えましょう。

参考 国内ETF購入のための証券会社で迷った方は、以下もご参照ください。

おすすめ証券会社【国内ETF編】
国内ETFは、インデックスファンドと比べて割安な商品であり、また海外ETFと比べて為替や税金面での煩わしさがないため、国内投...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク