日本株式市場へ投資するなら知っておきたい!代表的な4つの株価指数を徹底解説!【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。



日本株式市場へ投資する我々(個別銘柄投資家・インデックス投資家に関わらず)にとって、日本の 株価指数 を理解することは重要です。指数を理解し、日々の動きを確認することで、日本株式市場の動向を感じ取ることができるからです。

インデックス投資家が株価指数を抑えておくことは当然重要ですが、個別銘柄の投資を行う方々にとっても市場環境を知る上で、株価指数の理解は重要となります。

本記事では、日本株式市場の株価指数を紹介し、それぞれの株価指数の算出方法・特徴・比較・連動するインデックスファンド & ETFなどを解説します。日本株価指数に関して辞書的に活用できるので、ブックマーク(このエントリーをはてなブックマークに追加)をしておくと便利です。

スポンサーリンク
レクタングル大

日経平均株価

日本株式クラスの株価指数の中で、歴史・認知度ともにあるのが、この「日経平均株価(日経225)」です。日経平均株価は、日本経済新聞社により算出される、東証一部約1700銘柄の株式のうち225銘柄から構成される 株価平均型 の株価指数(インデックス)です。

日経平均株価の算出方法と値動きの特徴



日経平均株価は、株価平均型と呼ばれる株価指数算出方法を用いています。株価平均型とは、単純に採用銘柄の株価を足し合わせて採用銘柄で割ったものです。つまり、採用銘柄の平均株価ということになります。

【例】A・B・C社、3つの株価を例に株価平均型の株価指数について解説します。

  • A社:5,000円
  • B社:2,000円
  • C社:500円

この場合、株価平均型の指数は、「(A社の株価+B社の株価+C社の株価)/ 3」で表します。よって、3社の平均株価指数は、

 (5,000 + 2,000 + 500)/3 = 2,500

となります。実際には「修正倍率」というものをかけて、指数の連続性を確保します。

算出方法の特徴により、日経平均株価は株価が大きい銘柄(ファーストリテイリングやソフトバンク)に左右されやすい性質があります。ちなみに、米国の代表的な株価指数ダウもこの計算方法を用いています。

以下は、日経平均株価の組入上位10銘柄です。実際に株価の高いファーストリテイリングやファナック、ソフトバンクの構成比が高くなっています。

銘柄名構成比
ファーストリテーリング9.1%
ファナック4.4%
ソフトバンク4.2%
KDDI3.6%
京セラ2.3%
アステラス製薬1.8%
セコム1.7%
ホンダ1.7%
ダイキン工業1.6%
日東電工1.6%

日経平均株価の入れ替え時期

日経平均株価は、年に1度(10月)に組み入れ銘柄の変更が公表されます。後に紹介するJPX400指数の採用銘柄が、ある程度機械的に決まり銘柄の入れ替えが読みやすいのに対して、日経平均株価の入れ替えは予想が立てにくい特徴があります。

そのため、入れ替え公表時期にはイベント投資などで盛り上がります。

日経平均株価をベンチーマークとするファンド

以下の表は、日経平均株価をベンチマークとするインデックスファンドとETFのコスト比較です。ニッセイ日経225インデックスファンドがコスト的に最も優れていることがわかります。購入手数料無料のうえ、信託報酬は年率0.25%と格安です。

ファンド名ファンドの種類売買手数料無料信託報酬 [%]
ニッセイ日経225インデックスファンドインデックスファンド無料0.25
日経225ノーロードオープンインデックスファンド無料0.81
日経225連動型上場投資信託(1321)ETF国内株式同様の手数料0.24
SMAM日経225上場投信(1397)ETF国内株式同様の手数料0.14
MAXIS日経225上場投信(1346)ETF国内株式同様の手数料
ただし、カブドットコム証券なら無料
0.17

参考 インデックスファンドとETFのコスト・利便性の比較は、以下をご参照ください。

ETFとインデックスファンドの違い・比較
皆さんはどのような金融商品を利用して投資を行っているでしょうか? インデックス投資では、インデックスファンドまたはET...

まとめ・参考資料

  • 日経平均株価は株価平均型の株価指数。
  • 株価の大きい大企業の株価に影響されやすい。
  • 輸送用機器や電気機器など景気に敏感に反応する銘柄が多く含まれる。
  • 日本株式市場の状況を敏感に察知するインデックス。
  • 日経平均株価をベンチーマークとするファンドは、ニッセイ日経225インデックスファンドがおすすめ。

参考 日経平均株価の詳しい情報(特徴・業種別全組入銘柄・連動ファンドの比較など)は、以下のをご覧ください。

日経平均株価(日経225)とは?TOPIXに並ぶ日本の代表的な株価指数を解説!
みなさまは、日本の株価指数といったら何を思い出すでしょうか? 日本株式市場の代表的な株価指数(インデックス)として、日...

TOPIX(トピックス:東証株価指数)

日経平均株価に並び有名な日本株価指数が東証株価指数(TOPIX)です。TOPIX(トピックス)とは、東京証券取引所1部(東証一部)の全銘柄(約1,700銘柄)から構成される 浮動株基準株価指数です。

TOPIXの算出方法と値動きの特徴



TOPIXは浮動株基準株価指数です。浮動株とは、企業の全ての発行済株式数のうち、実際に株式市場で売買可能な株式のことです。つまり、浮動株基準株価指数とは、市場で売買されている株式から計算される時価総額加重平均型指数(*1)ということになります。

(*1)時価総額加重平均型指数とは、日経平均株価のように単に株価を足し合わせて平均化した指数ではなく、株式の時価総額の大きさでウェイトした株価指数です。つまり、一般に株価が大きい企業よりも株式時価総額が大きい企業の値動きが重要になります。

TOPIXの値動きの特徴は、日経平均株価と比べて以下の二点に違いがあります。

  • 値動きが安定している(組入銘柄が約1,700と多いため)
  • 株式時価総額の大きい企業の株価が影響する。

銘柄数が多いことや時価総額でウェイトして指数を算出していることから、TOPIXはバランスのとれた指数となっています。以下のグラフは、TOPIXの業種別構成比です。各業種バランスよく配分されています。

TOPIX構成銘柄の業種別構成比

TOPIX構成銘柄の業種別構成比

このようにみると、分散の観点から、日本株式市場へのインデックス投資は、日経平均株価よりはTOPIXがおすすめです。

参考 日経平均株価とTOPIXの違いの詳細は、以下をご参照ください。

日経平均株価とTOPIXの違いとNT率
国内株式クラスにインデックス投資する場合、主に2つのインデックス投資対象があります。「日経平均株価」と「TOPIX」です。イ...

TOPIXの入れ替え時期

決まった入れ替え時期はありません。ある銘柄が東証一部に上場した時点でTOPIXに組み込まれます。

TOPIXをベンチーマークとするファンド

TOPIXをベンチーマークとするETFおよびインデックスファンドを紹介します。これらのファンドを利用することで、日本株式市場の約1,700銘柄へ分散投資することができます。

以下、TOPIXをベンチーマークとするETFの比較です。信託報酬が0.078%と最安でカブドットコム証券で無料売買可能なMAXIS トピックス上場投信(1348)が最もおすすめです。

コード銘柄信託報酬(年率)売買単位最低購入金額
(2015年7月7日時点)
出来高
1348MAXIS トピックス上場投信(1348)0.078 %10株16,790 円121,460
1305大和 上場TOPIX0.11 %10株17,130円205,480
1306野村 TOPIX連動型上場投信0.11 %10株16,900円3,798,520
1308日興 上場TOPIX0.088 %100株164,800 円128,000

MAXIS トピックス上場投信(1348)を国内で唯一売買手数料無料で取り扱うことができるカブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
カブドットコム証券

参考 MAXIS トピックス上場投信(1348)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-topic-free-etf-1348/

利便性を考えてインデックスファンドが良い場合、信託報酬が最も安く、購入手数料無料のニッセイTOPIXインデックスファンドが最もおすすめです。

ファンド名信託報酬
(実質コスト)
配当取り扱いインデックスとの差異過去1年間のリターン
(2015/9/30)
純資産
[百万円]
ニッセイTOPIXインデックスファンド0.29%
(初回決算待ち)
配当込み-0.1%-1,799
日本株式インデックスe0.37%
(0.38%)
配当込み-0.4%8.1%2,971
SMT TOPIXインデックス・オープン0.37%
(0.37%)
配当除く+1.6%8.0%9,779
eMAXIS TOPIXインデックスファンド0.40%
( 0.41%)
配当除く+1.6%8.0%25,282
野村インデックスファンド・TOPIX0.40%
(0.40%)
配当除く+1.6%8.0%1,650
インデックスファンドTOPIX(日本株式)0.62%
(0.63%)
配当除く+1.3%7.7%13,473

参考 ニッセイTOPIXインデックスファンドの詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/nissay-topix-indexfund/

まとめ・参考資料

  • TOPIXは、東証1部の全銘柄から構成される浮動株基準株価指数。
  • 各業種バランスのとれた構成比で安定した値動き。
  • 景気上昇局面では、日経平均株価より遅れて上昇する場合も。
  • TOPIXをベンチーマークとするファンドでは「MAXIS トピックス上場投信(1348)」が最もおすすめ。

参考 TOPIXのさらなる詳細は、以下をご参照ください。

TOPIX(東証株価指数)とは?指数の特徴、連動ETF・ファンド(投資信託:投信)を徹底解説!
TOPIX(東証株価指数)は、日経平均株価と日本株式市場を代表する株価指数(インデックス)です。日本だけでなく海外の投資家に...

JPX日経インデックス400

近年、注目を集めている日本株式市場の株価指数に「JPX日経インデックス400」があります。コーポレートガバナンスやGPIFの運用にとり入れられたことから注目が集まっています。

JPX400という指標は、株主資本利益率(ROE)という財務指標などを利用した スマートベータ型指数 です。スマートベータとは、インデックス運用でありながら、市場平均(ベータ)に打ち勝つ目的で設定されている指標で、財務指標や株価の連動率などをベースに計算される指数です。

参考 ROEやその他財務指標に関しては、以下をご参照ください。

投資初心者必見!投資を始める前に知っておきたい5つの投資・財務指標とその見方
基本となる2つの投資・財務指標 はじめに、投資の基本となる2つの指標、EPSとBPSについて解説します。投資に重要な指標の...

後述の銘柄選定法により選ばれた400銘柄を、浮動株調整時価総額加重平均(TOPIX型)した株価指数です。

JPX400の算出方法と値動きの特徴

JPX400の銘柄選定は、下図のような流れで行われます。

東証に上場している全銘柄(約3,500銘柄)から、適正基準や流動性基準のスクリーニング、定性・定量分析によるスコアリングにより、400銘柄を選定し、それらの銘柄で浮動株基準株価指数にします。

JPX400の銘柄選定の流れ(スクリーニングとスコアリング)

JPX400の銘柄選定の流れ(スクリーニングとスコアリング)



参考 各ステップの詳細は、こちらの記事をご参照ください。
JPX400銘柄選定の流れ

また、JPX400の値動きは、現在までのところTOPIXと似た値動きとなっています。

JPX400の入れ替え時期とその予想銘柄

JPX日経インデックス400は年1回銘柄入れ替えを行います。8月の第5営業日に銘柄が発表され、8月末に実施となります。本記事で紹介したように、銘柄選定方法がはっきりしているため、各証券会社の採用銘柄予想の的中率は高水準となっています。

参考 2015年の予想入替銘柄は、以下の表をご参照ください。
⇒ 2015年JPX400の採用銘柄入れ替えの予想

JPX日経インデックス400をベンチマークとするファンド

JPX400をベンチマークとするETFは以下の5つがあります。信託報酬が最安で、カブドットコム証券で売買手数料無料で取り扱っているMAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)が最もおすすめです。

コード銘柄売買単位最低購入金額
(2015年7月6日時点)
信託報酬(年率)出来高
1364iシェアーズJPX日経400ETF1株13,340 円0.17 %545
1591NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信1株14,760 円0.20 %106,442
1592上場インデックスファンドJPX 日経インデックス4001株1,334 円0.10 %201,023
1593MAXISJPX日経インデックス400上場投信1株14,930 円0.078 %27,840
1599ダイワ上場投信 JPX日経4001株14,880 円0.18 %5,209

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)を国内で唯一売買手数料無料で取り扱うことができるカブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
カブドットコム証券

参考 MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)の詳細は、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-jpx400-free-etf-1593/

以下は、JPX400をベンチマークとするインデックスファンドです。コストを考えるとやはり先に紹介したETF「MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)」がおすすめです。

ファンド名運用会社信託報酬(年率)
ニッセイJPX日経400インデックスファンドニッセイアセットマネジメント0.31 %
eMAXIS JPX日経400インデックス三菱UFJ国際投信0.40 %
野村インデックスファンド・JPX日経400野村アセットマネジメント0.40 %
JPX日経400インデックスファンドDIAMアセットマネジメント0.54 %
インデックスファンドJPX日経400日興アセットマネジメント0.55 %

まとめ・参考資料

  • JPX日経インデックス400は、高ROE銘柄などを機械的に選んだスマートベータ型の株価指数。
  • 値動きはTOPIXに似ている。
  • JPX400をベンチーマークとするファンドは、MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)がおすすめ。

参考JPX日経インデックス400の詳細は、以下をご参照ください。

高ROE銘柄からなる「JPX400」とは?銘柄選定基準、予想入れ替え、連動ETF・投信を解説!
2015年6月より日本ではコーポレートガバナンス・コードが適用され、企業の自己資本比率(ROE)などが注目されるようになりま...

MSCIジャパンインデックス

日本人投資家にはマイナーですが、外国人投資家が用い、また海外ETFの日本株式市場クラスとして使われる株価指数に「MSCIジャパンインデックス」があります。MSCIジャパンインデックスは、日本の約320企業の株式を時価総額比率で加重平均し指数化したものです。

MSCIジャパンインデックスの算出方法と値動きの特徴

MSCIジャパンインデックスは、時価総額・流動性の高い約320銘柄からなる浮動株基準株価指数(TOPIXと同じ方法)です。東証一部以外の銘柄が含まれていることが特徴です。

以下のグラフは、日経平均株価・TOPIX・MSCIジャパンインデックスの値動きの比較です。MSCIジャパンインデックスは、TOPIXに似た値動きをすることがわかります。

MSCIジャパン、TOPIXと日経平均株価の比較 作成:日興アセットマネジメント

MSCIジャパン、TOPIXと日経平均株価の比較
作成:日興アセットマネジメント

MSCIジャパンインデックスをベンチーマークとするETF

MSCIジャパンインデックスをベンチーマークとする金融商品は、海外ETFの「iシェアーズMSCIジャパンETF(EWJ)」があります。

iシェアーズ MSCI ジャパン ETF(EWJ)の特徴:

  • 売買手数料:証券会社による。(海外ETFおすすめ購入先参照。)
  • 信託報酬(経費率):0.32%
  • 売買単位:1株(2015年7月16日現在、1株あたり12.95ドル、約1,605円相当)
  • 決算:年2回(6・12月)
  • 償還日:無期限(設定日:1996年3月12日)
  • 純資産総額:約1兆7,000億円

MSCIジャパンインデックスの値動きはTOPIXのそれとよく似ている点、またTOPIXをベンチーマークとするファンドの方がコスト安い点から、TOPIXをベンチーマークとするファンド、特にMAXIS トピックス上場投信(1348)ETFをおすすめします。

まとめ・参考資料

  • MSCIジャパンは、海外投資家や海外ETFに使われる株価指数。
  • 日本の約320銘柄(東証一部以外も含む)からなる浮動株基準株価指数。
  • TOPIXのパフォーマンス(値動き)によく似ている。
  • MSCIジャパンをベンチーマークとするETFは、iシェアーズ MSCI ジャパン ETF(EWJ)があるが、TOPIXをベンチーマークとするMAXIS トピックス上場投信(1348)ETFがよりおすすめ。

参考 MSCIジャパンインデックスの詳細は、以下をご参照ください。

MSCIジャパンインデックスとは?海外で使われる日本株価指数の特徴・銘柄・ETFを徹底解説!
みなさまは、日本株式市場の株価指数(インデックス)というと何を連想するでしょうか? ほとんどの方が、日経平均株価やTO...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク