手間を省き、簡単・最速で、インデックス投資を始める方法 | インデックス投資で資産運用

手間を省き、簡単・最速で、インデックス投資を始める方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

手間を省き、簡単・最速で、インデックス投資を始める方法

手間のかからないインデックス投資であっても、資産配分(アセットアロケーション)やリバランスなど、負担や手間に感じることはあります。

本記事では、資産配分やリバランスの手間を省き、世界の株式・債券市場に分散投資を可能とするセゾン・バンガード・グローバルファンドを利用した投資方法を紹介致します。

スポンサーリンク
レクタングル大

手間のかかる資産配分(アセットアロケーション)とリバランス

本ブログで紹介しているインデックス投資は、その投資法の性質から、手間がかからず、プロに負けない運用成績を残すことができるため、我々サラリーマン、主婦、大学生等の投資が仕事でない方に最も適した投資方法です。

インデックス投資方法の詳細は、以下の記事をご参照ください。

インデックス投資家育成塾「インデックス投資の基本とその簡単な実践方法」


しかし、そんなインデックス投資であっても、若干手間を感じ、投資をはじめたばかりの方にはハードルとなる部分があります。それは以下の2点です。

  1. 資産配分(アセットアロケーション)
    運用を始める前に、自分のリスク許容度に合わせて、資産配分を決定します。また、その決定した配分に合わせて、金融商品を買うことになります。私自身は、自分なりのリスクとリターンを設定でき、自分にあった投資法ができるため良いです。しかし、少々手間と感じる方も多いでしょう。

    資産配分(アセットアロケーション)に関しての詳細は、以下の記事をご参照ください。

    資産運用の肝「資産配分(アセットアロケーション)の決め方」

  2. リバランス
    資産配分(アセットアロケーション)と実際の運用額のズレを修正する作業がリバランスです。基本期には、年1回程度行えば良い作業です。しかし、その作業も省きたいという方や、リバランスの際に生じる税金等のコストを無くしたいという方も多いでしょう。

    資産管理で重要な「リバランス」に関しての詳細は、以下の記事をご参照ください。

    資産運用で重要な資産管理法:「モニタリングとリバランス」

資産配分・リバランスもおまかせ「セゾン・バンガード・グローバルファンド」

資産配分(アセットアロケーション)やリバランスの手間を省き、簡単に資産運用(インデックス投資)を行うための金融商品が「セゾン・バンガード・グローバルファンド」です。セゾン・バンガード・グローバルファンドを1本保有するだけで、世界の株式・債券市場に分散投資することができます。

セゾン・バンガード・グローバルファンドの解説・詳細は、以下の記事をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/fund-saison-vanguard-global/

セゾン・バンガード・グローバルファンド内ですでに、株式・債券の比率、また先進国・新興国の比率が決められているため、我々が自分でアセットアロケーションを決める必要はありませんし、アセットクラス毎に金融商品を選ぶ必要もありません。(株式・債券の比率が50%ずつなので、極めて安定的な値動き。)

また、リバランスに関してもセゾン・バンガード・グローバルファンド内でやってくれるので、我々が自分でリバランスを行う必要もありません

セゾングローバルファンドと自前アセットアロケーションの比較

ファンド内でバンガードのインデックスに投資している

セゾン・バンガード・グローバルファンド内で、資産配分やリバランス等の、面倒な作業を行ってくれるため、コストが高くなりそうと感じるかもしれません。しかし、セゾン・バンガード・グローバルファンドは、セゾン投信“セゾン投信”購入手数料無料、信託報酬0.4%(実質は0.75%)と低コスト商品です。(世界経済インデックスファンドについては、後日紹介。)

その理由は、ファンド内で、資産配分に合わせて購入している金融商品が、バンガード社の低コストインデックスファンドに投資しているためです。

セゾン・バンガード・グローバルファンド内の構成比・投資対象は、以下の記事をご参照ください。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの組み入れ銘柄とその比率


セゾン・バンガード・グローバルファンドの購入方法

セゾン・バンガード・グローバルファンドが購入可能なのは、セゾン投信“セゾン投信”のみです。セゾン投資の口座開設を行い、毎月積立または自分のタイミングで買付を行いましょう。

参考 セゾン投信の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧下さい。
セゾン投信“セゾン投信”

本記事のまとめ

  • インデックス投資であっても、アセットアロケーションやリバランスなどの手間がかかる。
  • セゾン・バンガード・グローバルファンドで、世界の株式・債券市場に分散投資できる。
  • 資産配分比は、ファンド内で決まっているので、アセットアロケーション、リバランスの手間を省ける。
  • セゾン・バンガード・グローバルファンドは、セゾン投信“セゾン投信”で購入可能。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク

コメント

  1. kenz より:

    SECRET: 0
    PASS: d38946c7b8087e2d6ed041276e58d8fd
    セゾングロバラのファンドオブファンズ形式の投資対象は、バンガードのETFでなくインデックスファンドのはずです。信託報酬もETFほど低くないです。ご確認ください。
    コストもトータルで信託報酬0.75%-0.77%程度かかり今ではより低コストの世界経済インデックスファンド(信託報酬0.50%)などバランスファンド(セゾンより分散度も高い)に押され気味かと。
    時価総額比率での投資という点では評価できると思います。

  2. s.ryotaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    kenz様
    お忙しい中、本ブログをご覧くださり、またご指摘や貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。インデックス投資の大先輩のkenz様にコメントをいただき大変身が引き締まる思いです。
    さて、コメントの件ですが、kenz様のご指摘どおり、バンガードのETFでなく、インデックスファンドです。私のミスでした。記事を改訂するとともに、訂正をアナウンスさせていただきます。
    また、世界インデックスファンドについても今後記事で取り上げるともに、セゾングロバラと比較などさせていただこうと思います。
    本日は、お忙しい中、貴重なコメントをいただき、ありがとうございました。まだまだ年齢・運用歴ともに浅い未熟者ではありますが、日々精進し、今後も有用な記事を投稿できるよう勉めて参ります。今後ともよろしくお願い致します。
    s.ryotaro