楽天証券マネーブリッジ。楽天銀行の普通預金の金利を5倍にする方法!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

楽天証券マネーブリッジ。楽天銀行の普通預金の金利を5倍にする方法!

楽天証券マネーブリッジ。楽天銀行の普通預金の金利を5倍にする方法!



本記事では、楽天銀行 の普通預金金利を5倍の0.1%にする方法「マネーブリッジ」を紹介します。楽天銀行は、金利・手数料ともすばらしい水準にあり、私もメインバンクとして使っています。

本記事の楽天証券・楽天銀行のマネーブリッジを活用し、楽天銀行の高金利預金で、生活費・無リスク資産・生活防衛金などを効率的に運用しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

楽天証券のマネーブリッジとのマネーブリッジで、楽天銀行普通預金金利が0.1%

楽天銀行の普通預金の金利は通常0.02%です。しかし、楽天証券とマネーブリッジを行うことで、楽天銀行の普通預金金利は5倍の0.1%となります。

銀行名普通預金金利
イオン銀行
イオンカードセレクト
0.02%
(0.12%)
楽天銀行
マネーブリッジ
0.02%
(0.1%)
SBJ銀行0.02%
東京スター銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
じぶん銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
セブン銀行0.001%
住信SBIネット銀行
SBIハイブリッド預金
0.015%
(0.001%)
ゆうちょ銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
みずほ銀行0.001%

上表の金利比較表からもわかるように、マイナス金利の影響により、ゆうちょ銀行やメガバンク、ネット銀行までもが金利0.001%となっている中、マネーブリッジ後の楽天銀行の普通預金金利は高水準であることがわかります。

参考 イオンカードセレクトの発行(無料)で、イオン銀行の普通預金金利は、楽天銀行を上回る水準となります。詳細は、以下をご参照ください。

イオン銀行普通預金金利を0.12%(国内最高水準)にする方法。イオンカードセレクト活用術
マイナス金利の影響により、ゆうちょ銀行や大手メガバンク、ネット銀行までもが、普通預金金利を大幅に引き下げています。ほとんどの...

普通預金には、生活費・無リスク資産・生活防衛金などを預け入れている方が多いでしょう。それらのお金を、楽天銀行普通預金預け入れることで、より効率的な運用をすることが可能となります。

参考 無リスク資産・生活防衛金に関しては、以下の記事をご参照ください。

生活防衛金の運用方法と配分(ロケーション)
資産運用・投資を始める前に行うべき重要なことは、生活防衛金の確保です。生活防衛金とは、いざという時に家族や自分を守るための資金です。資産...

以下、楽天銀行楽天証券のマネーブリッジの方法・手順を説明していきます。

楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジの方法・手順

楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジを行う方法を説明します。まずは大まかな流れ・手順を説明します。楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジを行う方法・手順は以下の手順となります。

  1. 楽天銀行口座を開設する。(楽天銀行の口座を持っていない方)
  2. 楽天証券口座を開設する。(楽天証券の口座を持っていない方)
  3. マネーブリッジの申請を行う。

参考 楽天銀行および楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下のページから行うことができます。ご興味をもたれた方は、ご覧下さい。

手順1. 楽天銀行口座を開設する。(楽天銀行口座をお持ちでない方のみ)

マネーブリッジの申請には、楽天銀行口座の開設が必要です。以下の楽天銀行公式ページから無料で口座開設できますので、まだ口座をお持ちでない方は、ご覧ください。
楽天銀行 口座開設

参考 楽天銀行の評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天銀行の評価(メリット・デメリットなど)
ネット銀行は、利便性・各種サービスに優れ、金利面も普通・定期預金と高水準です。中でも、楽天銀行 は、利便性・金利面で、魅力的な銀...

手順2. 楽天証券口座を開設する。(楽天証券口座をお持ちでない方のみ)

マネーブリッジ申込には、楽天銀行だけでなく楽天証券の口座も必要となります。以下の公式ページから無料口座開設ができますので、まだ口座をお持ちでない方はご覧ください。
楽天証券

参考 銀行口座や証券口座をいくつ開設したけど、管理が大変という方は、無料資産管理ツール「マネーフォワード」のご利用をおすすめします。一度、銀行・証券口座やクレジットカード、各種電子マネー・ポイントを登録すれば、一括で自動管理することができます。

また、本ブログ内ので評価は、以下の記事をご覧ください。

無料資産管理ツール「マネーフォワード」の評価・解説
本記事で紹介するマネーフォワードは、一度銀行や証券会社を登録することで、自動的に一括で資産管理を行える便利無料ツールです。また、...

手順3. 楽天銀行にログインして、マネーブリッジを申し込む

楽天マネーブリッジ申込ページからマネーブリッジを申し込みます。以下のページをクリックすると左図のような画面となります。
楽天マネーブリッジ申込ページ

左図下方にある「マネーブリッジ申込」ボタンをクリックしてください。その後楽天銀行のログイン画面に移ります。ログイン後、ウェブページの指示に従って申込みを行えば、マネーブリッジの完成です。

マネーブリッジ申込画面

手順4. 普通預金金利を確認する

マネーブリッジの申込・手続き完了後に、楽天銀行にログインし、普通預金金利が、5倍の0.1%になっているか確認しましょう。

上図は、楽天銀行にログイン後のトップページ画面です。トップページ右上の普通預金金利から現在の金利水準が確認できます。マネーブリッジ手続き完了後、金利が0.1%になっていることがわかります。

楽天銀行普通預金金利確認画面

また、楽天銀行から金利水準に関する通知がメールで来ます。そちらもご確認ください。

楽天証券・楽天銀行マネーブリッジのまとめ

  • 楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジを行うことで、楽天銀行普通預金金利が、5倍の0.1%となる。
  • マネーブリッジ申込には、楽天銀行・楽天証券の口座開設が必要。
  • 口座開設後、楽天銀行のウェブページから、マネーブリッジを申し込むことができる。

参考 本記事で紹介した口座やサービスは、以下の公式ページから詳細確認・無料申込みができます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます。(9月30日まで)

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク