SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金(分配金)とその税金について

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金(分配金)とその税金について

SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金(分配金)とその税金について



SPDR S&P500 ETF(1557)は、その信託報酬の安さ(年率:0.0945%)とカブドットコム証券フリーETFとして無料売買できることなどから、米国へインデックス投資する際の金融商品として、人気が高いETFです。

人気の高いETFですが、米国籍ETFでありながら国内に上場しているため、課税システムが少々複雑です。そのため、本記事では、SPDR S&P500 ETFの配当金(分配金)とその税金・課税法の仕組みを解説します。

投資信託・ETFの購入ならSBI証券がおトク!

SBI証券の解説・評価

SPDR S&P500 ETF(1557)の特徴

はじめに、SPDR S&P500 ETF(1557)の特徴をおさらいします。

SPDR S&P500 ETFは、米国株式市場にインデックス投資するための国内ETFです。以下のようなメリットから、非常に人気のあるETFです。

参考 SPDR S&P500 ETFの詳細は、以下の記事をご参照ください。
http://investment-by-index-invest.com/etf-spdr-sp500/

SPDR S&P500 ETFの人気の秘密は、そのコストの低さにあります。ETFにも関わらず、カブドットコム証券で、無料で売買できます(フリーETF)。また、信託報酬も年率0.0945%と超低コストです。

参考 カブドットコム証券でフリーETF銘柄は、以下からご確認いただけます。

フリーETF(カブドットコム証券)とは?フリーETFの解説と銘柄一覧
フリーETF とは、ETFでありながら 売買手数料無料 のETFのことです。国内でカブドットコム証券が唯一本サービスを提供し...

一般に、ETFは一度に大きな資金で売買する方がお得です。ETFは売買手数料がかかるため、購入金額あたりの売買手数料を抑えるためです。しかし、SPDR S&P500 ETFは、売買手数料無料なので、小額(小口)からの売買でも問題ありません。(カブドットコム証券以外の国内証券会社だと、数百円程度の売買手数料がかかります。)

カブドットコム証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
カブドットコム証券

また、本記事のカブドットコム証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

カブドットコム証券のメリット・デメリット
皆さんは、どのような基準で証券会社を選んでいるでしょうか?私が証券会社を選ぶ際、最重要視するポイントは、コスト(売買手数料など)...

参考 米国株式市場への投資を目的とするインデックスファンドやETFの一覧・比較・詳細は、以下をご参照ください。

米国(アメリカ)株式市場を投資対象とするインデックスファンド・ETF一覧。おすすめファンドや比較など
米国(アメリカ)経済は、世界経済の牽引役として順調な成長を遂げています。その堅調な世界経済の牽引役の米国株式市場への投資には...

SPDR S&P500 ETF(1557)の分配金・配当金

SPDR S&P500 ETFのもう1つの魅力に、配当金(分配金)があります。本ETFは、多くの高配当米国企業株を含みます。そのため、本ETFの分配金もそこそこの利回りです。

2015年9月3日に受け取った分配金(4-6月期分)は、1口あたり約1.03ドルでした。分配金発生日の基準価値から計算すると、配当利回りは、約1.94%となります。

直近のSPDR S&P500 ETFの配当金やその推移に関しては、以下をご参照ください。

SPDR S&P500 ETF(1557)の分配金・配当金の受取(2015年9月)
2015年9月3日にSPDR S&P 500 ETF(1557)の分配金(配当金)を受け取りました。SPDR S&P 500 E...

SPDR S&P500 ETF(1557)の分配金・配当金の課税法と確定申告

SPDR S&P500 ETFの分配金に対する課税は、本ETFが国内ETF(東証に上場しているETF)であることと、米国籍ETFであることから少々複雑です。以下、本ETFに対する課税システムを解説します。

米国籍ETFなので、米国で10%の税率で源泉徴収される

本ETFは米国籍のETFであるため、米国で、10%の税率(日米租税条約に基づく軽減税率)で源泉徴収されます。しかし、後述するように、確定申告することで一部戻ります。

1口あたり1ドルの分配金を100口保有していた場合、10ドルの税金を米国に納めることになります。

  • 分配金:1ドル(1口あたりの分配金)×100(保有口数)= 100ドル
  • 米国での源泉徴収:100ドル × 0.1 = 10ドル

日本の分配金にかかる20.315%も源泉徴収される

日本国内の税法に基づき、米国での源泉徴収後、以下の比率で分配金に課税されます。

  • 所得税:15.315%(復興特別所得税を含む)
  • 住民税:5%

つまり、先ほどの例と同様に考えると(1口1ドルの分配金を100口保有、為替レートは120円とする)、すでに米国で課税された90ドル(10800円)から、以下のように所得税・住民税が引かれることになります。

所得税:10800円×0.15315 = 1654円
住民税:10800円×0.05 = 540円

つまり最終的に、我々が受け取ることができる金額は、8606円(= 10800円 – 2194円)となります。

参考 日本の配当金にかかる税金の詳細は、以下をご参照ください。

よくわかる!投資にかかる税金(株式・投資信託・ETF)
税金 は、投資を行う上で重要な知識です。金融商品の譲渡益(売却益)や分配金・配当金などには税金がかかります。また、それらの税...

確定申告で米国での課税が一部戻る

1.と2.を見ても分かるように、我々は日米の両方で税金を払っています。これは二重課税の対象となるため、確定申告により、外国税額控除を受けることが出来ます。外国税額控除を行うことで、一定額を所得税額から差し引くことが出来ます。

参考 外国税額控除の詳細は、以下の記事をご参照ください。

外国税額控除とは?海外ETF・株式の二重課税分を取り戻す方法
海外(特に)米国ETFの分配金は、米国・日本の両国で課税されています。これは二重課税にあたるため「外国税額控除」というシステ...

配当金・分配金の再投資

最後に分配金の再投資に関して紹介します。私の場合ETFの分配金は、ETFによりますが、同アセットクラスのインデックスファンドに再投資したり、同ETFにそのまま再投資するという方法をとっています。インデックスファンドの分配金のように自動再投資はできないため、手動で行っています。

実は、米国では、DRIPという株式・ETFの配当金・分配金自動再投資サービスがあるようです。日本でもDRIPが使えるようになる日を心から望んでおります。DRIP導入まで、本ブログでも何度も取り上げようと思ったりもしています。DRIP導入してほしいという読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひSNSでの拡散やブログ記事で扱って、認知度を高めていきましょう。

参考 ETFの分配金(配当金)の取り扱い、DRIPに関しては、以下の記事をご参照ください。

ETFの配当金(分配金)を再投資する方法
長期投資において、インデックスファンドやETFの分配金・配当金を再投資することは、複利効果を最大限活かするためにに重要です。...

SPDR S&P500 ETF(1557)の配当金とその税金のまとめ

  • 超低コスト国内ETF、SPDR S&P500 ETFは、米国へインデックス投資する場合の有用な投資対象
  • 分配金は年4回、直近の分配金は、1口あたり約0.93ドル。
  • 米国籍ETFのため、米国で10%源泉徴収される。
  • さらに国内で、所得税15.315%と住民税5%が源泉徴収される。
  • 外国税額控除により、米国で源泉徴収された税額は、一定額を所得税額から差し引くことが出来る。

本記事で紹介したカブドットコム証券の無料口座開設は、以下の公式ページから行うことができます。ご興味のある方はご覧下さい。
カブドットコム証券

また、本記事のカブドットコム証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

カブドットコム証券のメリット・デメリット
皆さんは、どのような基準で証券会社を選んでいるでしょうか?私が証券会社を選ぶ際、最重要視するポイントは、コスト(売買手数料など)...