外貨MMFとは?メリット・デメリットの解説・評価

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

外貨MMFとは?メリット・デメリットの解説・評価

外貨MMFとは?メリット・デメリットの解説・評価



日銀の金融緩和・マイナス金利の影響により、日本円と比べて利回りが高い外貨への投資が注目を集めています。円預金が年率0.001%近辺の金利水準の中、外貨投資なら通貨によって、数%以上の利回りが期待できます。

本記事では、外貨投資の中でも人気の高い外貨MMFについて紹介します。外貨MMFのメリット・デメリットの解説・評価、また外貨MMFを超える低コストで人気を集めている積立FXについても紹介します。

参考 2016年おすすめの外貨投資は、以下をご参照ください。

外貨投資(積立FX、外貨MMF、外貨預金)のオススメは?2016年ランキング
日銀の金融緩和・マイナス金利の影響により、日本円と比べて利回りが良い、外貨への投資が注目を集めています。円預金が年率0.00...

スポンサーリンク
レクタングル大

外貨MMF(エムエムエフ)とは?

外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド:エムエムエフ)とは、商品の正確は外貨預金に似ていますが、名前の通りファンド(投資信託)の一種です。以下、外貨MMFの解説を、外貨預金と比べながら行います。

外貨MMFのメリット

外貨MMFは、他の外貨投資商品同様、以下の2つのメリットがあります。

  • 円預金よりも高金利
  • 円安が進めば、為替差益が見込める

マイナス金利導入後、メガバンクやゆうちょ銀行などの普通預金金利は0.001%程度の水準となる中、数%程度の高金利で運用ができる点は、外貨投資商品の魅力と言えます。

参考 外貨投資特有のメリット・デメリットなどの詳細は、以下をご参照ください。

外貨投資とは?基本・投資のポイント(初心者、はじめての方用)
日銀の金融緩和・マイナス金利の影響により、日本円と比べて利回りが良い、外貨への投資が注目を集めています。円預金が年率0.00...

また、外貨MMFは、外貨預金と比べて以下の点にメリットがあります。

  • 資産の安全性(ペイオフ対象)
  • 為替手数料が安い
  • 一般的に、外貨預金より高利回り
  • 少額から投資ができる
  • 購入や解約がすぐにできる(流動性がある)

資産の安全性(ペイオフ対象)

外貨MMFは、預金保険制度(ペイオフ)対象商品です。外貨MMFを購入している証券会社が、万が一破綻しても、外貨建てMMF資産は全額保護されます。資産の安全性が高い商品と言えます。

それに対して、意外かもしれませんが、外貨預金はペイオフ対象外です。銀行が破綻した場合、元本が保護されません。そのため、外貨MMFの方が、資産の安全性は高いと言えます。

為替手数料が安い

一般的に、外貨MMFの為替手数料(円と外貨の取引を行う際にかかるコスト)は、外貨預金と比べて安いケースがほとんです。もちろん、証券会社や銀行によって違いますが、ざっと5倍程度の違いがあります。

  • 外貨MMF:1米ドルあたり20銭(0.2円)程度
  • 外貨預金:1米ドルあたり1円程度

*任意抽出したデータとなっております。あくまで目安とお考えください。

ただし、後述する積立FXの方が、為替手数料はさらに安くなります。1米ドルあたり5銭(0.05円)程度で取引が行えます(私は積立FXを利用中)。

詳細確認・無料口座開設は、こちら↓↓↓
SBIFXトレード

一般的に、外貨預金より高利回り

外貨建てMMFの投資対象は、国債等の格付けの高い短期金融商品です。安全性が高く、外貨預金以上の利回りが期待できる商品です。いくつかの商品を確認した限り、ほとんどのケースで外貨MMFの金利が、外貨預金の金利よりも高くなっていました。

少額から投資ができる

外貨MMFは、1,000円など小額から投資が行える点も魅力の一つです。

外貨定期預金は、10万円以上〜などの銀行が多いので、はじめて投資を行う方などには、ハードル高いでしょう。それに対して、外貨MMFは、お小遣い程度の小額で投資を行えるため、経験の浅い方や外貨投資に不安を感じる人でも、気軽に始めることができます。

購入や解約がすぐにできる(流動性がある)

外貨MMFは、外貨預金と比べて、流動性が高い点もメリットの一つです。

外貨定期預金の場合、出し入れの時期や期間に制限があるため、急に資金が必要になった時など、不便を感じることがあります(外貨普通預金は出し入れは簡単ですが、基本利回りがとても低い)。それに対して、外貨MMFは、好きな時にいつでも購入や解約の申込みを行うことができます。

外貨MMFのデメリット

外貨MMFは、外貨投資型の商品として、優等生と言えます。「元本保証がない」「為替リスク」がある等の外貨投資特有のデメリットはありますが、資産の安全性(ペイオフ対象)やコスト、利便性などは、外貨預金と比べて、良い商品となっています。

ただし、後述する積立FXと比べると、コスト面で見劣りします。通貨によって異なりますが、外貨MMFの方が、数倍程度コストが割高になっています。

商品為替手数料(スプレッド)
*1米ドルあたり
定期外貨取引(レバレッジ付)5銭
外貨建てMMF20銭以上
外貨預金(一般)1円程度

コストは、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。投資コストの安い商品を選び、確実なパフォーマンスの向上を目指しましょう。

投資コストがさらに安い「積立FX」とは?

外貨MMFよりも、さらに投資コストが安い外貨投資商品が、積立FXです。1米ドルあたり5銭程度で外貨積立が可能です。外貨MMFと比べて、約4倍も投資コストを安く抑えて、外貨投資を行うことができます。

また、外貨MMFのメリットも全て兼ね備えています。金利水準も高く、いつでも取引ができるため流動性も高くなっています。さらに、ペイオフの対象となっているため、資産面の安全性もあります。皆様の生活スタイルに合わせて、小額自動積立も可能ですので、長期の外貨運用に最適の外貨投資商品と言えます。

参考 ドルコスト平均法を用いた外貨積立の詳細は、以下をご参照ください。

ドルコスト平均法で自動外貨積立ができる「SBIFXトレード積立FX」とは?
SBIFXトレードが開始した積立FXが注目されています。定期的に自動で、外貨の積立・運用ができる外貨預金型の金融商品として、...

このように、積立FXを活用することで、ビジネスパーソンの方でも、便利に超低コストで、小資金から外貨積立を行うことができます。ぜひ活用してみてください。

SBIFX定期外貨取引(レバレッジ付き)のメリット・デメリット

SBIFXトレード
口座開設(無料)
メリット
  • 他商品と比較して、コスト・金利が魅力的な水準
  • 1倍〜3倍のレバレッジを選択可能
  • 購入する頻度を毎月・毎週・毎日の3パターンから選択可能
  • 全額が信託保全されるので、業者つぶれても全額保証
デメリット
  • 株式・投資信託と損益通算ができない。

参考 SBIFX積立FXの詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。口座開設は5分程度できますし、開設費・維持費は無料なので、まずは口座開設時の資料を参考んに小額から実践してみるのも良いでしょう。
SBIFX積立FXの詳細確認・無料口座開設

また、積立FX口座の開設方法・手順、また取引のはじめ方は、以下をご参照ください。

SBI FX積立FXの口座開設の方法・解説(画像付き)
マイナス金利の導入後、注目を集めているのがSBIFX積立FXです。高金利の外貨を小額から、外貨預金のように積み立てることがで...
SBI FX積立FXのはじめ方、取引方法や手順のまとめ(画像付き)
マイナス金利の導入後、注目を集めているのがSBIFX積立FXです。高金利の外貨を小額から、外貨預金のように積み立てることがで...

SBIFXトレード

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク