SBI証券、投資信託の買付&NISA枠利用のダブルキャンペーンで、総額200万円の現金プレゼント!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SBI証券、投資信託の買付&NISA枠利用のダブルキャンペーンで、総額200万円の現金プレゼント!

SBI証券、投資信託の買付&NISA枠利用のダブルキャンペーンで、総額200万円の現金プレゼント!



現在、SBI証券で投資信託の買付で現金がもらえるお得なキャンペーンが行われています。一般口座・特定口座、またNISA口座で、総額200万円が抽選で当たるキャンペーンです。

本記事では、現在SBI証券で行われている本キャンペーンの解説を行います。2015年の最後にボーナスなど投資に充てたいと考えている方には、ぜひ本キャンペーンをご利用ください。

参考 本キャンペーンに参加するには、SBI証券の口座開設(最短3日)が必要です。口座開設費・維持費など全て無料なので、この機会の口座開設がオススメです。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円の現金がもらえます(9月30日まで)
SBI証券

スポンサーリンク
レクタングル大

SBI証券のお得なダブルキャンペーン

2015年12月現在、SBI証券では、以下2つのおトクなキャンペーンを行っています。インデックスファンドなど投資信託を購入予定の方、またNISA枠(100万円)を未使用の方は、ぜひSBI証券のキャンペーンを利用しましょう。

参考 NISAについての詳細は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

SBI証券のキャンペーン:

  • 一般・特定口座の投資信託の買付で525名に総額100万円プレゼント(12月日まで)
  • 2015年のNISA枠利用で213名に総額100万円プレゼント

両キャンペーンとも、自動エントリーとなるため特別な応募はいりませんが、SBI証券の口座をお持ちでない方は、SBI証券の口座開設が必要です。最短3営業日で口座開設が完了するので、口座をお持ちでない方も、まだまだ間に合います!

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円の現金がもらえます(9月30日まで)
SBI証券

また、本ブログでのSBI証券の解説・評価は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

以下、両キャンペーンの詳しい内容を紹介します。

一般・特定口座の投資信託の買付で525名に総額100万円プレゼントの内容・詳細

一般口座、また特定口座で、投資信託を買付された方の中から、抽選で525名様に総額100万円がプレゼントされます。キャンペーン期間・概要は、以下のようになります。

  • キャンペーン期間:2015年12月1日〜2015年12月30日
  • 対象ファンド:SBI証券で取り扱う国内公募株式投資ファンド(MMF、MRF、中国F、ETF、REIT等は除く)
  • プレゼント入金期間:2016年1月下旬予定

プレゼント内容

キャンペーン期間に、買付金額などを以下の条件で行うと。抽選口数やプレゼント金額が決定します。

対象取引抽選券当選人数プレゼント金額
20万円以上購入20万円につき1口25名1万円
5万円以上購入5万円につき1口500名1,500円

その他・注意点など

応募不要!

本キャンペーンは自動エントリーです。対象者が対象取引をすれば自動でキャンペーンにエントリーされます。特に、応募などは必要ありません。

期間中の応募合計金額によってプレゼント内容が異なる!

一度の購入金額でなく、キャンペーン期間中の買付合計金額でプレゼント内容が変わります。例えば、5万円の購入をキャンペーン期間に4回行い、合計買付金額が20万円となれば、1万円あたるチャンスがうまれます。

参考 本キャンペーンに参加するには、SBI証券の口座開設(最短3日)が必要です。口座開設費・維持費など全て無料なので、この機会の口座開設がオススメです。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円の現金がもらえます(9月30日まで)
SBI証券

2015年のNISA枠利用で213名に総額100万円プレゼントの内容・詳細

NISA枠の利用をされた方の中から、抽選で213(二・イ・サ)名様に総額100万円がプレゼントされます。キャンペーン期間・概要は、以下のようになります。

参考 NISAについての詳細は、以下をご参照ください。

NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!
少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)とは、株式や投資信託などの運用益・配当金を一定額 非課税 にする制度です。2014年1...

  • 対象者:インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースを利用している個人
  • キャンペーン期間:NISA対象商品の年内最終約定日
  • 概要:2015年中に、NISA預かりで投信を1万円以上買付け、かつ2015年のNISA非課税投資枠を50万円以上利用している方の中から抽選で213名に現金をプレゼント!
  • プレゼント入金期間:2016年1月下旬予定

SBI証券のNISA口座における投資信託・株式は売買手数料無料(海外株式・ETFは買付のみ無料)なので、かなりお得なキャンペーンです。

SBI証券、NISA口座での国内株式売買手数料・海外ETF購入手数料無料を恒久化へ!
NISAのスタート以降、SBI証券では、NISA口座内の国内株式売買手数料と海外ETF購入手数料が無料でしたが、この度、20...

プレゼント内容

本キャンペーンのプレゼント内容と抽選者数は、以下のようになります。3人に10万円のチャンスがありますね。

 プレゼント当選人数
1等100,000円3名
2等50,000円5名
3等10,000円5名
4等5,000円50名
5等1,000円150名

抽選口数の決定法

プレゼント応募の抽選口は、以下のように、2015年の非課税投資可能枠(残りのNISA買付余力)の金額で決まります。つまり、NISA枠100万円をできるだけ使えば、抽選口数が増え、当選確率が相対的に上がることになります。

残りのNISA投資可能枠抽選口数
0~99,999円5口
10,0000~199,999円4口
20,0000~299,999円3口
30,0000~399,999円2口
40,0000~50,0000円1口
500,001円以上0口

その他・注意点

応募不要!

本キャンペーンは自動エントリーです。対象者が対象取引をすれば自動でキャンペーンにエントリーされます。特に、応募などは必要ありません。

残りのNISA投資枠が50万円以上の人は、対象外!

キャンペーン概要や抽選口の項でも述べたように、2015年のNISA投資枠を50万円以上使わなければ、キャンペーンの対象外となります。

対面コースはキャンペーン対象外!

対面コースはキャンペーン対象外なので、インターネットなどを利用すると良いでしょう。

NISA商品の年内約定日に注意!

NISA商品の年内約定日が若干特殊なので、年内約定日に注意しましょう!

国内株式:
⇒ 2015年最終約定日:2015年12月25日

国内株式(PTSナイトセッション):
⇒ 2015年最終約定日:2015年12月24日

投資信託:
⇒ 2015年最終約定日:海外資産ファンドは2015年12月24日、国内資産ファンドは2015年12月25日

外国株式:

  • 米国株:2015年12月24日
  • 香港株:2015年12月24日
  • 韓国株:2015年12月24日
  • ロシア株:2015年12月24日
  • ベトナム株:2015年12月24日
  • インドネシア株:2015年12月23日
  • シンガポール株:2015年12月24日
  • タイ株:2015年12月24日
  • マレーシア株:2015年12月23日

ここまで紹介してきたように、本キャンペーンを利用し投資を行うことで、現金獲得の大きなチャンスとなります。NISA枠の余っている方、投資信託を購入予定の方などは、本キャンペーンを利用してみてください!

参考 投資信託でお迷いの方は、以下をご参照ください。

インデックスファンド解説!特徴・おすすめファンド・比較・一覧など
インデックスファンドとは、市場平均と同じ投資パフォーマンスを目指す金融商品です。我々投資家は、日経平均株価・TOPIX・S&...
おすすめインデックスファンド一覧【投資クラス別】
インデックスファンドは、低コストや利便性の高さ、また商品やパフォーマンスのわかりやすさから、多くの投資家に人気のある金融商品...

本記事で紹介したSBI証券は、各種おトクなキャンペーンの他、高還元率のポイントプログラムや利便性の高い取引方法など、他社にはないメリットがたくさんあります。インデックス投資に必要な商品は、全て揃いますので、まだ口座をお持ちでない方は、口座開設を検討してみても良いでしょう。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円の現金がもらえます(9月30日まで)
SBI証券

また、本ブログでのSBI証券の解説・評価は、以下をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク