ETNとは?メリット・デメリット・ETFとの違い・銘柄など解説 | インデックス投資で資産運用

ETNとは?メリット・デメリット・ETFとの違い・銘柄など解説

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

ETNとは?特徴・ETFとの違いなど

ETNとは?特徴・ETFとの違いなど



ETF(上場投資信託)の類似商品に、ETN(上場投資証券)があります。取引の利便性やコストなどETFと同様の面が多くありますが、商品設計の違いからETFとの違いがあります。

本記事では、ETNの特徴、ETFとの違い、メリット・デメリットなどを解説します。また、ETNの人気銘柄などやそのオススメ購入先を紹介します。ETNの特徴を理解し、ETN特有の利点を活かた投資で、収益の幅を広げましょう。

参考 ETFの特徴や詳細は、以下をご参照ください。

ETFとは?特徴・おすすめ銘柄などを徹底解説!
長期の資産形成をする上で重要な点は、「分散投資で安定した運用を行う」「投資にコストをかけない」ことの2点です。この両面を併せ...

スポンサーリンク
レクタングル大

ETNの特徴

以下、ETNの特徴をETFとの違い、またメリット・デメリットを交えて解説します。

ETNとは?

ETN(Exchange Traded Note)は、上場債券・上場投資証券などと呼ばれる有価証券の一つです。ETF(Exchange Traded Funds)と似た投資商品となっており、以下のような特徴があります。

  • 特定の指数・指標(ベンチマーク)に連動する金融商品である。
  • 証券取引所に上場している
    ⇒価格がリアルタイムに変動し、株と同じように売買できる

このように、株価指数などのベンチマークに連動する金融商品で、立会時間中であれば、いつでも好きな価格で売買できる点は、ETFと似ています。しかし、ETFと違う点もあります。

ETFとの違い

ETNとETFの一番の違いは、資産の裏付け がないという点です。

例えば、TOPIXに連動するETFの場合、ETFはTOPIXの構成銘柄を株式現物としてファンド内に組み入れています。一方、ETNの場合、信用力の高い金融機関が指数に連動することを保証した債券を発行しているに過ぎません。そのため、万一、発行体が破綻した場合、元本が戻ってこないリスクがあります。

発行体の信用リスクはありますが、このような商品形態を取っているメリットもあります。

メリット

ETNのメリットには、まず以下に上げるようなETF同様のメリットがあります。

  • いつでも売買可能
    ETNもETF同様に、証券取引所に上場しているため、市場が開いている間(立会時間)であれば、株式のように証券会社を通じていつでも売買可能です(信用取引も可能)。
  • 費用が安い
    一般の投資信託を買うよりも信託報酬が割安です。

また、以下のように、ETN特有のメリットもあります。

  • 投資が難しい資産への投資が可能
    個人投資家が投資を行なうのに困難な商品、またETFでは組成できない、投資先へ投資可能(先物指数などへの投資)。
  • トラッキングエラーが発生しない
    ETNは発行体が対象指標への連動を保証しています。そのため、トラッキングエラーは信託報酬等を除いて発生せず、それだけ効率的な投資が可能となります。インデックスファンドのように、指数への連動が運用会社の運用能力に依存することもありません。

デメリット

ETN特有のデメリットもあるため、それらも理解し、投資商品を利用しましょう。

  • 発行会社の信用リスクを負う
    先述のように、ETNは発行会社が指数への連動を保証しています。そのため、その発行会社の信用が低下したり、発行会社が破たんした場合などにはETNの価値が大きく損なわれる、あるいは無価値になるリスクがあります。
  • 裏付け資産がない
    ETNは裏付け資産を有していないため、上場廃止になった場合に、裏付け資産を清算して投資家に元本の一部が返済されるような仕組みがありません。
  • 元本保証はない
    ETNは債券ですが、満期が来ても元本が保証されるものではありません。償還価格は、指数に連動した価格となります。
  • 流動性が低い可能性がある
    ETFと比べて相対的に、流動性が低い傾向にあります。流動性の低い銘柄は価格が乱高下したり、容易に売却できなかったりする可能性があります。

ETNのまとめ

以下、ETNのまとめとして、ETFの違いと合わせて表にまとめます。

項目\名称ETNETF
裏付け資産なしあり
メリット
  • トラッキングエラーがない。
  • ETFで組成しにくい、様々な指標をベンチマークにできる。
運用会社の信用リスクがない
デメリット発行体の信用リスクが伴う。トラッキングエラーにより、市場価格が割高・割安に振れることがある。

このようにETNは、幅広い投資対象に投資できる反面、発行体のリスクを負うなど、様々なメリット・デメリットがあります。商品を良く理解し、ETNを利用し、投資の幅を広げましょう。以下、ETNの実際の銘柄などを紹介します。

ETN銘柄とその特徴・購入先など

以下、国内で購入可能なETNやそれらの銘柄を購入するのにお得な証券会社を紹介します。

ETNなら野村NEXT NOTE

国内ETNとしては、野村アセットマネジメントが運用するNEXT NOTEシリーズがあります。下表は、NEXT NOTEシリーズが扱っている銘柄の投資クラス・コスト・ベンチマークをまとめた表です。ETNを利用することで、海外リート市場や原油市場などのニッチな市場に投資が行えます。

銘柄投資クラスベンチマーク信託報酬
NEXT NOTES日経・TOCOM原油ダブル・ブルETN(2038)原油レバレッジ日経・東商取原油レバレッジ指数0.80%
NEXT NOTES日経・TOCOM原油ベアETN(2039)原油インバース日経・東商取原油インバース指数0.80%
NEXT NOTES S&PシンガポールリートETN(2045)海外リートS&PシンガポールREIT指数0.95%
NEXT NOTES S&P500配当貴族(ネットリターン)ETN米国株式S&P500 配当貴族指数0.85%

バフェットの投資方法とも言われる配当貴族指数に連動したETNや、昨今人気の原油価格連動型ETFの中で、特に人気の高い、原油レバレッジ型・原油インバース型のETNを取り揃えています。投資コスト(信託報酬)も0.8%台と、割安水準です。

参考 原油市場への投資を目的としたETF・ETNの比較・詳細は、以下をご参照ください。

原油ETF一覧。特徴解説、おすすめETF、コスト・ベンチマーク比較など
昨今、原油価格は約10年ぶり低水準まで落ち込んでいます。また、値動きの荒さ(ボラティリティ)も上昇しており、さまざまな投資商...

コストを抑えたお得なオススメ購入先

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。投資コスト(売買手数料)の安い証券会社を選び、パフォーマンス向上に努めましょう。

本記事で紹介した商品は、国内ETNのため、国内株式売買手数料が安い証券会社での売買が重要です。下表は、各証券会社の国内株式・ETFの売買手数料比較です。

証券会社名 \ 約定代金10万円20万円30万円50万円100万円200万円300万円500万円1000万円
GMOクリック証券8898241241436834834834834
カブドットコム証券901802502509901890279036903690
ライブスター証券8097180180340600600800800
松井証券0300300500100020003000500010000
マネックス証券100180250450150030004500750015000
楽天証券139185272487921921921921921
SBI証券1391853413416091152115211521152
*表上の「+」を押すと、各約定代金別の手数料(税抜)が表示できます。

表からわかるように、投資資金が10万円以下なら松井証券が、10万円以上ならライブスター証券が圧倒的にお得です。皆様の投資資金に合わせてお使い分けください。

参考 手数料最安の松井証券・ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
ライブスター証券
松井証券

また、本ブログでの松井証券・ライブスター証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

松井証券のメリット・デメリット。10万円以下の売買手数料は最安!
松井証券 は、大正7年に創業した歴史ある証券会社です。1日の約定代金の合計10万円以下は、売買手数料が無料など独自のお得なサ...
ライブスター証券のメリット・デメリット。手数料の安さNo.1証券会社の特徴とは?
ライブスター証券 は、株式、FX、投資信託、先物の取引が行えるネット証券です。最大の特徴は売買手数料の安さです。2016年、...

GMOクリック証券なら全ての価格帯で売買手数料実質無料に!

上表でご覧いただいたように、GMOクリック証券は全ての価格帯でNo2.の安さです。しかし、GMOインターネット(9449)などの株主優待を使うことで、売買手数料が実質無料となります。私は本方法を使って、国内ETF・株式を売買しています。

GMOクリック証券で売買手数料を実質無料にする方法は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券で株式売買手数料を実質0円(無料)にする方法。
株式やETFの売買手数料は、コストとして投資家の確実なマイナスリターンとなります。売買手数料分を投資で取り返す分のリターンが...

また、GMOクリック証券ならNISA口座での株式売買手数料が恒久的に無料です!

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで3ヶ月間売買手数料無料になります。
GMOクリック証券

また、本ブログのGMOクリック証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)
現在、人気急上昇中の証券会社がGMOクリック証券です。株式の売買手数料の安さ、ツールの使いやすさ、株主優待との併用で売買手数料無...

コストは投資家の確実なマイナスリターンとなります。購入にかかる費用(売買手数料と為替手数料)が安い証券会社を選び、コストお抑えましょう。

参考 国内ETF購入のための証券会社で迷った方は、以下もご参照ください。

おすすめ証券会社【国内ETF編】
国内ETFは、インデックスファンドと比べて割安な商品であり、また海外ETFと比べて為替や税金面での煩わしさがないため、国内投...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク