7月の人気記事ランキング!人気記事から政治・経済・投資の動向と読者の方々の反響を知る! | インデックス投資で資産運用

7月の人気記事ランキング!人気記事から政治・経済・投資の動向と読者の方々の反響を知る!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

7月の人気記事ランキング!人気記事から政治・経済・投資の動向と読者の方々の反響を知る。

7月の人気記事ランキング!人気記事から政治・経済・投資の動向と読者の方々の反響を知る。



みなさま、8月に入り、いかがお凄しでしょうか?7月終わりましたが、夏の暑さは衰えることを知りません。

本記事では、7月の本ブログ人気記事(アクセスが多かった記事)を紹介します。人気記事を知ることで、政治・経済・投資の動向を探り、読者の方々の反響を知ることができます。

スポンサーリンク

7月の人気記事トップ5

さっそく、7月の人気記事トップ5を第5位から発表します。

第5位 人気のフリーETF「SPDR S&P500 ETF(1557)」の配当金・分配金の記事

第5位は、カブドットコム証券で売買手数料無料(フリーETF)の低コスト(信託報酬:年率0.0945%)SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金・分配金に関する記事でした。

SPDR S&P500 ETF(1557)の分配金受取が6月だったこと、また本ETFの分配金は日米で課税されている点、その課税システムに関して「外国税額控除」も含めて解説していることなどから、本記事のアクセスが伸びたのでしょう。

【概要】
SPDR S&P500 ETFの分配金利回りや決算日の制度を振り返り、直近の分配金額に関してレポートしました。また、日米で上場しているSPDR S&P500 ETFの特殊な課税システムも解説しています。

SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金(分配金)とその税金について
SPDR S&P500 ETF(1557)は、その信託報酬の安さ(年率:0.0945%)とカブドットコム証券でフリーETFとして...

第4位 投資・資産運用で最も重要な「アセットアロケーションの決め方」に関する記事

第4位は、投資パフォーマンスの8割を決める「資産配分(アセットアロケーション)の決め方」に関する記事でした。ギリシャ問題・中国バブルなどの相場急落などを背景に、アセットアロケーションのリスク計算の重要性が再認識されているのでしょう。

【概要】
アセットアロケーションの重要性だけでなく、その決め方を具体的に解説します。アセットクラス毎のリスク・リターン、またアセットクラス間の相関係数などを、実際の計算例を基に、解説しています。本記事を読めば、アセットアロケーションを自分で決めることができるようになります。

資産運用の肝「資産配分(アセットアロケーション)の決め方」
本記事は、インデックス投資家育成塾シリーズの記事となります。本記事単体でも、読むことができますので、ぜひご覧下さい。 本記...

第3位 8月に銘柄入れ替え発表を控える「JPX日経400」に関する記事

第3位は、JPX日経インデックス400に関する記事でした。ROEなどの財務指標に注目した投資が熱を帯びている点やJPX日経インデックス400の銘柄入れ替え公表が間近に控えている点などから本記事に注目が集まりました。

【概要】

JPX日経インデックス400(JPX400)の銘柄選定方法・指数計算法、2015年8月の予想入替銘柄、またJPX400をベンチマークとする低コストETF・インデックスファンドの紹介を行っています。この記事で、JPX400に関する情報を網羅的に知ることができます。

高ROE銘柄からなる「JPX400」とは?銘柄選定基準、予想入れ替え、連動ETF・投信を解説!
2015年6月より日本ではコーポレートガバナンス・コードが適用され、企業の自己資本比率(ROE)などが注目されるようになりま...

参考 JPX400に売買手数料無料で投資できる低コストETFは、以下をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/maxis-jpx400-free-etf-1593/

第2位 新興国のETFとインデックスファンドの比較記事

新興国株式クラスの低コストETFとインデックスファンドの保有期間別のコスト比較を扱った記事が、第2位となりました。コストは確実なマイナスリターンとなるため、信託報酬などの保有コストを抑えたい方が多いようです。

【概要】
新興国株式クラスで最低コストのインデックスファンド「EXE-i 新興国株式ファンド」と同様に最低コストのETF「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF(VWO)」の運用コスト比較を運用期間別に算出しています。本記事をよめば、自分の運用手法で最低コストの投資を行うことができます。また、お得な保有証券会社もわかります。

ETFとインデックスファンドでどっちが良いか迷っている方へ。運用期間別の投資コストからみる金融商品選び【新興国株式ファンド編】
皆様は、どのようなポイントで、ファンドやETFを選ぶでしょうか?アセットクラス・投資先のインデックスが決まっている場合、ファ...

参考 本記事で比較するETFとインデックスファンドの詳細記事は、以下をご参照ください。

第1位 ETFとインデックスファンドのコスト比較

コスト比較に関する記事が1位・2位を独占しました。投資家や読者の方々の投資に対する意識の高さが伺えます。また、本記事はモッティーさんのブログでも紹介していただきました。

積立コスト比較!ETF vs インデックスファンド。どっちがお得?
皆様は、インデックスファンドやETFをどのように使い分けているでしょうか? 本ブログでは、これまで「インデックスファン...

【概要】

先進国やグロバーバル株式クラスで最低コストのインデックスファンド「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と同様に最低コストのETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」の運用コスト比較を運用期間別に算出しています。本記事をよめば、自分の運用手法で最低コストの投資を行うことができます。また、お得な保有証券会社もわかります。

参考 本記事で比較するETFとインデックスファンドの詳細記事は、以下をご参照ください。

週間人気ランキング・カテゴリー別人気ランキングについて

本ブログでは、随時「週間人気記事ランキング」および「カテゴリー別人気記事ランキング」を右カラム(サイドバー)で公開しています。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。リアルタイムでランキングが更新されています。

週間人気記事・カテゴリー別人気記事の配置

週間人気記事・カテゴリー別人気記事の配置

7月人気記事のまとめ

  • 7月の人気記事から、政治・経済・投資や読者の方の動向を振り返りました。
  • JPX400の入れ替え発表を控えて、JPX400に関する記事も人気でした。
  • また、インデックスファンド・ETFのコスト比較に関する記事がよく読まれました。
    ⇒ 投資家の方々のコスト意識の高さの現れです!

最後までご覧いただきありがとうございます。本記事も皆様のアクセスあってのものです。今後とも皆様に有用な情報を発信していけるよう精進して参ります。ぜひ、またブログに遊びにきてください。

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大