「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票! | インデックス投資で資産運用

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票!

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票!



本日、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました。今年は、三井住友旧DCインデックスシリーズiシェアーズ新規上場ETFなど従来のコスト最安ファンドを上回る格安ファンドの登場もあり、ランキングが大きく様変わりするかもしれません。

本記事では、投資ブロガー全員に参加資格がある「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の詳細や投票方法、また「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」で選ばれた過去のランキング上位ファンドを紹介します。

皆様の意見を公に表明する良い機会ですので、投資ブログをお持ちの方は、投票しましょう!

スポンサーリンク

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは?

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは、日々投資を行い、その投資事情をブログで綴っている個人投資ブロガーが選ぶ人気ファンドを選挙によって選ぶ企画です。機関投資家さんや格付け機関ではなく、我々個人投資ブロガーが主体な点が特徴です。

以下、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015の投票条件を解説します。

投票資格

投信ブロガーであれば、誰でも参加可能です。ただし、2015年9月30日までにブログを開始していることが条件です。最終判断は運営委員会が行いますが、条件に当てはまっていれば投票してみましょう!

投票方法

投票者1人につき5ポイントが持ち点となりmす。この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票してください。また、投票後は、投票した旨を自分のブログに記載することが必要です。

以下のリンクから、投票用のフォームに移動することができます。投票したいファンド、ニックネームやブログURLなどを記入して投票しましょう。
投票ページ|投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

投票期間

投票期間は、2015年11月1日(日曜日)から11月30日(月曜日)までの1ヶ月間です。まだ、先ですが、忘れずに投票しましょう。

対象となる投資信託

投票対象となる投資信託(ファンド)は、2015年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)です。海外ETFは、日本の証券会社から買付可能なもののみ対象となります。

結果発表

来年年1月に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」のイベントを都内で開催し、そこで結果が発表される予定です。イベント後、Webページでも結果を発表します。

以上の情報の詳細は、公式ページからご確認ください。
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」

過去の人気ファンドは?今年ランクインが期待されるファンドは?

以下の表は、過去5年間の上位5ファンドです。傾向的には、低コスト外国株式インデックスファンドが上位を占めているようです。

近年では、低コストインデックスとしての地位を確立しつつあるニッセイインデックスファンドシリーズが上位に顔を出しています。また、バンガードETFバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が根強い人気です。

 2014年2013年2012年2011年2010年
1位ニッセイ外国株式インデックスファンドバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)CMAM外国株式インデックスeSTMAグローバル株式インデックス・オープン
2位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)ニッセイ日経225インデックスファンド外国株式インデックスe結い2101eMAXIS 新興国株式インデックス
3位セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド結い2101eMAXIS 新興国株式インデックスeMAXIS 新興国株式インデックスバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
4位結い2101外国株式インデックスe結い2101ひふみ投信eMAXIS 全世界株式インデックス
5位eMAXISバランス(8資産均等型)ひふみ投信ひふみ投信ニッセイ日経225インデックスファンドCMAM外国株式インデックスe

今年の注目ファンド

今年は、低コストインデックスファンド・ETFが次々と登場したため、もしかすると上位ファンドが大きく変わるかもしれません。例えば、以下の3つのファンドおよび低コストファンド・ETFシリーズが早々とランクインするかもしれません。

iシェアーズ新規上場低コストETFは、上場10日での投票となるため、認知度やファンドのチェック期間が十分でないため、ランクインは難しいでしょうが、他の新規組はランクインしてくるかもしれません。

昨年は、ニッセイ外国株式インデックスファンドが設定間もない状況で、2014年の王者に輝きました。今年もルーキーや老舗ファンドの戦いが見逃せません。

参考 本日紹介したファンドは、以下の証券会社で購入可能です。以下の公式ページから詳細確認・無料口座開設ができますので、ご興味をもたれた方は、ご覧ください。

また、各証券会社の詳細は、以下からもご確認いただけます。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大