マネーフォワードのレシート読み取り機能の使い方・撮影方法。 | インデックス投資で資産運用

マネーフォワードのレシート読み取り機能の使い方・撮影方法。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

マネーフォワードのレシート読み取り機能で簡単家計簿記録!撮影方法の解説など。

マネーフォワードのレシート読み取り機能で簡単家計簿記録!撮影方法の解説など。



マネーフォワードは、無料の資産管理・家計簿ツールです。一度、銀行口座、証券口座、クレジットカード、各種電子マネーを登録することで、自動で全ての登録マネーを管理することができます。

参考 マネーフォワードの詳細・解説は、以下をご参照ください。

無料資産管理ツール「マネーフォワード」の評価・解説
本記事で紹介するマネーフォワードは、一度銀行や証券会社を登録することで、自動的に一括で資産管理を行える便利無料ツールです。また、...

そして、マネーフォワードの便利な機能の一つに、レシート読み取り機能があります。レシートを撮影するだけで、レシートの内容をマネーフォワードに記録することができます。この機能によって、現金などでの買い物も家計簿として一括管理できます。

本記事では、マネーフォワードの便利機能の一つ、レシート読み取り機能の特徴、また機能の使い方などを解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

マネーフォワードのレシート読み取り機能

冒頭でもお伝えしたように、マネーフォワードは、銀行・クレジットカード・電子マネー・マイルなどありとあらゆるマネーが一括管理できる便利ツールです。しかも無料で登録・利用することができます。証券口座などを登録すれば資産管理を全自動ですることなどもできます。

参考 マネーフォワードの試し方、始め方は、以下をご参照ください。

マネーフォワードのはじめ方!無料登録から収入・支出・貯蓄の管理に必要な口座の登録まで(手順の画面付き)。
無料資産管理ツール マネーフォワード は、パソコンやタブレット、スマートフォンアプリから無料で家計や資産を管理ができます。銀行口...

また、マネーフォワードでは、レシート読み取り機能があります。現金による買い物も、レシートを撮影することで、買い物の詳細はを家計簿に記録することができる便利ツールです。

以下、レシート読み取り機能の利用方法を解説します。

使い方

操作1. マネーフォワードのホーム画面から「入力」をタップする。

以下の画面は、マネーフォワードのホーム画面です。まずはじめに、下部にある「入力」をタップしてください。

マネーフォワードレシート機能の使い方:ホーム画面の「入力」をタップ。

マネーフォワードレシート機能の使い方:
ホーム画面の「入力」をタップ。

操作2. 画面右上の「レシート」をタップ。

以下の画面は、「操作1」後の表示画面です。画面右上の「レシート」をタップして、レシート機能に進みます。

マネーフォワードレシート機能の使い方:画面右上の「レシート」をタップ

マネーフォワードレシート機能の使い方:
画面右上の「レシート」をタップ

3. レシートを撮影。

以下の画面は、「操作2」後の表示画面(写真撮影画面)です。登録したいレシートを撮影しましょう。撮影は、画面下部のカメラマークをタップすることで行えます。

マネーフォワードレシート機能の使い方:レシートを撮影

マネーフォワードレシート機能の使い方:レシートを撮影

4. 記録を保存する。

操作3後、以下のような画面に移ります。ここでは、レシートに記してある品目や金額が表示されています。その内容を確認後、画面右下の「保存」をタップし、買い物記録を保存してください。全体の資産管理・家計簿に追加されます。(再び撮影も可能です。)

マネーフォワードレシート機能の使い方:内容を保存

マネーフォワードレシート機能の使い方:内容を保存

5. レシート機能の終了、または再び撮影。

以下の画面は、「操作後5:保存」後の画面です。プチ節約情報を読むことができます。画面下部から「ホーム」か「続けて撮影」を選択できます。入力したいレシートが他にある方は、「続けて撮影」を選んでください。

マネーフォワードレシート機能の使い方:「ホーム」か「続けて撮影」へ

マネーフォワードレシート機能の使い方:
「ホーム」か「続けて撮影」へ

以上のような方法で、マネーフォワードレシート機能を使うことで、現金支払いなどの買い物も簡単に管理することができます。節約は、家計を見える化することがはじめのステップとなります。家計簿を記録したり、確認することで、支出入の重要な部分を発見することができます。

参考 マネーフォワードの詳細解説は、以下をご参照ください。

無料資産管理ツール「マネーフォワード」の評価・解説
本記事で紹介するマネーフォワードは、一度銀行や証券会社を登録することで、自動的に一括で資産管理を行える便利無料ツールです。また、...

参考 また、マネーフォワードを用いた資産管理は、以下をご参照ください。

マネーフォワードのカテゴリ機能で資産推移を簡単記録!
皆様は、資産管理や資産の推移の記録をどのように行っているでしょうか? 証券会社やモーニングスターなどのポートフォリオ情...

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 参考にさせていただきました▼ マネーフォワードのレシート読み取り機能の使い方・撮影方法。 […]

  2. ルイ より:

    こんにちは。マネーフォワードを使い始めてまもなく、の者です。レシート撮り方について、ですが レシートに何品もカテゴリー違いのものが記載されている場合 手入力しかないのでしょうか? 「大」カテゴリーと「小」カテゴリーと別れてますが 例えば洗剤と食品が同じレシートに記載されていると 手入力しなければ 上手く入力出来ないので。

    • S.Ryotaro より:

      こんにちは。ルイさん。

      記事をご覧いただき、また質問までくださりありがとうざいます。
      残念ながら、私もそのようなケースの場合、手入力しています。
      何か、新しい情報やサービスのリニューアルがあった場合、また記事にさせていただこうと思います。

      昨今、マネーフォワードのサービスリニューアルは、頻繁に行われているので、
      改善されると良いと思います。

      この度は、記事をご覧くださりありがとうございました!
      また、時間のある際は、本サイトに遊びにきてください。