楽天銀行1週間定期預金の優遇金利が0.5%へ!(9/28まで) | インデックス投資で資産運用

楽天銀行1週間定期預金の優遇金利が0.5%へ!(9/28まで)

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

楽天銀行1週間定期預金の優遇金利が0.5%へ!(9/28まで)

楽天銀行1週間定期預金の優遇金利が0.5%へ!(9/28まで)



楽天銀行の1週間定期預金金利(優遇金利適用者のみ)が、0.5%へアップします(9/28まで)ので、お知らせさせていただきます。(私もさっそく、数口申し込みました。)

本記事では、楽天銀行1週間定期の特徴・メリットなどを振り返り、今回のキャンペーンの内容を紹介します。また、短期定期預金だからこそ可能な節税方法についても公開します。本キャンペーンを効果的に利用しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

楽天銀行超短期定期預金とそのメリット

楽天銀行の1週間定期預金は、生活費・無リスク資産・生活防衛金を運用するのに効果的な金融商品です。金利が高いこと、また預け入れ期間が短い点がメリットです。また、後に述べる、節税メリットも短期定期預金の重要なメリットです。

楽天銀行の普通預金金利(マネーブリッジ後)は0.1%と、他行と比べて高金利ですが、短期定期預金を用いることで、さらに効率的な運用を行うことができます。

参考 楽天銀行の普通預金金利を通常の5倍(0.1%)にする方法(マネーブリッジ)は、以下をご参照ください。

楽天証券マネーブリッジ。楽天銀行の普通預金の金利を5倍にする方法!
本記事では、楽天銀行 の普通預金金利を5倍の0.1%にする方法「マネーブリッジ」を紹介します。楽天銀行は、金利・手数料ともす...

また、マネーブリッジの公式ページでの説明は、以下をご参照ください。
楽天証券 マネーブリッジ

楽天銀行短期定期預金のキャンペーン内容

9/28まで行われている、楽天銀行1週間定期金利キャンペーンでは、優遇者もみ金利が0.5%へアップします。大変お得な内容となっているので、後述する節税方法と合わせて、お申し込みください。

参考 楽天銀行短期定期預金の申込方法とその詳細な手順は、以下をご参照ください。

楽天銀行(1週間)短期定期預金の申込方法と注意点

優遇金利とは?

優遇金利とは、楽天銀行が定めるある条件をクリアした方への、優遇金利です。条件の内容は、楽天銀行に給料振り込みを行っていたり、マネーブリッジをしていたりなどのようです。(明らかにされていません。)私は、給料振り込みとマネーブリッジのいずれも行っています。現在まで、金利アップキャンペーン時は優遇金利を得ています。

短期預金特有の節税効果を最大限利用する預金方法

ここでは、1週間定期預金をさらにお得に活用する方法を紹介します。預け入れ額の調整で、利子にかかる税金を安くする(節税する)方法です。

参考 短期預金での節税の原理や詳しい方法は、以下をご参照ください。

楽天銀行などの1週間短期預金で節税するお得ワザ
日々の生活費、無リスク資産や生活防衛金の有用な運用先に、短期定期預金(預け入れ期間1・2週間)があります。 本記事では...

以下、節税のポイントと具体的な方法(預入額)を紹介します。

金利0.3%の場合、預入額を104,286円にする。

本来104,286円を預けた場合、利息6円(=104,286円×0.3%×7日÷365日)に対して税金がかかります。

その税金は、以下のように1円かかるように思います。

6円×20.315%=1.2189円=(1円未満切り捨て)1円

しかし、実際は、所得税と住民税は別々に計算されます。← 重要なポイント

そのため、以下のように所得税・住民税はなんと0円になります。

  • 所得税 =6円×15.315%=0.9189円(1円未満切り捨て)→ 0円
  • 住民税 =6円×5.000%=0.3円(1円未満切り捨て)→ 0円

そのため、結果的に税金が0円になりますので、利子6円がそのまま受け取れます。

金利0.5%の場合、預入額を135,572円にする。

金利0.3%の場合と同様に考えると、金利0.5%の場合、預入額を135,572円にするのがベストです。利息13円に対して、税金は1円で済み、12円を税引き後の利息として受け取れます。

  • 所得税 = 13円×15.315% = 1.991円(1円未満切り捨て)→ 1円
  • 住民税 = 13円×5.000% = 0.65円(1円未満切り捨て)→ 0円

本方法は、短期定期預金で利息がそれほど大きくないためにできる節税方法です。

預金額口を小分けにする

上で紹介した方法を応用すると、預入額を上の金額にして、何口も短期定期預金を行うとお得なことがわかります。例えば、100万円を1週間定期金利0.5%で運用をすることを考えます。

100万円をそのまま預けた場合

  • 利息(税引前)= 1,000,000円×0.5%×7日÷365日 = 95.89円 (切り捨て) → 95円
  • 所得税 = 95.89円×15.315% = 14.6856(切り捨て) → 14円
  • 住民税 = 95.89円×5.000% = 4.79(切り捨て) → 4円
  • 利息(税引後)= 95円 – (14円 + 4円) = 77円

100万円を小口に分けて預けた場合

楽天銀行の1週間定期金利0.5%場合、135,572円がベスト預け入れ金額でした。100万円預け入れたい場合、7口まで定期口座を申し込むことができます。

  • 1口あたりの利息(税引後)= 12円
  • 7口あたりの利息(税引後)= 84円 (←12円×7口)
    小口で申し込むことで、7円(84円-77円)お得になります。

参照 楽天銀行の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行うことができます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧になってみてください。
楽天銀行

また、楽天銀行の特徴(メリット・デメリットなど)は、以下の記事をご参照ください。

楽天銀行の評価(メリット・デメリットなど)

楽天銀行定期預金のまとめ

  • 生活費・無リスク資産・生活防衛金の運用は、短期定期預金がおすすめ。
  • 楽天銀行の定期預金キャンペーンで、1週間定期金利が優遇金利が0.5%!
  • ベストな預入額を設定すれば、節税効果で、さらにお得に。

本記事で紹介した楽天証券・楽天銀行は、以下の公式ページから詳細確認・無料口座開設が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク