マネースクウェア・ジャパン(M2J)の日経225証拠金取引(くりっく株365)の解説・評価 | インデックス投資で資産運用

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の日経225証拠金取引(くりっく株365)の解説・評価

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の日経225証拠金取引(くりっく株365)の解説・評価

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の日経225証拠金取引(くりっく株365)の解説・評価



日経225証拠金取引(くりっく株365を用いて日経225に投資する取引)は、インデックスファンドや日経先物取引のメリットを維持しつつ、デメリットを補った利便性の高い投資商品です。また、日経225証拠金取引をマネースクウェア・ジャパン(M2J)社のトラリピを機能を使って取引を行うことで、さらに利便性をあげ、利益を狙うことが可能です。

本記事では、日経225証拠金取引の特徴、メリット・デメリットを解説します。また、トラリピ機能の解説、およびその活用方法を紹介します。忙しいビジネスパーソンの方はもとより多くの方に、大変利便性の高い投資商品・サービスとなっていますので、ぜひご覧ください。

参考 公式ページでのM2Jでの日経225証拠金取引の詳細は、以下をご参照ください。
M2J日経225証拠金取引

スポンサーリンク
レクタングル大

日経225をくりっく株365で取引するメリット・デメリット

M2Jの日経225証拠金取引(くりっく株365)の特徴を解説する前に、くりっく株365の特徴と日経225をくりっく株365で取引するメリットについて解説します。すでにご存知の方は、読み飛ばしてください。

下表は、日経225の取引をくりっく株365で取引した場合、インデックスファンドETFで取引した場合、また先物で取引した場合の比較を表したものです。

項目くりっく株365
(日経225)
インデックスファンドETF先物
取引制限なし。長期保有も可能。ファンドの償還期限がなければ長期包有も可能。ただし、繰り上げ償還のリスクあり。
3ヶ月に1度限月がやってくる。最終売買日までに清算する必要あり。
取引時間午前8時半〜翌日午前6時まで(アメリカがサマータイムの場合、NY市場の関係で午前5時まで)当日の基準価値で購入できるのは、午後3時まで。9時~23時半まで
最低取引金額レバッレッジ設定によって異なるが、小額資金での取引可能。1万円程度から4万円弱

上表の比較からわかるように、日経225に連動する投資をくりっく株365を利用して行った場合、以下のようなメリットがあります。

  • ほぼ24時間、いつでも取引が行える。
  • レバレッジをかけた取引ができる。
  • 短期売買、長期保有のいずれも行える。

ほぼ24時間取引可能

ほぼ24時間取引が行えますので、サラリーマンやOLさんなど働いていている方でも、帰宅後取引が行えます。また、普段から先物やCFDの値動きを見ている人ならわかりますが、日本の夜(欧州や米国の証券取引所が開いているとき)

レバレッジをかけた取引が可能

レバレッジを必要に応じてかけることができるため運用効率の向上も望めます。また、くりっく株365の場合、なんと配当金もレバレッジに応じた配当がもらえます。

短期売買、長期保有のいずれも可能

短期売買のイメージのあるくりっく株365ですが、取引制限がないため長期保有も行うことができます。くりっく株365を利用しての日経225への投資は、長期の資産運用を目的とする方にもオススメできる商品と言えます。

デメリット

デメリットを上げるとすれば、最低投資金額が、インデックスファンドなどと比べると少々高めである点です。インデックスファンドであれば、毎月自動積立の場合、最低500円(SBI証券)から投資が行えます。しかし、くりっく株の場合、レバレッジの程度にもよりますが、数十万円の投資資金が必要となります。

小額から投資を行いないたい方は、日経225インデックスeたわらノーロード日経225などのインデックスファンドを利用して日経225に投資することが、オススメとなります。

参考 国内株式市場への投資を目的としたファンド・ETFの詳細は、以下をご参照ください。

日本(国内)株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など
我々日本人が投資先(投資クラス)として抑えておくべき資産に、日本株式クラスがあります。本記事では、その日本株式クラスのインデ...

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の日経225証拠金取引

ここまで紹介してきたように、くりっく株365を利用した日経225の取引「日経225証拠金取引」は、利便性の高い投資商品でした。以下、実際の取引方法として、日経225証拠金取引を取り扱っている金融機関の中でも、利便性の高くオススメのマネースクウェア・ジャパン(略称:M2J)について解説します。

トラリピを利用した自動取引

M2Jでの日経225証拠金取引の最大のメリットは、トラリピ」という機能を使って、自動取引ができる点です。トラリピとは、トラップトレードおよびリピートイフダンを併せ持つ、M2Jだけの独自の発注管理機能です。

以下の図は、トラリピの概念図です。トラリピを使うことで、就寝中、仕事中、食事中、どんな時でも自動取引によって利益を上げることが可能です。また、自動取引なので、投資の敵となる感情を制御して取引を行うことができます。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の「トラリピ」とは?

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の「トラリピ」とは?
参照:トラリピ×日経225証拠金取引|マネースクウェア・ジャパン

基本的に株式市場は、周期的な変動を繰り返します。トラリピであらかじめ設定した範囲で売買取引を設定しておくことで、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るなどの取引を繰り返すことができます。

自動取引という何だか怖いというデメリットともありますが、スムーズに取引の発注や変更が可能なので、安心して取引を行うことができます。

また、トラリピによって、感情に左右されない取引ができる点もメリットです。感情に身を任せて売買を自分で行う場合、相場が下落局面で売り、上昇局面で買うなどの失敗を行う可能性が高まります。トラリピによって機械的に売買することで、感情に負けない投資が行えます

参考 トラリピの詳細は、以下のページの説明が詳しくわかりやすいです。ぜひご覧ください。
トラリピ×日経225証拠金取引

まとめ

  • くりっく株365での日経225の取引(日経225証拠金取引)を行うことで、ほぼ24時間の取引が可能。
  • くりっく株365なら、好みによって、短期・長期のいずれの投資も、レバレッジを利用して取引できる。
  • 配当の受取も可能。レバレッジをかけている場合、配当もレバレッジ分もらえる。
  • 日経225証拠金取引は、マネースクウェア・ジャパン(M2J)のトラリピがオススメ!
  • トラリピなら、市場の並みに乗り、就寝中や仕事中、いつでも投資益を狙うことが可能

ここまで紹介してきたように、くりっく株365での日経225の取引「日経225証拠金取引」は、インデックスファンドや先物取引のメリットを残しつつ、弱点を克服した、金融商品です。いつでも取引ができ、短期・長期いずれの運用も可能、さらにレバレッジを状況に応じて適用することができる、利便性に優れた商品です。

さらに、マネースクウェア・ジャパン(M2J)トラリピ機能を使えば、一般の日経225証拠金取引に加えて、自動取引を行うことが可能です。相場の波に乗り、我々の仕事中や就寝中に利益を狙うことも可能です。くりっく株365での日経225の取引「日経225証拠金取引」は、M2Jが最もオススメです!

参考 マネースクウェア・ジャパンの詳細・無料口座開設、またトラリピ機能の詳細確認は、以下のページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大5,000円相当のQUOカードがもらえます(口座開設申込は、6/14まで)。
トラリピ|マネースクウェア・ジャパン

口座開設費・維持費ともに無料なので、まずは口座開設を行い、口座開設時の資料やwebページ、ツールなどを実際に見たり、動かすと良いでしょう。

トラリピ×日経225証拠金取引

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク