iTrustシリーズとは?ピクテのネット専用低コスト購入手数料無料(ノーロード)投資信託・ファンド

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

iTrustシリーズとは?ピクテのネット専用低コスト購入手数料無料(ノーロード)投資信託・ファンド

iTrustシリーズとは?ピクテのネット専用低コスト購入手数料無料(ノーロード)投資信託・ファンド



ピクテ投信が、超低コストノーロードアクティブファンド「iTrust」シリーズの販売を開始しました。アクティブファンドとしては、異例の超低コストファンドシリーズとなっており、投資家の運用の選択肢を広げる大変素晴らしい投資商品となっています。

本記事では、iTrustシリーズの特徴や魅力、またiTrustシリーズのファンドを解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

iTrustシリーズとは?

iTrustシリーズとは、ピクテ投信が新たに販売を開始した、超低コストアクティブファンドシリーズです。最大の特徴は、アクティブファンドでありながら、破格の低コストを実現している点です。購入手数料は無料(ノーロード)です。また、ファンド保有時にかかる信託報酬は年率0~1%台です。

既存のアクティブファンドは、信託報酬が2%程度は当たり前といった水準でした。そのため、コストが高い分、トータルの運用パフォーマンス(コストを差し引いたリターン)は、低コストインデックスファンドと比べて、総じて低い傾向にありました。

参考 インデックスファンドとアクティブファンドの比較は、以下をご参照ください。

インデックス運用が最強な理由「プロの投資家でも市場平均に勝つのは難しい」
インデックス投資家育成塾シリーズ前回の記事では「長期分散」「低コスト」「管理のしやすさ」という観点から、インデックス運用の優位性につ...

しかし、今回登場したiTrustは、信託報酬が2%を切る水準となっており、コストによるパフォーマンスの低下を抑えることができます。また、以下紹介するように、全世界のグローバル優良企業への分散投資、また成長産業への厳選投資などパフォーマンスが期待できる投資信託(ファンド)シリーズとなっています。

iTrustシリーズの低コストファンド

iTrustシリーズには、以下の3本のファンドがあります。どのファンドも楽天証券SBI証券などのネット証券から手数料無料(ノーロード)で購入することができます。また、信託報酬も、アクティブファンドとしては、驚きの0~1%台の超低コストとなっています。

コストだけでなく、パフォーマンスにおいても、全てのファンドが参考指標となっている全世界株価指数であるMSCI世界株価指数(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス:ACWI)を上回っています。信託報酬分を控除しても高いパフォーマンスということがわかります(将来のパフォーマンスを保証するものではありません)。

ファンド名信託報酬特徴
iTrust世界株式0.89%日本を含む世界中(先進国、新興国)の高い競争優位性をもつグローバル優良企業の株式に投資
過去のパフォーマンスは、ACWIと比べて+1.87%
iTrustバイオ1.33%成長市場であるバイオ医薬品市場に厳選投資
2000年来のパフォーマンスは、ACWIと比べて、+6.82%の超過。
iTrustロボ1.33%年率10%で市場拡大をすることが期待されるロボティクス市場への選別投資。
過去10年のパフォーマンスは、ACWIと比べて、+2.63%の超過。

以下、それぞれのファンドを簡単に紹介します。

iTrust世界株式

iTrust世界株式は、MSCI世界株価指数(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス)(円換算ベース、ネット配当込み)を上回る投資成果を目指すアクティブ型ファンドです。世界で高い競争優位性をもつグローバル優良企業の株式から構成されています。

iTrust世界株式の特徴:

  • ベンチマーク:MSCI世界株価指数(円換算ベース、ネット配当込み)
  • 売買手数料:無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):0.89%(保管費用なども含めた実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券で最低500円から積立可能。)
  • 決算:年1回(決算日は4月10日。休日の場合、翌営業日。)
  • 信託期間:無期限(設定日:2016年2月19日)
  • 信託財産留保額:なし
  • 販売会社:SBI証券 ←オススメ!楽天証券マネックス証券

参考 iTrust世界株式の詳細は、以下をご参照ください。

iTrust世界株式の解説・評価
iTrust世界株式は、日本を含む世界中(先進国、新興国)の高い競争優位性をもつグローバル優良企業の株式に投資することを目的...

iTrustバイオ

iTrustバイオは、世界中のバイオ医療企業を投資対象としたファンドです。

銘柄選別は、流動性のスクリーニングを行った(流動性の低い銘柄を取り除く)後、企業の収益性・持続的成長性・バリュエーション等、株式のクオリティを分析します。そして、それらのクオリティ選別で残った銘柄を、株価変動(リスク)や相関を考慮した最小分散手法を用いて、リスクを抑えたポートフォリオを構築しています。

iTrustバイオの特徴:

  • ベンチマーク:なし
  • 売買手数料:無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):1.33%(保管費用なども含めた実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券で最低500円から積立可能。)
  • 決算:年1回(決算日は4月13日。休日の場合、翌営業日。)
  • 信託期間:無期限(設定日:2016年2月19日)
  • 信託財産留保額:なし
  • 販売会社:SBI証券 ←オススメ!楽天証券マネックス証券カブドットコム証券

参考 iTrustバイオの詳細は、以下をご参照ください。

iTrustバイオの解説・評価
iTrustバイオは、世界中(先進国、新興国)のバイオ医薬品関連の株式に投資することを目的とした投資信託(ファンド)です。信...

iTrustロボ

iTrustロボは、日本を含む世界中のロボティクス関連企業を投資対象としたアクティブファンドです。事業全体のロボティクス関連事業の比率が高い銘柄に絞り、企業分析を行うことで銘柄を選別します。2015年11月現在、厳選された40~60銘柄により構成されています。

今後、2025年まで年率10%の市場拡大が見込めるロボット市場に厳選投資が行えます。

iTrustロボの特徴:

  • 売買手数料:無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):1.33%(保管費用なども含めた実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券で最低500円から積立可能。)
  • 決算:年1回(決算日は2月18日。休日の場合、翌営業日。)
  • 信託期間:無期限(設定日:2016年2月19日)
  • 信託財産留保額:なし
  • 販売会社:SBI証券 ←オススメ!楽天証券マネックス証券カブドットコム証券

参考 iTrustロボの詳細は、以下をご参照ください。

iTrustロボの解説・評価
iTrustロボは、日本を含む世界中のロボティクス関連企業の株式に投資することを目的とした投資信託(ファンド)です。信託報酬...

コスト削減!お得なオススメ購入先

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。コスト削減可能な証券会社を選び、投資パフォーマンスの向上に努めましょう。

iTrustシリーズは、以下(下表)のネット証券から購入手数料無料で取引可能です。

 最低積立金額国内ETF海外ETF特徴口座開設・キャンペーン等
SBI証券500円口座開設等で最大70,000円プレゼント

口座開設はこちら
SBI証券
カブドットコム証券500円×
  • 売買手数料無料のフリーETFが特徴
  • フリーETFはカブドットコム証券だけ
口座開設等で500円プレゼント

口座開設はこちら
カブドットコム証券
マネックス証券1000円
  • 海外株式・ETFの売買手数料最安。

  • ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大31,000円プレゼント

口座開設はこちら
マネックス証券
楽天証券1000円
  • 大手ネット証券
  • ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。
口座開設で最大75,200円相当のポイントプレゼント

口座開設はこちら
楽天証券

その中で最もオススメなのは、最低500円から毎月自動積立可能など利便性が良く、投資信託保有時のポイント還元率が最も高いSBI証券です。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら無料口座開設で最大10万円がもらえます(9月30日まで)。
SBI証券の詳細確認・無料口座開設(公式ページへ)

また、本記事でのSBI証券の解説・評価は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券口座開設のメリット・デメリット
SBI証券 は、ネット証券の中でも老舗の部類で、多くの投資家に使われている証券会社です。国内・海外株式(ETFを含む)、FX...

私の場合、ファンド保有用にSBI証券・楽天証券、フリーETF用にカブドットコム証券、また海外ETF用としてマネックス証券を使用中です。他GMOクリック証券を株主優待銘柄用に口座開設しています。

証券会社でお迷いの方は、以下の記事をご覧ください。証券会社選びの基準、また用途別にどの証券会社が低コストか?などを紹介しております。

インデックスファンド購入のおすすめ証券会社
我々個人投資家が、長期の資産運用・投資を行う場合、インデックスファンドは最も利便性の高い金融商品です。毎月小額積立や分配金の...

参考 本記事で紹介した証券会社やサービスは、以下の公式ページから無料口座開設・無料登録が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

スポンサーリンク