JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ(GBI-EM)グローバル・ディバーシファイドとは? | インデックス投資で資産運用

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ(GBI-EM)グローバル・ディバーシファイドとは?

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ(GBI-EM)グローバル・ディバーシファイドとは?

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ(GBI-EM)グローバル・ディバーシファイドとは?



JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイドは、新興国債券市場への投資を目的とした指数(インデックス)です。新興国16カ国の債券、約200銘柄から構成されています。

本記事では、JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(以下、JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド)の特徴・魅力、構成比、評価、また本指数をベンチマークとする金融商品やそのオススメ購入先などを紹介・解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの特徴・評価

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドとは、新興国16ヵ国の現地通貨建て国債、約200銘柄で構成される新興国債券市場の動向を表す指数(インデックス)です。我々投資家は、本指数をベンチマークとする金融商品を購入・保有することで新興国債券市場に分散投資が行えます。

以下、本指数の各種構成比、他指数との比較、また評価などを解説します。

国別構成比

以下のグラフ・表は、JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの国別構成比です。指数の分散性を高めるため一国の比率を10%以下にしている点(ディバーシファイド)が特徴です。

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの国別構成比

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの国別構成比

構成比
南アフリカ10.0%
トルコ10.0%
ポーランド10.0%
メキシコ10.0%
ブラジル10.0%
マレーシア10.0%
インドネシア8.9%
タイ7.8%
コロンビア7.1%
ハンガリー4.9%
ロシア4.7%
ルーマニア2.5%
ペルー1.9%
ナイジェリア1.7%
フィリピン0.5%
チリ0.1%

地域別構成比

以下のグラフ・表は、JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの地域別構成比です。アジア、ヨーロッパ、中東・アフリカ、中南米が、バランスよく組み入れられています。

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの地域別構成比

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドの地域別構成比

地域構成比
中南米29.1%
アジア27.1%
ヨーロッパ22.1%
中東・アフリカ21.7%

評価

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドは、新興国債券市場への投資を目的としたベンチマークとして主要低コストインデックスに使われています。一国の構成比を最高でも10%に抑えるなど、指数の分散性が高い点が特徴です。地域別で見ても各地域ほぼ均等に割り当てられています。

以下、本指数をベンチマークとするインデックスファンドを紹介します。新興国債券市場へ投資する際の参考にしてください。

JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドをベンチマークとする金融商品

下表は、JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイドをベンチマークとするインデックスファンドのコスト・パフォーマンス比較です。

ファンド名信託報酬
(実質コスト)
インデックスとの差異過去1年間のリターン
(2015/9/30時点)
純資産
[百万円]
野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型0.60%
(0.62%)
-1.8%-4.2%2,000
野村インデックスファンド・新興国債券0.60%
(0.69%)
-0.7%-13.7%470
eMAXIS新興国債券インデックス0.60%
(0.72%)
-0.8%-13.7%5,800
SMT新興国債券インデックス・オープン0.60%
(0.79%)
-1.1%-14.1%4,756

*野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型は、JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(構成国16カ国、米ドルベース)をベンチマークとする。

信託報酬は全て同じですが、管理費用などを含めた実質コストは、野村インデックスファンド・新興国債券が最安です。コストが安い分、他ファンドと比べてパフォーマンスが良くなっています。

また、野村インデックスファンド・新興国債券は、為替リスクをヘッジしてくれる野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型 があります。円換算のファンドを購入した場合、新興国通貨の急落による値下がりの影響を受けますが、為替リスクをヘッジすることで、このようなリスクも防ぐことが期待されます。

参考 野村インデックスファンド・新興国債券の両ファンドの詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/nomura-index-fund-emerging-bond/
http://investment-by-index-invest.com/nomura-emerging-bond-currency-hedging/

お得なおすすめ購入先

以上のインデックスファンドは、以下の大手ネット証券会社から購入可能ですが、利便性が良く、投資信託保有時のポイント還元率が最も高いSBI証券での保有が最もオススメです。今なら無料口座開設で最大10万円がもらえます。(9月30日まで)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
SBI証券

また、本記事でのSBI証券の解説・評価は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...
 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大70,000円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

SBI証券やその他証券会社のポイント還元の詳細は、以下の記事をご参照ください。

投資信託(投信)保有時にポイントが貯まるネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)比較
証券会社のサービスに、クレジットカードのポイントのようなサービスがあることをご存知でしょうか?実は大手ネット証券では、投資信...

私の場合、ファンド保有用にSBI証券・楽天証券、フリーETF用にカブドットコム証券、また海外ETF用としてマネックス証券を使用中です。他GMOクリック証券を株主優待銘柄用に口座開設しています。

証券会社でお迷いの方は、以下の記事をご覧ください。証券会社選びの基準、また用途別にどの証券会社が低コストか?などを紹介しております。

投資を始める第一歩「証券口座の開設」〜インデックス投資家のための証券会社〜
インデックス投資家育成塾シリーズ、今回は投資を始める最初のステップ「証券口座の開設」に関して説明していきます。 インデック...
インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク