FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスとは? | インデックス投資で資産運用

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスとは?

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスとは?

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスとは?



FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスは、日本を除く24カ国の先進国株式市場への投資を目的とした株価指数(インデックス)です。EXE-i先進国株式ファンドなどの低コストインデックスファンドのベンチマークに採用されています。

本記事では、FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの特徴・魅力、構成比、他の先進国株価指数(MSCIコクサイ)との比較、また連動金融商品やそのお得なオススメ購入先などを紹介・解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの特徴・評価

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスとは、全24カ国の先進国株式市場の値動きを表す指数(インデックス)です。全世界の1,639銘柄から構成されています。

以下、本指数の各種構成比、他指数との比較、また評価などを解説します。

国別構成比

以下のグラフ・表は、FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの国別構成比を表したものです。米国が指数の半分程度を占めています。日本・欧州が米国に続きます。

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの国別構成比

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの国別構成比

国名構成比
アメリカ62.34%
イギリス8.65%
スイス3.95%
フランス3.92%
ドイツ3.63%
カナダ3.30%
オーストラリア2.76%
韓国1.81%
香港1.53%
スペイン1.39%
オランダ1.22%
スウェーデン1.22%
イタリア1.09%
デンマーク0.78%
ベルギー0.55%
シンガポール0.54%
フィンランド0.38%
イスラエル0.31%
ノルウェー0.26%
アイルランド0.13%
オーストリア0.08%
ニュージーランド0.08%
ポルトガル0.06%
ギリシャ0.02%

代表的な先進国株価指数であるMSCIコクサイとの違いは、本指数が韓国(1.81%)やギリシャ(0.02%)を構成国に含む点です。ただしいずれもの国も小構成比です。

業種別構成比

以下の表・グラフは、FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの業種別構成比を表したものです。各業種バランスよい比率で組み入れられています。

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの業種別構成比

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの業種別構成比

業種構成比
金融21.72%
消費財14.09%
ヘルスケア12.19%
資本財12.18%
消費者サービス11.72%
情報技術11.02%
エネルギー6.31%
素材4.19%
公益事業3.30%
電気通信サービス3.28%

組み入れ上位10銘柄(全1,639銘柄中)

以下の表は、FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの組み入れ上位10銘柄を表したものです。アメリカ・スイスの有名企業が上位を占めています。上位10銘柄の本指数の割合は、10.08%となっています。

銘柄業種構成比
アップルアメリカ情報技術2.19%
マイクロソフトアメリカ情報技術1.11%
エクソンモービルアメリカエネルギー1.09%
ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーアメリカ金融0.93%
ジョンソン&ジョンソンアメリカヘルスケア0.89%
GE(ゼネラル・エレクトリック)アメリカ資本財0.88%
ネスレスイス消費者サービス0.82%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーアメリカ金融0.79%
AT&Tアメリカ電気通信サービス0.70%
プロクター・アンド・ギャンブルアメリカ消費者サービス0.68%
FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスの構成銘柄トップ10

評価・他インデックス(MSCIコクサイ)との比較

先進国株式市場への投資を目的とした株価指数には、主にFTSE Kaigai・インデックスの他にMSCIコクサイの2つがあります。この2つのインデックスの違いは、構成国数です。

参考 MSCIコクサイの詳細は、以下をご参照ください。

MSCIコクサイとは?先進国株価指数の解説
MSCIコクサイは、日本を除く先進国株式市場への投資を目的とした株価指数です。ニッセイ外国株式インデックスファンドなどの低コ...

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスは、MSCIコクサイの構成国の他に、韓国ギリシャを含みます。それぞれの構成比は、1.85%と0.02%と、合わせても2%弱の違いです。

個人的に、韓国は新興国よりもより安定成長の期待できる先進国に分類して投資を行いたいため、韓国を構成国に含むFTSE Kaigaiの方が好みです。韓国を新興国に分類してしまうと新興国全体の15%程度を韓国で占めることになってしまいますが、先進国へ分類することで2%以下の配分で抑えることができる点も良いと思う理由です。

参考 韓国の有無による新興国株価指数の違いは、以下の2つのインデックスをご参考下さい。MSCIが韓国を含む、FTSEが韓国を含みません。
http://investment-by-index-invest.com/index-msci-emerging/
http://investment-by-index-invest.com/index-ftse-emerging/

FTSE Kaigai・インデックスをベンチマークとするファンド

FTSE Kaigai・インデックスをベンチマークとするファンドには、EXE-i先進国株式ファンドがあります。EXE-i先進国株式ファンドの最大の特徴は、先進国株式市場への投資を目的としたインデックスファンドで、保有コスト(信託報酬)が最安である点です。

EXE-i先進国株式ファンドの特徴:

  • ベンチマーク:FTSE Kaigai・インデックス(円換算ベース)
  • 購入手数料:ネット証券(SBI証券カブドットコム証券楽天証券など)で無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):年率0.3574%(その他諸経費を含めた実質コスト0.39%
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券・カブドットコム証券で最低500円、楽天証券で最低1,000円から自動積立設定可能)
  • 決算:年1回(5月)
  • 償還日:無期限(設定日:2013年5月13日)
  • 信託財産留保額:なし

ただし、先進国株式クラスインデックスファンドの中では、ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬:0.24%)やたわらノーロード先進国株式(信託報酬:0.225%)と比べて割高です。

FTSE Kaigaiをベンチマークとするファンドは本ファンドのみですが、MSCIコクサイがベンチマークでも良いという方は、ニッセイ外国株式インデックスファンドたわらノーロード先進国株式が、より低コストであるため、オススメです。

参考 先進国株式クラスファンドの比較・詳細は、以下をご参照ください。

先進国株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など
先進国株式クラスのインデックスファンド・ETFは、その1商品を購入・保有するだけで、20カ国以上の先進国株式市場に分散投資が...

EXE-i先進国株式ファンドのおすすめ購入先

EXE-i先進国株式ファンドは、以下の大手ネット証券会社から購入可能ですが、楽天証券が最もおすすめです。投資信託保有時のポイント還元があるためです。

SBI証券カブドットコム証券マネックス証券でも同様のサービスを行っていますが(普通のファンドならSBI証券が最もお得)、EXE-iシリーズはポイント対象外です。楽天証券のみポイントが付与されます

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます。(9月30日まで)
楽天証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログの楽天証券の評価・解説は、以下の記事をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット
楽天証券 は、1大経済圏を形成する楽天グループの証券会社です。サービス開始から多くの投資家に愛用されており、SBI証券と並ぶ2大...

 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大10万円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

参考 証券会社のポイント還元の詳細は、以下をご参照ください。

投資信託(投信)保有時にポイントが貯まるネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)比較
証券会社のサービスに、クレジットカードのポイントのようなサービスがあることをご存知でしょうか?実は大手ネット証券では、投資信...

私の場合、ファンド保有用にSBI証券・楽天証券、フリーETF用にカブドットコム証券、また海外ETF用としてマネックス証券を使用中です。他GMOクリック証券を株主優待銘柄用に口座開設しています。

証券会社でお迷いの方は、以下の記事をご覧ください。証券会社選びの基準、また用途別にどの証券会社が低コストか?などを紹介しております。

インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...
投資を始める第一歩「証券口座の開設」〜インデックス投資家のための証券会社〜
インデックス投資家育成塾シリーズ、今回は投資を始める最初のステップ「証券口座の開設」に関して説明していきます。 インデック...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

楽天証券

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク