カブドットコム証券のフリーETFに新たに2銘柄が追加決定!その銘柄や特徴は? | インデックス投資で資産運用

カブドットコム証券のフリーETFに新たに2銘柄が追加決定!その銘柄や特徴は?

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

カブドットコム証券のフリーETFに新たに2銘柄が追加決定!その銘柄や特徴は?

カブドットコム証券のフリーETFに新たに2銘柄が追加決定!その銘柄や特徴は?



カブドットコム証券の提供するフリーETFは、ETFでありながら売買手数料が無料になるというお得な投資商品です。このフリーETFに、新たに2銘柄が加わることになりました。

本記事では、カブドットコム証券のフリーETFの特徴を簡単におさらいし、フリーETFに新たに加わる2銘柄について解説していきます。手数料無料のETFを利用して、投資効率を向上させていきましょう。

参考 ETFに関しての基礎事項・詳細は、以下をご参照ください。

ETFとは?特徴・おすすめ銘柄などを徹底解説!
長期の資産形成をする上で重要な点は、「分散投資で安定した運用を行う」「投資にコストをかけない」ことの2点です。この両面を併せ...

スポンサーリンク

フリーETFとは?

はじめに、フリーETFに関して解説します。すでにご存知の方は読み飛ばしてください。

フリーETFとは、ETFでありながら売買手数料無料のETFのです。国内でカブドットコム証券が本サービスを提供しています(SBI証券楽天証券マネックス証券などの国内証券会社では取り扱っていません!)。

ETFはインデックスファンドと比べて、保有時にかかるコスト(信託報酬)が極めて安いことが特徴ですが、株式同様の売買手数料がかかる点がデメリットです。しかし、フリーETFは売買手数料無料であるため、ETFのデメリットを無くした究極の金融商品となります。

参考 ETFとインデックスファンドの違い・比較は、以下をご参照ください。

ETFとインデックスファンドの違い・比較
皆さんはどのような金融商品を利用して投資を行っているでしょうか? インデックス投資では、インデックスファンドまたはET...

現在、フリーETFには、下表のように全16銘柄があります。日本株式・先進国株式・債券・リート(REIT)など、さまざまな種類の投資クラスに超低コストETFを利用して投資できます。

 銘柄コード信託報酬
(税抜)
日本株式
クラス
MAXIS トピックス・コア30上場投信13440.19 %
MAXIS日経225上場投信13460.17%
MAXIS トピックス上場投信13480.078%
MAXIS S&P東海上場投信15530.50%
MAXISトピックスリスクコントロール(5%)15670.24%
MAXISトピックスリスクコントロール(10%)15740.24%
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信15930.078%
MAXIS JAPANクオリティ150上場投信14600.24%
MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信14850.22%
MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信14920.50%
J-REITMAXIS Jリート上場投信15970.25%
先進国株式
クラス
MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信15500.25%
SPDR S&P 500 ETF15570.0945%
国際のETF VIX短期先物指数15520.36%
国際のETF VIX中期先物指数15610.36%
債券ABF汎アジア債券インデックス・ファンド13490.20%

*2017/5/16現在

参考 フリーETFの詳細は、以下をご参照ください。

フリーETF(カブドットコム証券)とは?フリーETFの解説と銘柄一覧
フリーETF とは、ETFでありながら 売買手数料無料 のETFのことです。国内でカブドットコム証券が唯一本サービスを提供し...

フリーETFに2銘柄が追加

上の紹介してきたフリーETFに、この度(2016年7月4日から)、以下の2銘柄が加わります。

以下、2本のETFを解説していきます。

MAXIS JAPANクオリティ150上場投信(1460)

MAXIS JAPANクオリティ150上場投信(コード:1460)は、iSTOXX MUTB JAPANクオリティ150インデックスをベンチマークとするETFです。iSTOXX MUTB JAPANクオリティ150インデックスとは、日本株式のうち、高ROEかつ、財務健全性・キャッシュフロー収益性・利益安定性の3点に着目し、高ROEの継続性を評価して150銘柄を選定し算出される株価指数(インデックス)です。

MAXIS JAPANクオリティ150上場投信(1460)の特徴:

  • ベンチマーク:iSTOXX MUTB JAPANクオリティ150インデックス
  • 売買手数料:証券会社毎の株式売買手数料。(カブドットコム証券なら無料。)
  • 信託報酬(税抜):0.24%
  • 売買単位:1株ごと
  • 最低購入金額:14,040円(2016年6/30現在)
  • 決算:年2回(1・7月の各16日。)
  • 償還日:無期限(設定日:2016年3月16日)
  • 信託財産留保額:なし

高ROEの持続性も考慮している点がJPX400との違いになります。同ベンチマークのファンドとしては、eMAXIS JAPANクオリティ150インデックスがありますが、コスト面で、本ETFの方が割安です。

参考 MAXIS JAPANクオリティ150上場投信(1460)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-japan-quality-150-free-etf-1460

MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信(愛称:前向き日本)1485

MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信(前向き日本)(コード:1485)は、iSTOXX MUTB Japan積極投資企業200インデックスをベンチマークとするETFです。iSTOXX MUTB Japan積極投資企業200インデックスとは、収益性スコア(ROEや財務基盤)・設備投資スコア(設備投資、研究開発費)・人材投資スコア(平均給与など)の3点を総合的に勘案した200銘柄から構成される株価指数です。

MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信(1485)の特徴:

  • ベンチマーク:iSTOXX MUTB Japan積極投資企業200インデックス
  • 売買手数料:証券会社毎の株式売買手数料。(カブドットコム証券なら無料。)
  • 信託報酬(税抜):0.22%
  • 売買単位:1株ごと
  • 最低購入金額:18,130円(2016年6月29日現在)
  • 決算:年2回(1・7月の各16日。)
  • 償還日:無期限(設定日:2016年6月29日)
  • 信託財産留保額:なし

日銀の組み入れ報道以来、注目されている設備・人材投資型ETFです。同ETFとしては、DIAM設備人材投資ETF(1484)iシェアーズ設備人材ETF(1483)などがありますが、売買手数料無料のフリーETFとなっているのは、本銘柄のみです。

参考 MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-positive-200-free-etf-1485

フリーETFはカブドットコム証券のみ

本記事で紹介したフリーETFは、カブドットコム証券のみの取り扱いです。その他の証券会社で購入する場合は、売買手数料がかかってしまいます。売買手数料が無料なので、小資金での積立なども可能となります。

カブドットコム証券は、フリーETFの他、毎月500円から積立が行えるノーロード投信、株主優待つなぎ売り・クロス取引に活用される「一般信用取引銘柄」の豊富さ、便利なアプリサービス IPO・PO・TOB、自動売買、kabuステーションなどメリットが大きい証券会社です。

参考 カブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
カブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログのカブドットコム証券の評価・解説は、以下の記事もご参照ください。

カブドットコム証券のメリット・デメリット
皆さんは、どのような基準で証券会社を選んでいるでしょうか?私が証券会社を選ぶ際、最重要視するポイントは、コスト(売買手数料など)...

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大