カブドットコム証券、たわらノーロードシリーズ・三井住友旧DCファンドシリーズの取り扱いを開始! | インデックス投資で資産運用

カブドットコム証券、たわらノーロードシリーズ・三井住友旧DCファンドシリーズの取り扱いを開始!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

カブドットコム証券、たわらノーロードシリーズ・三井住友旧DCファンドシリーズの取り扱いを開始!

カブドットコム証券、たわらノーロードシリーズ・三井住友旧DCファンドシリーズの取り扱いを開始!



カブドットコム証券が、超低コストファンドの新興勢力として人気・知名度ともに上昇中のたわらノーロードシリーズ、また三井住友・DCインデックスシリーズの販売を開始します。それぞれ、2015年12月21日(月)および12月28日(月)から販売開始となります。

本記事では、たわらノーロードシリーズ、三井住友・DCインデックスシリーズの特徴を解説し、またカブドットコム証券の特徴やこの度の新規ファンド販売開始の詳細を解説します。

参考 DIAMアセット・三井住友アセットの低信託報酬インデックスファンド新規取扱開始

スポンサーリンク
レクタングル大

超低コストシリーズ、たわらノーロード、三井住友・DCインデックスについて

はじめに、この度カブドットコム証券で販売が開始されることになった、2つのファンドシリーズについて簡単に解説致します。

たわらノーロードシリーズ

たわらノーロードシリーズは、DIAMアセットマネジメントが運用するインデックスファンドのシリーズです。国内・海外の株式・債券・REIT市場、多種多様な資産クラスに超低コストで分散投資ができます。

低コストインデックスファンドとしては、ニッセイインデックスファンドシリーズ三井住友・DCインデックスファンドシリーズなども有名ですが、たわらノーロードはそれらのシリーズと同程度かそれを上回る低コスト水準を実現しています。

参考 ニッセイインデックスファンドシリーズの詳細は、以下をご参照ください。

ニッセイインデックスファンドシリーズ一覧
ニッセイインデックスファンドシリーズ は、低コストで国内外の株式・債券・不動産市場に投資できるインデックスファンドを多数提供...

下表は、たわらノーロードシリーズの銘柄と信託報酬、ベンチマーク一覧です。国内・海外の株式・債券・不動産投資信託(REIT)に分散投資が可能です。

銘柄名信託報酬
(年率)
ベンチマーク
たわらノーロード日経2250.195%日経平均株価(日経225)
たわらノーロード国内債券0.150%NOMURA-BPI総合指数
たわらノーロード国内リート0.300%東証REIT指数
たわらノーロード先進国株式0.225%MSCIコクサイ
たわらノーロード先進国債券0.200%シティ世界国債インデックス
たわらノーロード先進国リート0.350%S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み)
たわらノーロード新興国株式0.495%MSCIエマージング・マーケット・インデックス

*資産クラス内で最安ファンドの場合、色付き太字。

ほぼ、全ての投資クラスでコスト最安となっています。先進国株式・国内リート・先進国リートは、単独最安ファンドです。また、国内債券・先進国債券は、ニッセイインデックスファンドシリーズと並び最安コストとなっています。日本株式クラスは、1月8日より設定される日経225インデックスe(信託報酬:0.19%)に次ぐ水準です。

参考 たわらノーロードシリーズの詳細・銘柄解説などは、以下をご参照ください。

たわらノーロードシリーズの特徴・ファンド一覧
たわらノーロードシリーズは、ニッセイインデックスファンドシリーズ・三井住友・DCインデックスファンドシリーズと並ぶ、超低コス...

三井住友旧DCインデックスファンドシリーズ

三井住友・DCインデックスファンドシリーズは、三井住友アセットマネジメントが運用する旧DC専用インデックスファンドです。2015年より一般向けに販売が開始されています。本シリーズのファンドの信託報酬は、そのほとんどが0.1%~0.2%と超低コストとなっています。

本シリーズには、国内外の株式・債券に分散投資するバランス型ファンド三井住友・DC年金バランス(マイパッケージ)シリーズ」、また各投資クラス別のインデックスファンドがそれぞれ4ファンド、計8ファンドがあります。

今回、カブドットコム証券では、以下の各投資クラス別のインデックスファンド4本の販売が開始されます。(マイパッケージシリーズの取り扱いは、楽天証券のみ)

ファンド名ベンチマーク信託報酬実質コスト
(信託報酬+諸経費)
信託財産留保額純資産
三井住友・日本債券インデックスファンドNOMURA-BPI総合0.16%0.16%なし29.74 億円
三井住友・DC外国債券インデックスファンドシティ世界国債インデックス(除く日本)0.21%0.24%0.2%
(購入時0.1%、解約時0.1%)
506.8 億円
三井住友・DC全海外株式インデックスファンドMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)0.25%0.36%なし4.21 億円
三井住友・DC新興国株式インデックスファンドMSCIエマージング・マーケット・インデックス0.56%0.89なし1.16 億円

国内外の債券クラスは、たわらノーロードシリーズやニッセイ国内債券インデックスファンドニッセイ外国債券インデックスファンドのコストと比べ割高ですが、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドは、海外全株式クラスで最安ファンドとなります。

参考 三井住友旧DCインデックスシリーズの詳細・銘柄解説などは、以下をご参照ください。

三井住友・DCインデックスファンドシリーズの特徴・解説とファンド一覧
三井住友・DCインデックスファンドシリーズは、2015年から確定拠出年金(DC)だけでなく、一般に買付が可能になったファンド...

カブドットコム証券、たわらノーロード・三井住友旧DCシリーズの販売開始!

はじめに、カブドットコム証券の特徴を振り返ります。その後で、この度の新規ファンドの販売開始に関して解説致します。

カブドットコム証券の特徴

カブドットコム証券 は、三菱UFJグループの証券会社です。証券会社としては母体の規模が大きい部類です。株・FX・投資信託・CFDなど幅広い金融商品を取り扱っています。

我々インデックス投資家にとっては、売買手数料無料のフリーETFが売買できる証券会社として、大変人気があります。実際、私もフリーETFであるMAXISトピックス上場投信(1348)SPDR S&P 500 ETF(1557)を保有しています。

参考 フリーETFの詳細や銘柄一覧は、以下をご参照ください。

フリーETF(カブドットコム証券)とは?フリーETFの解説と銘柄一覧
フリーETF とは、ETFでありながら 売買手数料無料 のETFのことです。国内でカブドットコム証券が唯一本サービスを提供し...

また、一般制度信用取引銘柄などがたくさんあるため、株主優待を目的とした投資家に人気のある証券会社でもあります。

参考 カブドットコム証券の無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
カブドットコム証券

また、本ブログでのカブドットコム証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

カブドットコム証券のメリット・デメリット
皆さんは、どのような基準で証券会社を選んでいるでしょうか?私が証券会社を選ぶ際、最重要視するポイントは、コスト(売買手数料など)...

カブドットコム証券の新規取り扱い

冒頭でもお伝えしたように、上述した超低コストファンドの新興勢力として人気・知名度ともに上昇中のインデックスファンドシリーズの取り扱いを開始します。

カブドットコム証券の取り扱い開始により、各シリーズの販売会社は、それぞれ以下のようになります。

たわらノーロードシリーズ:

三井住友・旧DCシリーズ:

  • 楽天証券
  • カブドットコム証券

この中で、最もオススメできる証券会社はズバリ、楽天証券です。両ファンドシリーズを提供し、さらにファンド保有時に、ファンド残高年率0.048%のポイントキャッシュバックを受けることができます。ポイントキャッシュバックによりファンドの実質コストを下げることができます。例えば、たわらノーロード先進国株式の場合、信託報酬ーポイント = 0.225% – 0.048% で、実質0.177%でファンドを保有できます!

カブドットコム証券も同様のポイントサービスはありますが、本2シリーズはポイント付与対象外となっています。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大17万円相当のポイントがもらえます(9月30日まで)。
楽天証券の詳細確認・無料口座開設

また、本ブログでの楽天証券の評価・開設は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット
楽天証券 は、1大経済圏を形成する楽天グループの証券会社です。サービス開始から多くの投資家に愛用されており、SBI証券と並ぶ2大...

楽天証券

手数料値下げも!

また、カブドットコム証券では、2015年11月に入り手数料の引き下げを行う等、投資商品の充実だけでなく投資コストの引き下げも積極的に行っています。GMOクリック証券の値下げ程ではありませんが、今後も利便性・コストを追求していほしいと思います。

参考 カブドットコム証券の手数料引き下げの詳細は、以下をご参照ください。

カブドットコム証券、株式売買手数料を改定(11月4日から)!約定代金50万円以下で業界最安水準へ!
カブドットコム証券が、2015年11月4日より、現物株式売買手数料を改定します。今回の手数料改定により、低価格(約定代金が5...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

楽天証券

参考 現在行われている、お得な口座開設キャンペーンは、以下をご参照ください。