楽天みらいファンドの解説・評価 | インデックス投資で資産運用

楽天みらいファンドの解説・評価

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

楽天みらいファンドの解説・評価

楽天みらいファンドの解説・評価



楽天みらいファンドは、全世界(先進国・新興国)の株式・債券市場を投資対象とするアクティブ型バランスファンドです。楽天スマートコストα(アルファ)の一つとして、アクティブファンドでありながら、信託報酬0.2%と低コストのファンド(投資信託)です。

本記事では、楽天みらいファンドの評価・解説を行います。ファンドの特徴、構成比、コスト、分配金、他ファンドとの比較を解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

楽天みらいファンドの特徴・評価

楽天みらいファンドは、は、全世界(先進主要国・新興国)の株式、高利回り社債や債券に分散投資するアクティブ型バランスファンドです。長期保有リスクの抑制のため、先進国為替ヘッジを行うことを基本としています。

楽天みらいファンドの特徴:

  • ベンチマーク:なし(全世界の株式・債券・高利回り社債、先進国資産は為替ヘッジ)
  • 購入手数料:楽天証券無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):0.20%(保管費用なども含めた実質コスト:1.02%)
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券で最低500円から積立投資可能)
  • 決算:年1回(決算月は1月20日。休日の場合、翌営業日。)
  • 信託期間:無期限(設定日:2013年4月2日)
  • 信託財産留保額:なし
  • 販売会社:楽天証券のみ

以下、本ファンドのコスト、配当金・分配金、また評価などを解説します(楽天証券のデータを基に作成)

資産配分

本ファンドの資産構成比率は、以下のグラフ・表のようになっています。世界最大の株式市場である米国株式の比率が高めとなっています。その他、主要先進国・新興国株式、高利回り社債・新興国債券、また暴落時のヘッジとしてボラティリティ関連の資産も配分しています。

楽天みらいファンドの資産配分

楽天みらいファンドの資産配分

資産構成比
米国株式35%
英国株式5%
ユーロ株5%
日本株5%
新興国株式10%
高利回り社債・新興国債券20%
ボラティリティ関連運用20%

組み入れ銘柄

下表は、本ファンドの資産クラス別の組み入れ銘柄とその構成比です。組み入れ銘柄は、各資産クラスを投資対象とするETFとなっています。

投資クラス銘柄構成比ベンチマーク
米国株式iシェアーズ・コアS&P500ETF(IVV)30%S&P500指数
iシェアーズ・コアS&P中型株ETF5%S&P MidCap 400インデックス
英国株式iシェアーズ・コアFTSE100 UCITS ETF5.1%FTSE100指数
ユーロ株式iシェアーズユーロ・ストックス50UCITS ETF(EUE)5.0%ユーロ・ストックス50指数
日本株式TOPIX連動型上場投信5.0%TOPIX
新興国株式シュワブ・エマージング・マーケット株式ETF10.3%FTSEエマージング・インデックス
高利回り社債/新興国債券iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債UCITS ETF14.7%iBoxx米ドル建リキッド・ハイ・イールド指数 + Markit iBoxx米ドル建リキッド・ハイ・イールド・キャップト指数(トータル・リターン)
iシェアーズ JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 UCITS ETF4.9%JPモルガンEMBIグローバル・コア指数
ボラリティリティ楽天ボラティリティファンド
(適格機関投資家専用)
19.2%
短期金融資産0.9%

コスト:購入手数料、信託報酬および実質コスト

購入手数料は、無料(ノーロード)です。信託報酬は年率0.20%(税抜)と低コストです。ただし、管理費やファンドの超過額の12%(税抜)に成功報酬がかかります(上限は一計算期間につきハイ・ウォーターマークの1.00%)。そのため実質コストは0.99%と高水準になっています。

このように、実質のコストまで考えると、コストがけして安いとは言えません。全世界の株式・債券市場にバランスファンドを用いて投資するのであれば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンドが低コストでオススメです。

参考 バランスファンドの比較は、以下をご参照ください。

バランスファンドとは?メリット・デメリットと各ファンドの比較。
バランスファンドとは、ファンド1本で、世界中の株式・債券・不動産などの多様な投資対象に投資できるファンドです。 ファン...

また、信託報酬0.14%のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(信託報酬:0.25%)を利用することで、低コストで全世界の株式市場に分散投資が行えます。

参考 全世界の株式市場への投資を目的としたファンド比較は、以下をご参照ください。

全世界株式クラスのインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンド・比較など
全世界株式クラスのインデックスファンド・ETFは、その1商品を購入・保有するだけで、全世界の先進国・新興国に分散投資ができる...

コストを抑えたオススメ購入先

楽天みらいファンドが購入可能なのは、楽天証券のみです。ファンド保有時に年率最大0.048%のポイントバックがもらえるため、お得に運用することが行えます。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます(9月30日)まで
楽天証券の詳細確認・無料口座開設

楽天証券

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク